得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.20

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

目次

Pocket

にんにくは中央アジアから東西に広まり、中国から日本に伝来したとされているネギ科の野菜です。滋養強壮のための薬膳料理にも用いられてきた歴史がありますが、現在では様々な料理に使う香辛料として世界中で利用されています。

アリシンを代表とする硫黄化合物とスコルジンの魅力ー『知って得するにんにくの成分と保存方法』

にんにくには強い香りを発するのが特徴ですが、その香味成分として知られているのが硫化アリルです。硫化アリルは一連の成分の総称であり、実際に含まれている成分として代表的なのはアリシンやアリインとなっています。アリシンやアリインは硫黄化合物として強い抗酸化作用を示し、血管や心臓などを活性酸素から守る働きをするのが特徴です。また、硫化アリルはビタミンB1の吸収を高める作用も持っています。豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれているため、にんにくと一緒に食べる料理は栄養摂取の観点から合理的です。ビタミンB1はエネルギーの産生に必要なビタミンであり、にんにくが滋養強壮の効果を発揮する一因となっています。一方、スコルジンもにんにくの成分として代表的なものです。スコルジンは血小板の凝集を抑えて血液の流動性を高めることに加えて、毛細血管を拡張して血液を身体の隅々まで流れやすくする作用があります。これによって栄養や酸素がよく行き届くようになって新陳代謝が全身で活性化されるため、にんにくの滋養強壮の力が高まっているのです。
『知って得するにんにくの成分と保存方法』にんにく

にんにくに含まれる栄養の特徴ー『知って得するにんにくの成分と保存方法』

にんにくのカロリーはあまり高くありませんが、主に炭水化物に由来していて比較的食物繊維の割合が多いのが特徴です。食物繊維は腸内に働きかけて蠕動運動を促すことから便秘の解消につながると期待できます。また、糖質の吸収を緩やかにすることもできることから食後高血糖の予防にもなり、腹持ちも良くすることができるので食べ過ぎの防止にも利用可能です。にんにくに含まれるビタミンとして特別に多いのがビタミンB6であり、エネルギーの産生や各種の代謝活動、神経系の活動などに欠かせない栄養となっています。また、ビタミンCやビタミンEも少しずつ含んでいて抗酸化作用により体調を整えるのに寄与するでしょう。ミネラルについてはカリウムが比較的多く、血圧対策として役に立ちます。硫化アリルやスコルジンによる血管や血液系への働きと相まって、心血管系の疾患対策として優れているのがにんにくです。この他にもカルシウムやマグネシウム、鉄や亜鉛、マンガンやモリブデンなども含んでいるので、にんにくを食べると一通りのミネラルを摂取することができます。
『知って得するにんにくの成分と保存方法』にんにく畑1

にんにくの多彩な保存方法ー『知って得するにんにくの成分と保存方法』

にんにくは生で購入したときには常温または冷蔵で保存することができます。涼しい季節であれば日陰の風通しの良い場所に置いておけば一週間程度は問題なく使用することが可能です。冷蔵の場合にも同様ですが、度々温度変化を経験すると芽が出てきてしまいやすいので、小分けにして保存しておくと長持ちさせやすくなります。にんにくは皮を剥いて身の部分だけをばらしてしまえば冷凍することもできます。ラップに包んで密封できるビニール袋に入れて保存すると半年程度はあまり風味を落とさずに使用可能です。冷凍する場合にはすりおろしたり刻んだりしてからでも問題ありません。その場合にはできるだけ空気が入らないようにして密封すると酸化による変質を抑えやすくなります。加熱調理に使うのであれば冷凍したまま利用することもできるので、丸ごと冷凍するよりも使える状態にしてから冷凍するのが便利です。この他にもオリーブオイルや酢などに漬け込むことで長期保存することができます。醤油や味噌などに漬け込んで漬け物としても良く、そのまま食べることが可能です。
『知って得するにんにくの成分と保存方法』にんにく畑2

にんにくを発酵させる魅力ー『知って得するにんにくの成分と保存方法』

にんにくはそのままでも食べることができますが、熟成発酵させた黒にんにくも注目されるようになりました。にんにくを高温で発酵させたり、赤外線を当てたりして作る黒にんにくにはもともとのにんにくとはまるで違うものになっています。にんにく独特の香味がなくなり、甘酸っぱい味になるのが一般的です。生のままドライフルーツのようにして食べることができるだけでなく、ディップなどを作る原料としてもよく用いられています。黒にんにくにすると成分にも大きな違いが生じ、アミノ酸とポリフェノールが増えるのが魅力です。身体にとって吸収しやすいアミノ酸は効率よく身体を構成するタンパク質の原料として利用されることに加え、それぞれのアミノ酸が独特の健康効果を示します。活性酸素の除去に役立つのがポリフェノールの特徴であり、熟成を進めたものほど豊富になって身体を活性酸素から守ってくれるようになるのです。また、硫黄化合物としてS-アリルシステインが作られるのも魅力であり、コレステロール値を下げたり動脈硬化の予防をしたりするのに良いとされています。黒にんにくにすると保存性も良くなるため、にんにくの保存方法としても活用可能です。
『知って得するにんにくの成分と保存方法』にんにくオイル

にんにくを使ったおすすめレシピ

香りだけでごはん3杯は食べられる?!『鶏肉とにんにくの芽の焦がし醤油炒め』

香りだけでごはん3杯は食べられる?!『鶏肉とにんにくの芽の焦がし醤油炒め』

あると便利!注ぐだけな『万能調味料にんにく醤油』のつくり方

あると便利!注ぐだけな『万能調味料にんにく醤油』のつくり方

意外なおいしさ『パクチー風味のフレンチフライ』

意外なおいしさ『パクチー風味のフレンチフライ』

パセリが名脇役。うまみたっぷり『あさりとパセリの炊き込みごはん』

パセリが名脇役。うまみたっぷり『あさりとパセリの炊き込みごはん』

スキレットでかんたん『プチトマトとクレソンのすき焼き』

スキレットでかんたん『プチトマトとクレソンのすき焼き』

残り野菜と挽肉で簡単スタミナ丼ぶり『ピリ辛肉味噌あんかけ丼』

残り野菜と挽肉で簡単スタミナ丼ぶり『ピリ辛肉味噌あんかけ丼』

丸ごと煮込んだニンニクがとろける!ジューシー、柔らか『我が家のニンニク角煮』

丸ごと煮込んだニンニクがとろける!ジューシー、柔らか『我が家のニンニク角煮』

ニンニクは滋養強壮の目的で中国や日本では古くから大切にされてきました。硫化アリルやスコルジンによってその効果がもたらされていると考えられています。黒ニンニクにすると新たに良い成分が生まれ、保存性も良くなるため合わせて食べると良いでしょう。
ひろう

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

根も葉も食べられる『知って得するカブの成分と保存方法』

根も葉も食べられる『知って得するカブの成分と保存方法』

バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』

バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』

絞ってこそ意味がある『知って得するさとうきびの成分と保存方法』

絞ってこそ意味がある『知って得するさとうきびの成分と保存方法』

魅力がたくさん『知って得する玉ねぎの成分と保存方法』

魅力がたくさん『知って得する玉ねぎの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』