作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.09.07

カリカリほくほく香ばしい『かぼちゃのガーリック焼き』

Pocket

ほっくり甘いかぼちゃ煮も美味しいですが、煮るよりも短時間で出来るガーリック焼きはおやつにもおつまみにもピッタリ。
カリッとした食感と香ばしい香りが食欲をそそります。
10分で出来るので、あと一品欲しいな…という時に便利な一品です。

『かぼちゃのガーリック焼き』の材料(4人前)

かぼちゃ        中1/4個(約500g)
にんにく        2片
オリーブオイル     大さじ2
塩           小さじ1/2

ディル         適量(あれば)
ポワブルローズ     適量(あれば)

『かぼちゃのガーリック焼き』の作り方

1.かぼちゃは種とわたを取り除き、縦半分に切り、1㎝幅のくし切りにする。にんにくは薄くスライスする。
IMG_9031_m
2.フライパンにオリーブオイルと1.のにんにくを入れて弱火で炒め、にんにくがカリッとしたら取り除き、皿に取っておく。
IMG_9033_m
3.フライパンにかぼちゃを並べて中弱火で焼いていく。
IMG_9034_m
4.3分ほど焼いて焼き色がついたらひっくり返して蓋をしてさらに3分加熱する。その間にディルを刻んでおく。
IMG_9036_m
IMG_9035_m
5.お皿にかぼちゃを並べて上に2.で取っておいたにんにく、刻んだディル、ポワブルローズを散らす。
IMG_9065_m

調理のポイント

・ハーブはタイムやローズマリーを使っても美味しくできます。その場合はにんにくと一緒に入れて油に香りが付いたら取り出してください。無くても美味しく出来ますが、ハーブの香りがあるとぐっとランクアップした味わいになります。
・ポワブルローズが無ければ彩にプチトマトや赤パプリカの角切りを使っても良いでしょう。

かぼちゃの栄養

かぼちゃは抗酸化作用があるβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養成分を豊富に含む緑黄色野菜です。かぼちゃの種類を大別すると、表面のデコボコした日本かぼちゃとツルツルした西洋かぼちゃがあり、主にスーパーで出回っているものは西洋かぼちゃです。西洋かぼちゃは一般にくりかぼちゃといわれ、強い甘味とほくほくした肉質が人気です。
糖質の比較では、日本かぼちゃより倍以上も甘味が強く、緑黄色野菜の特徴であるカロチンも、エネルギーもずっと多いです。最近人気のバターナッツかぼちゃは西洋種かと思いきや、日本かぼちゃに分類されるそうです。ねっとりとした肉質と甘みと糖度が高く風味が豊かなのが特徴です。
かぼちゃのビタミンEとβ-カロテンは油と一緒にとることで吸収率が高まります。また、ビタミンCはデンプンに守られて熱に強いので、加熱しても大丈夫。皮と種の部分には身の部分よりも多くのβ―カロテンが含まれ、加熱すればかたい皮も柔らかくなりますので、剥かずに一緒に食べましょう。

ライタープロフィール

レシピ/栄養士 菊池律
riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなにげない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/

その他おすすめ記事

IMG_9763_m

IMG_0848_m

IMG_0742_m

IMG_8477_

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』