得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.23

健康にも美容にも良い『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』

目次

Pocket

日本では沖縄を中心に栽培されてきたパッションフルーツは近年になって他の地域でも市場に流通してきました。ブラジルや東南アジアなどの熱帯地域では昔から愛されてきているフルーツであり、酸味が強くて独特の香りがあるのが特徴です。

パッションフルーツに含まれるポリフェノールー『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』

パッションフルーツにはポリフェノールが多く含まれています。様々な種類のポリフェノールが含まれていて、それぞれが主に抗酸化作用を示すことによって体内で発生している活性酸素の除去に寄与しているのが特徴です。細胞が呼吸をする際には必ず活性酸素が発生してしまい、それを速やかに除去しないと臓器や組織が酸化されて機能低下が起こってしまいます。その抑制をする働きを示すのがポリフェノールであり、アンチエイジングを行うために重要な役割を果たすでしょう。パッションフルーツに特徴的なポリフェノールとしてピセアタンノールがあります。健康食品に用いられるパッションフルーツの抽出エキスとして知られるパセノールに含まれているポリフェノールの主成分です。ピセアタンノールは抗酸化作用を持つだけでなく、脂質代謝に働きかけて脂肪の蓄積を抑制する働きを示すことがわかっています。そのため、脂質異常症の改善やダイエット、肥満防止などに効果があると期待できるでしょう。この他にも含まれている多様なポリフェノールによる影響で健康や美容を促進することができます。
『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』パッションフルーツ1

ビタミンとカリウムが特徴的なパッションフルーツの栄養ー『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』

パッションフルーツの栄養面で優れているのはビタミンとカリウムの豊富さです。ビタミンではβカロチン、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビタミンCが特に多く含まれています。βカロチンは体内でビタミンAに変換されて目の健康に大きな寄与を示すのが特徴です。また、ナイアシンはエネルギー産生に関わると共に神経系や循環器系の正常な機能にも欠かせないビタミンであり、肝臓におけるアセトアルデヒドの分解にも関与しています。ビタミンB6や葉酸は細胞を増やすのに欠かせないビタミンとして知られています。ビタミンCは美容業界では特によく知られている肌の健康に寄与するビタミンですが、抗酸化作用によって全身の健康にも重要な役割を果たすのが特徴です。一方、カリウムは体内ではナトリウム濃度の調節を行う役割を果たし、塩分の摂り過ぎへの対策として有用なミネラルです。高血圧やむくみなどの予防や改善にはカリウムの摂取が良いとされているため、パッションフルーツを食べて改善を図るのは賢い方法でしょう。健康にも美容にも良い栄養が豊富に詰まっているのがパッションフルーツです。
『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』パッションフルーツ2

常温ですぐに食べるのが基本のパッションフルーツー『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』

パッションフルーツは熱帯で育っている植物という影響もあり、基本的には常温保存をすることができます。常温で置いておくと追熟が進んでいってだんだんと甘みが増していきますが、温度が低い状態で保存すると酸味が増えやすい傾向があるのが特徴です。追熟のさせ方によって甘味と酸味のバランスを好みの状態にすることができます。ただし、十分に追熟させたら冷蔵庫で保存しないと熟成が進みすぎて悪くなってしまいがちです。ビニール袋に密封して野菜室に入れておくと数日は保存することができます。常温での追熟中はそのままの状態で置いておいて問題ありませんが、直射日光を避けて保存するのが望ましいでしょう。追熟にかかる期間は温度によって異なりますが、目安は二日から一週間程度です。十分に熟成してしまったパッションフルーツは保存するのが難しいのですぐに食べるのが基本です。もし長期保存をしたいという場合には冷凍するとシャーベットのようにして食べることができます。もともとの食感は失われてしまいますが、香りや味は元通りのまま食べられる方法です。
『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』パッションフルーツ3

スイーツレシピがたくさんあるパッションフルーツー『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』

パッションフルーツは生のまま食べることもできますが、様々な形でスイーツに応用することもできます。生で食べる場合には半分に切ってスプーンですくって食べるのが簡単な方法です。中身の果肉部分を取り出して使うことでスイーツを作るレシピが多数流通するようになりました。昔からブラジルや東南アジアなどの熱帯諸国で作られているのがシロップであり、果肉部分に水と砂糖を加えて温めた後、ガーゼなどで濾すことで作ることが可能です。清潔な瓶に詰めておけば冷蔵で一ヶ月くらいは保存できるシロップができあがります。また、ゼリーやムースを作るのに使ったり、ヨーグルトに混ぜて食べたりすることも可能です。また、ジュースやスムージーの原料としてもパッションフルーツを使うことが多くなっており、特に他のフルーツと混ぜて好みのバランスのミックスジュースにするレシピが多数あります。それを使ったカクテルも人気が高くなっていて様々な飲み物として応用が可能です。パウンドケーキの生地に入れたり、ケーキのトッピングにしたりすることもできるため、スイーツ作りにも汎用性が高いフルーツとなっています。
『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』パッションフルーツ花

その他の果物を使ったおすすめレシピー『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

一味違った食感が楽しめる『いちごマシュマロのヨーグルトムース』

一味違った食感が楽しめる『いちごマシュマロのヨーグルトムース』

5月のお献立、おまけ。つるりん『杏仁豆腐』

5月のお献立、おまけ。つるりん『杏仁豆腐』

思い立ったらすぐできる『ホットケーキミックスをつかった簡単バナナケーキ』

思い立ったらすぐできる『ホットケーキミックスをつかった簡単バナナケーキ』

3月のお献立、その5。さわやか!『グレープフルーツのクラッシュゼリー』

3月のお献立、その5。さわやか!『グレープフルーツのクラッシュゼリー』

一晩寝かせて更に美味しく。ドライフルーツでできる『マンゴーヨーグルト』

一晩寝かせて更に美味しく。ドライフルーツでできる『マンゴーヨーグルト』

砂糖・バター不使用。秋の果物で温かスイーツ『柿とりんごのクランブル』

砂糖・バター不使用。秋の果物で温かスイーツ『柿とりんごのクランブル』

パッションフルーツが食べられるようになったのは日本では近年のことですが、フルーツの人気の影響もあってレシピは豊富にあります。ポリフェノールとビタミンなどによる健康や美容への効果も期待できる優秀なフルーツです。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

根も葉も食べられる『知って得するカブの成分と保存方法』

根も葉も食べられる『知って得するカブの成分と保存方法』

バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』

バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』

女性に嬉しい成分がいっぱい!『知って得するももの成分と保存方法』

女性に嬉しい成分がいっぱい!『知って得するももの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』