得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.22

疲労回復や夏バテ効果も期待できる『バラ科の果物の種類とあれこれ』

目次

Pocket

みなさん、バラ科の食材と言ったら、何を想像するでしょう?バラ…お花?実は、バラ科にはいちご、さくらんぼなど慣れ親しんでいる食べ物から、普段はあまり目にしないものまで、幅広い種類の食材があります。バラ科の食物には疲労回復、夏バテの効果が期待できるものが多くあります。さっそく見てみましょう!

いちご-『バラ科の果物の種類とあれこれ』

いちごは約90%が水、糖質が約10%、その他タンパク質、繊維などが含まれます。また、カロリーは100gで35kcalで、ビタミンCの成分であるアスコルビン酸にも富んでいます。日本では、ほとんどが11月から4月に栽培され、春が旬の季節です。ちなみに、「美人姫」といういちごをご存知でしょうか?岐阜県で作られているこのいちご、なんと一粒5万円もするそうです…。自分へのご褒美に…一度食べてみたいですね。
『バラ科の果物の種類とあれこれ』いちご

梅-『バラ科の果物の種類とあれこれ』

梅には、クエン酸が含まれているため、疲労回復効果、カルシウムの吸収を促進する効果があります。また梅は、酸っぱいので酸性と思われがちですが、アルカリ性食品です。そのため、少量食べることで、酸性食品に偏りがちな食生活のバランスを取ることができるとされています。
『バラ科の果物の種類とあれこれ』梅

杏-『バラ科の果物の種類とあれこれ』

杏はクエン酸やリンゴ酸、糖が含まれている、甘酸っぱい食べものです。杏は日持ちがしないため、乾燥しないように工夫して0冷蔵庫で保存し、できるだけ早めに食べるのがよさそうです。旬の時期は、6月から7月、ジャムなどがおすすめです。
『バラ科の果物の種類とあれこれ』杏

さくらんぼ-『バラ科の果物の種類とあれこれ』

さくらんぼは明治初期に、海外から北海道へ伝えられたのが始めとされています。国産のさくらんぼは、アメリカンチェリーよりもカロリーが低く、ビタミン類の含有量が多い傾向にあります。旬は6月、夏バテ、疲労回復にも期待できそうです。ちなみに桜の木の代表格であるソメイヨシノですが、これは観賞用に交配された品種であり、食用ではありません。実をつけることはありますが、最大でも1cmほどであり、酸っぱい、渋い、固い、など味はいまひとつのようです。またさくらんぼの種を植えて、5~6年育てるとさくらんぼの実をつけます。さくらんぼが好きな方は一度試してみてはいかがでしょう…?
『バラ科の果物の種類とあれこれ』さくらんぼ

プラム-『バラ科の果物の種類とあれこれ』

中国が原産の食べ物で、熟すにつれて甘みが増していきます。鉄の含有量が、果実の中では圧倒的に多く、鉄の吸収を促進するビタミンCも含まれているため、貧血気味の方注目です!!5月の中旬から出始め、品種によっては秋口まで楽しめます。
『バラ科の果物の種類とあれこれ』プラム

梨-『バラ科の果物の種類とあれこれ』

梨は大きく分けると、和梨、中国梨、洋梨の3種類あります。和梨の触感がシャキッとしているのは、「石細胞」と呼ばれるものが含まれているためであり、その細胞はグリニンなどの食物繊維により作られています。
『バラ科の果物の種類とあれこれ』梨

びわ-『バラ科の果物の種類とあれこれ』

びわは長崎県や千葉県などで多く栽培されています。旬は5月6月。追熟させるとおいしくなる!という食べ物ではないため、買ったらすぐに食べるのがおすすめです。ジャムやコンポート、またケーキのトッピングなどにも最適です。
『バラ科の果物の種類とあれこれ』びわ

もも-『バラ科の果物の種類とあれこれ』

ももの主成分は果糖で、食物繊維も多く含まれます。桃の原産地は中国で、3000年前から食べられていたと言われています。日本でも縄文時代、弥生時代にも食べられていたようです。日本のももはもともと岡山の白桃で、これが改良されて、現在のようにさまざまな種類が生まれました。ももを選ぶときには、丸く、全体的に赤みを帯びているものがおすすめです。皮を果物ナイフで剥ける程度の硬さであるものが食べごろ。包丁は持ったまま動かさないようにし、桃をくるくると回すとうまく向くことができますよ。お試しあれ!
『バラ科の果物の種類とあれこれ』もも

りんご-『バラ科の果物の種類とあれこれ』

今やさまざまな種類のりんごを目にすることができますが、日本に渡来した平安時代、りんごは観賞用でした。食用りんごの苗木がアメリカから配布され、日本でりんごが食用として一般的になったのは明治初期でした。それ以降、品種改良などが行われ、現在では多くの種類のりんごが市場に出回っています。また、さまざまな色のりんごがあり、色素などの違いはありますが、栄養分にはあまり違いはないようです。ただ触感、味には違いがあるので、どのりんごが何の調理に向いているかを知ることは重要です。
『バラ科の果物の種類とあれこれ』りんご

プルーン-『バラ科の果物の種類とあれこれ』

プルーンは、プラムを乾燥させたもののことを言います。なんと元は同じものなのです!プラムには鉄分が多く含まれると記述しましたが、それを乾燥させることで、その成分は5倍にも濃縮します。ただしカロリーも増加するので、食べすぎには注意が必要です。
プルーン

かりん-『バラ科の果物の種類とあれこれ』

かりんはビタミンC、クエン酸、食物繊維などを含む果実です。かりんの収穫量1位は東京都で、約50トン生産しています。旬の季節は秋で、食べ方としてはジャム、はちみつ漬けなどがおすすめです。また、かりんエキスが含まれた化粧水も作られているようです!試してみたいですね♪
『バラ科の果物の種類とあれこれ』かりん

バラ科の果物を使ったおすすめレシピ

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

24節気「立秋」の季節は『夏バテ知らず!手作りチアシード梅酢ドリンク』を作ろう

24節気「立秋」の季節は『夏バテ知らず!手作りチアシード梅酢ドリンク』を作ろう

朝のヨーグルトと一緒に『かんたん梨のスライスマリネ』

朝のヨーグルトと一緒に『かんたん梨のスライスマリネ』

贅沢にたっぷりと。冷やして絶品『桃のコンポート』

贅沢にたっぷりと。冷やして絶品『桃のコンポート』

保存食のある暮らし~りんごの皮と芯も無駄なく活用!!エコでおしゃれな保存食『林檎のジェリー』

保存食のある暮らし~りんごの皮と芯も無駄なく活用!!エコでおしゃれな保存食『林檎のジェリー』

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

前菜やデザートに『いちごとプルーンワイン煮とモッツァレラのホワイトマリネ』

前菜やデザートに『いちごとプルーンワイン煮とモッツァレラのホワイトマリネ』

いかがだったでしょうか?よく食べるものから、あまり知らないものまで、バラ科の食べ物は多く存在します。またクエン酸、食物繊維を含んでいるものが多く、疲れたとき、また体調がすぐれないときなどにも効果があるかもしれません。バラ科の食べ物もバランスよく摂取して、スッキリした毎日を過ごしましょう!

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

疲労回復にも『知って得するさくらんぼの成分と保存方法』

疲労回復にも『知って得するさくらんぼの成分と保存方法』

独特の食感『知って得する梨の成分と保存方法』

独特の食感『知って得する梨の成分と保存方法』

生薬としても活用?!『知って得するびわの成分と保存方法』

生薬としても活用?!『知って得するびわの成分と保存方法』

香り高くからだに嬉しい『知って得するりんごの成分と保存方法』

香り高くからだに嬉しい『知って得するりんごの成分と保存方法』

体に優しい栄養の宝庫『知って得するプルーンの成分と保存方法』

体に優しい栄養の宝庫『知って得するプルーンの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』