得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.24

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』

目次

Pocket

そら豆は地中海地方からアジアまで主に温暖な地域で栽培が行われ、広く食用や儀式用として用いられてきました。古代から世界的に愛されてきている食材であり、日本でもそら豆は郷土料理によく用いられています。

生活習慣病の対策に役立つ成分が豊富ー『知って得するそら豆の成分と保存方法』

そら豆に含まれている成分には生活習慣病の対策に役立つものが多くなっています。ビタミンB1やビタミンB2が豊富に含まれているため、エネルギー代謝が活発に行われるようになり、運動による生活習慣病予防をサポートすることが可能です。特にビタミンB2は血管の状態を正常に向かわせる作用もあり、そら豆に含まれているビタミンEの効果とも相まって血管を良好な状態にするのに寄与します。脂質異常症や動脈硬化などの予防に適していますが、カリウムも多く含まれていることから高血圧の予防にも利用できるでしょう。また、そら豆にはレシチンが多く含まれているのも特徴であり、肝臓の機能を賦活化して基礎代謝を向上させることができます。肥満が原因となって生活習慣病に陥ってしまうことは多くなっていますが、ビタミンB群と合わせてレシチンも摂取できるそら豆を食べていると消費エネルギーが増やせるので肥満予防に役立つでしょう。ダイエットをして生活習慣病に対策を立てたいというときには優れている成分が広く含まれているのがそら豆の魅力です。
『知って得するそら豆の成分と保存方法』そら豆1

栄養面から見てもダイエットの味方ー『知って得するそら豆の成分と保存方法』

そら豆には身体にとって有用な様々な栄養が含まれていますが、特にダイエットの味方になるものが多いのは特徴です。タンパク質が豊富で脂質が少なく、適度に炭水化物を含んでいます。ダイエットをしていないのなら脂質はやや少ないと考えることもできますが、脂肪を減らしたいときにはむしろ優れている点です。運動するために必要なエネルギー源となる炭水化物が豊富で、筋肉の修復や新陳代謝の向上に役立つタンパク質も多いのはダイエットサポートとして適しています。鉄分も多いことから血液を介して酸素を全身に供給しやすくなり、代謝や活動度を高めるのにも有用です。疲れた身体を修復するには細胞を増やすことも必要になりますが、そのために必要な葉酸や亜鉛も摂取することができます。そら豆には食物繊維やマグネシウムも多いことからダイエット中によくある便秘の予防や解消も期待することが可能です。ダイエットによるストレスへの対抗や骨を丈夫にするのに役立つカルシウムも含まれているため、そら豆にはダイエットの味方として優れている栄養が豊富に詰まっています。
『知って得するそら豆の成分と保存方法』そら豆花

そら豆の長期保存は冷凍が最適ー『知って得するそら豆の成分と保存方法』

そら豆は通常は生のままで販売されていますが、そのままの状態では冷蔵庫の野菜室で三日から四日間保存することができます。密封できるビニール袋に入れて保存するのが良いでしょう。味落ちが起こりやすいのでできれば買ってきてすぐに茹でてしまった方が無難です。茹でたそら豆については十分に水気を切ってタッパーなどに入れて密閉して冷蔵すると二日から三日間は美味しく食べることができます。基本的にはそら豆は長期保存には向きませんが、冷凍すれば一ヶ月から二ヶ月は日持ちさせることが可能です。生のままの場合には鞘から出して密封できる袋に入れて冷凍し、使うときには凍ったまま茹でるか電子レンジで調理すれば食べられます。茹でてから保存するときにはできるだけ水気を切って密封できる袋に入れて保存すれば問題ありません。柔らかめに茹でておいて自然解凍で食べるか、固茹でにして解凍するときに再度茹でるようにすると美味しく食べられます。食べる日にそら豆を買ってきて茹でてしまい、食べ残った分は冷凍するようにすると悪くなってしまうことがありません。
『知って得するそら豆の成分と保存方法』そら豆2

そら豆の下ごしらえと料理への応用ー『知って得するそら豆の成分と保存方法』

そら豆を食べるときには茹でることが必要になります。サヤから出した後で茹で、食べるときにはさらに皮も向かないと食べづらいでしょう。下ごしらえとしてサヤから出したら黒い部分に少しナイフで切り込みを入れて茹でるのがポイントです。こうすると茹で終わったときに皮の部分が少しめくれて皮むきをしやすくなります。また、茹でたそら豆をおつまみとして食べるという場合には塩が中によく浸透するようになるので塩味がよく効いたそら豆に仕上げることが可能です。水で茹でなくても電子レンジでも調理できますが、その場合には切り込みを入れておかないと爆発してしまうので気をつけなければなりません。この状態で皮を剥いても剥かなくても料理には応用できますが、煮たり炒めたりするだけでなく、スープにすることも可能です。柔らかめに茹でたそら豆をミキサーにかければペースト状になります。これを使ってスープにしたり、ソースを作ったり、プリンやパンなどを作ったりすることもできるので余ったそら豆をペーストにして保存するのも良い方法です。
『知って得するそら豆の成分と保存方法』そら豆3

そら豆を使ったおすすめレシピ

~保存食のある暮らし~旬のそら豆を使って『自家製豆板醤』

~保存食のある暮らし~旬のそら豆を使って『自家製豆板醤』

香ばしバター醤油が良く絡む『鯖とそら豆のバター醤油焼き』

香ばしバター醤油が良く絡む『鯖とそら豆のバター醤油焼き』

揚げずに簡単!!バター、乳、卵不使用『そら豆と桜海老のクリームコロッケ』

揚げずに簡単!!バター、乳、卵不使用『そら豆と桜海老のクリームコロッケ』

旬のそら豆がスパイシーに変身!『空豆のカレーマリネ』

旬のそら豆がスパイシーに変身!『空豆のカレーマリネ』

彩りも華やかに『新じゃがとそら豆のサラダ』

彩りも華やかに『新じゃがとそら豆のサラダ』

ヨーグルトが隠し味。温でも冷でもおいしい『そら豆のふんわりポタージュ』

ヨーグルトが隠し味。温でも冷でもおいしい『そら豆のふんわりポタージュ』

ちょっぴりスパイスと塩麹がナイスバランス『そら豆ココット』

ちょっぴりスパイスと塩麹がナイスバランス『そら豆ココット』

そら豆は様々な栄養をたくさん含んでいて、ダイエットをしたいときサポートとしても生活習慣病の予防を目指す食材としても優れています。調理方法も様々で冷凍して保存しておけるので使い勝手が良いのも魅力です。

その他のおすすめ記事

栄養素がたっぷり『知って得する枝豆の成分と保存方法』

栄養素がたっぷり『知って得する枝豆の成分と保存方法』

夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』

夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』