得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.25

疲労回復にも『知って得するさくらんぼの成分と保存方法』

目次

Pocket

日本で食べられているさくらんぼは明治期に栽培が始まったものであり、世界的に見るとチェリーという名前で様々な銘柄のものが流通しています。手軽に食べられる少し高級な食材として世界的に愛されているフルーツです。

さくらんぼの色素であるアントシアニンの効果ー『知って得するさくらんぼの成分と保存方法』

さくらんぼの赤い色を生み出している色素成分として主要なのがアントシアニンです。紫色の色素であるアントシアニンは光を吸収する力が強く、摂取すると目に局在して波長が短くて有害性の高い光から目を守ってくれます。アメリカンチェリーやブラックチェリーのように紫色の濃い品種の場合にはアントシアニンの含有量が高いため、目の健康に対してよりよい効果を期待できるでしょう。アントシアニンは目にだけ効果を示すわけではなく、それ自体が抗酸化作用を持っていて活性酸素による臓器の機能障害の予防にも役立ちます。アントシアニンに類縁の成分もさくらんぼには含まれていて、炎症反応を調節するのにも機能すると言われているものがあり、過剰な炎症反応を抑制することが可能です。また、さくらんぼにはケルセチンも含まれていて炎症の抑制に寄与しています。ケルセチンは抗酸化作用によって血液をサラサラにする効果もあるため、動脈硬化の予防も期待できるでしょう。このようなポリフェノールやフラボノイドなどが豊富に含まれているのがさくらんぼの特徴です。
『知って得するさくらんぼの成分と保存方法』さくらんぼ1

ビタミンやミネラルのバランスが良いさくらんぼー『知って得するさくらんぼの成分と保存方法』

さくらんぼに含まれている三大栄養素はほとんどが炭水化物であり、甘味のもととなっている糖質が多いのが特徴です。疲労時の即効性のエネルギー源として役に立てることができます。ビタミンやミネラルではさくらんぼにはそれほど突出しているものがありません。強いて言うならビタミンE、ビタミンC、葉酸、カリウムが豊富に含まれています。抗酸化作用を持つビタミンEやビタミンCはポリフェノールやフラボノイドなどと相まってアンチエイジングに寄与すると期待できるでしょう。血管や肌などの健康にとっても欠かせないビタミンなのでさくらんぼを食べて少しずつ補給するのは大切です。葉酸は野菜や果物には比較的多く含まれているビタミンの一種で、細胞を分裂させて増やしていく過程で欠かせません。カリウムはナトリウムとのバランスによって体内の浸透圧をコントロールしているミネラルであり、高血圧や手足のむくみに悩まされている人は改善を期待することができます。突出して含まれているものは少ないですが、様々なビタミンやミネラルをバランス良く含んでいるのはさくらんぼの特徴であり、ベースアップの目的で食べるのに適しているでしょう。
『知って得するさくらんぼの成分と保存方法』アメリカンチェリー

繊細なケアが必要なさくらんぼの保存ー『知って得するさくらんぼの成分と保存方法』

さくらんぼは温度の変化にも湿度にも敏感なフルーツであり、基本的には日持ちが悪いのが特徴です。一日でも長く美味しい状態で食べたいと考えたら繊細なケアをしなければなりません。収穫した当日から翌日に食べるのであればやや涼しい部屋に常温保存するのが最も適しています。温度変化を避け、湿度を適度に保つためにキッチンペーパーや新聞紙などで包んでおくのが好ましい保存方法です。収穫してから二日から四日程度の間に食べるのであれば密封できるビニール袋などにキッチンペーパーなどで包んで入れて、冷蔵庫か野菜室で保存すると比較的鮮度が落ちません。できるだけ温度変化をさせず、湿度と適度に保つのが重要なので冷蔵庫の開け閉めもできるだけ避けた方が長持ちします。これ以上の期間をみずみずしいままで保存するのは難しいため、さくらんぼの冷凍も考えると良いでしょう。食感は失われてしまうため、半解凍でシャーベット状のまま食べるのが適しています。ジュースやスムージーを作る目的であれば特に冷凍したものでも味や風味に大きな問題はありません。
『知って得するさくらんぼの成分と保存方法』さくらんぼ2

品種が多くて味も風味も違う魅力ー『知って得するさくらんぼの成分と保存方法』

さくらんぼは日本では東北地方や北海道、高原地帯などの涼しい地域での生産が盛んであり、世界的にはフランスやアメリカなどのやはり涼しい気候の地域で栽培されています。その品種の種類は数多く、日本国内だけでも数十種類に及んでいるのが特徴です。それぞれの銘柄で糖度や酸度にも違いがあり、風味も異なっていることから色々な種類のものを食べて楽しむことができます。日本では6月から7月が収穫時期になって広く流通していますが、世界的には他の時期に旬が訪れる地域もあるため、ほとんどの季節で旬のものが流通するようになりました。見た目にも大きく異なるさくらんぼも多く色合いや大きさの違いだけでなく形状にも違いがあるものも少なくありません。生のまま軽く洗うだけで食べるのが日本ではさくらんぼの食べ方として典型的ですが、ジャムやシロップ漬けなどにして食べることも可能です。品種によっては甘さが控えめで香りが高く、生食よりは加工に向いているものもあります。品種が多くて違いが大きいことは食べ方にもバリエーションを生んでいるのです。
『知って得するさくらんぼの成分と保存方法』さくらんぼ3

編集部おすすめレシピー『知って得するさくらんぼの成分と保存方法』

真っ赤な野菜で作るヘルシースイーツ『ビーツとオレンジジュースのレッドゼリー』

真っ赤な野菜で作るヘルシースイーツ『ビーツとオレンジジュースのレッドゼリー』

思い立ったらすぐできる『ホットケーキミックスをつかった簡単バナナケーキ』

思い立ったらすぐできる『ホットケーキミックスをつかった簡単バナナケーキ』

夏の体に発酵コンビ!『甘酒ヨーグルトパイン』

夏の体に発酵コンビ!『甘酒ヨーグルトパイン』

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

~保存食のある暮らし~フレッシュな美味しさ『プラムとキウイフルーツのコンフィチュール』と『プラムのしゅわしゅわリキュール』

~保存食のある暮らし~フレッシュな美味しさ『プラムとキウイフルーツのコンフィチュール』と『プラムのしゅわしゅわリキュール』

あっという間にできちゃうおいしい自家製『いちごのシェイク』

あっという間にできちゃうおいしい自家製『いちごのシェイク』

乳製品不使用でとろっと美味しい『甘酒ソフトヨーグルト』

乳製品不使用でとろっと美味しい『甘酒ソフトヨーグルト』

さくらんぼには日本国内だけでも無数の品種があり、世界的に見れば数限りがありません。そのどれもがアントシアニンが含まれているだけでなく、バランスの良い栄養源にもなります。色々な銘柄を食べ比べしていると自然に健康も促すことが可能です。

その他のおすすめ記事

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』