得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.27

体に優しい栄養の宝庫『知って得するプルーンの成分と保存方法』

目次

Pocket

プルーンは、きれいな赤紫色が特徴の果実です。健康的なおやつとしても人気を得ているプルーンには、体に優しい成分がたっぷり。ここでは、プルーンの魅力的な栄養成分をはじめ、保存方法や豆知識などを紹介します。

プルーンの赤紫色の秘密ー『知って得するプルーン成分と保存方法』

プルーンに含まれる成分の中でも特に注目さているのが、色素成分「アントシアニン」です。アントシアニンはポリフェノールの一種で、プルーンの赤紫色もこのアントシアニンによるもの。アントシアニンは抗酸化物質として知られており、活性酸素の働きを抑制すると言われています。呼吸によって体内に入った酸素から作られる活性酸素は、本来、細菌などを退治してくれる体にとって大切なもの。しかし、増えすぎると正常な細胞や遺伝子なども傷つけてしまうため、その対策としてアントシアニンにも期待が集まりました。アントシアニンをはじめとするポリフェノールを効率的に取り入れるためには、定期的に摂取することが大切。体内に蓄積できず、効き目は3時間程度とされているため、ドライプルーンを持ち歩くといつでも食べられて便利です。また、経口摂取後は効果が出るまで30分ほどとのことなので、外出する少し前に食べておくのも良いかもしれません。活性酸素が発生しやすい環境にあるとされる、現代社会。プルーンは、美味しく食べつつ活性酸素対策に一役買ってくれるでしょう。
『知って得するプルーンの成分と保存方法』プルーン1

生とドライでは栄養価も違うー『知って得するプルーン成分と保存方法』

一般的にはドライフルーツとして目にすることの多いプルーンですが、7月から9月の旬の時期に収穫される新鮮なプルーンは、生でも食することができます。生のプルーンは可食部の80%以上を水分が占めており、その他には炭水化物やカロテンを比較的多く含むことが特徴です。ちなみに果物の中ではビタミンCの含有量が少なめで、100g当たり4mgほどしか含みません。一方、ドライプルーンは乾燥することによって水分が抜け、甘みや栄養価が高まっています。炭水化物の中でも単糖類のぶどう糖が多いため、吸収・分解が早く、効率良くエネルギーを供給することが可能。カルシウム・マグネシウムなどのミネラルや、ビタミンB6なども含みます。また、水溶性食物繊維が豊富で腸内の善玉菌を増やすことが期待でき、便秘対策として常食する人もいる食品です。なお、ドライプルーンは生の際に少量だったビタミンCが消失しており、ビタミンCの摂取源にはなりません。プルーンは生とドライ、それぞれに違った美味しさや栄養的価値があります。ライフスタイルや季節によって、生とドライを使い分けると良いでしょう。
『知って得するプルーンの成分と保存方法』ドライプルーン

プルーンの上手な保存方法ー『知って得するプルーン成分と保存方法』

生のプルーンは日持ちがしないため、食べごろのプルーンはできるだけ早く食することが重要です。完熟したものは新聞紙などで包み、冷蔵庫へ。逆にまだ完熟していないものは常温に保存し、ちょうど良いところまで熟させることがポイントです。表面にキズが付くと傷みやすくなるため、丁寧に扱うことも大切。食べきれない場合には砂糖と一緒に煮込んでジャムにするほか、梅酒と同じ容量でプルーン酒にすると数ヶ月後も楽しむことができます。ドライプルーンは生のプルーンと比べて保存性が高いことが特徴で、袋入りの未開封であれば常温で保存できるものがほとんどです。商品パッケージを確認し、常温保存可能な場合は直射日光の当たる場所や高温多湿を避けて保存しましょう。開封後は開け口をしっかり密閉し、冷蔵庫へ保存。ただしドライプルーンには様々な水分量の商品があり、特に水分量が多いものほど傷みやすい傾向があるため、早めに食べきるのがベストです。なお、未開封のものでも、夏場や暖房で室内が暖かい場合には注意が必要。季節に合わせて適切な保存をしましょう。
『知って得するプルーンの成分と保存方法』プルーン2

プルーンの生産に関する豆知識ー『知って得するプルーン成分と保存方法』

プルーンは、別名「ヨーロッパすもも」とも呼ばれています。長寿地帯として有名なコーカサス地方が原産地と言われており、そこからヨーロッパへと伝わり、主にフランスで栽培されました。プルーンは雨の少ない地域で改良された背景があり、雨の多い地域では栽培が難しいとされる果実です。世界では一大産地としてアメリカのカリフォルニア州が知られており、世界の生産量のうち70%ほどが生産されています。日本では明治初期に長野県や東北地方で少量が生産されていましたが、定着はせず、本格的に栽培が始まったのは昭和30年代から40年代。50年代には全国各地へと広がりを見せました。日本国内の生産地としては、比較的雨量の少ない長野県が生産量の半分以上を占め、その他の地域では北海道や青森県があげられます。日本国内で収穫されたプルーンは生食用として消費されることが多く、ドライプルーンは主に海外産のものが流通しているようです。また、生のプルーンやドライプルーンだけでなく、プルーンジュースやプルーンエキスなども健康食品として人気があります。
『知って得するプルーンの成分と保存方法』プルーンのマリネ

プルーンを使ったおすすめレシピ

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

美味しく食べてお腹スッキリ『プルーン&バナナロール』

美味しく食べてお腹スッキリ『プルーン&バナナロール』

前菜やデザートに『いちごとプルーンワイン煮とモッツァレラのホワイトマリネ』

前菜やデザートに『いちごとプルーンワイン煮とモッツァレラのホワイトマリネ』

女性にうれしい3大栄養素がたっぷり『かぼちゃとプルーンのサラダ』

女性にうれしい3大栄養素がたっぷり『かぼちゃとプルーンのサラダ』

白砂糖不使用スイーツ アーモンドミルクの進化形!『オートアーモンドミルクのビスコッティ』

白砂糖不使用スイーツ アーモンドミルクの進化形!『オートアーモンドミルクのビスコッティ』

残った冷やご飯と3つの食材で作る、かぼちゃの玄米リゾット

残った冷やご飯と3つの食材で作る、かぼちゃの玄米リゾット

プルーンに秘められた栄養価や、プルーンの生産にまつわる歴史などを紹介しました。欧米では「奇跡の果実」と呼ばれ、愛され続けているプルーン。体への優しさに満ちたプルーンは、日本の食卓にもより定着していくかもしれませんね。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

オイルとしても使える『知って得するオリーブの成分と保存方法』

オイルとしても使える『知って得するオリーブの成分と保存方法』

カルシウム豊富で骨を丈夫に『知って得する小松菜の成分と保存方法』

カルシウム豊富で骨を丈夫に『知って得する小松菜の成分と保存方法』

身体を芯から温める『知って得する生姜の成分と保存方法』

身体を芯から温める『知って得する生姜の成分と保存方法』

ダイエットと病気予防のダブル効果『知って得するまいたけの成分と保存方法』

ダイエットと病気予防のダブル効果『知って得するまいたけの成分と保存方法』

サラダには欠かせない野菜『知って得するレタスの成分と保存方法』

サラダには欠かせない野菜『知って得するレタスの成分と保存方法』

栄養も旨味も魅力!!『知って得するしめじの成分と保存方法』

栄養も旨味も魅力!!『知って得するしめじの成分と保存方法』

美肌づくりにも『知って得するキウイの成分と保存方法』

美肌づくりにも『知って得するキウイの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』