得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.27

体を内側からキレイにする『知って得するれんこんの成分と保存方法』

目次

Pocket

煮物やきんぴらなど、総菜の材料として人気のれんこん。熊本県の代表的料理、辛子れんこんもよく知られています。調理法によって見た目や食感が変わるれんこんは、栄養も豊富。ここでは、れんこんの魅力や豆知識を紹介します。

独特の食感を与える成分と期待できる効果ー『知って得するれんこんの成分と保存方法』

シャキシャキ・ホコホコ・モチモチなど、様々な食感が楽しめる、れんこん。野菜の中では比較的「炭水化物」を多く含みます。モチモチとした独特の食感を与えてくれるのが、れんこんの炭水化物の中でも大部分を占める「でん粉」。れんこんのでん粉を取り出した蓮粉(はすこ)は主に和菓子の材料として使われ、蓮粉と砂糖、水を練り合わせたれんこん餅が有名です。さらに、すりおろしたれんこんをハンバーグなどの料理に加えることでも、でん粉によるモチモチ食感が味わえます。れんこんを切った時にネバネバと糸を引くのは、粘性物質「ムチン」を含むから。胃の粘膜を潤して保護すると言われているほか、粘膜が保護されることによるアレルギー症状の予防・緩和なども期待されています。また、れんこんの皮にはポリフェノールの一種である「タンニン」も含まれることが特徴です。ポリフェノールは活性酸素を除去する抗酸化作用をはじめ、コレステロールや脂質の上昇抑制作用、抗菌・抗ウイルス作用による食中毒や虫歯の予防効果があるとされる成分。効果の持続時間は数時間程度とのことなので、コツコツと摂取したいですね。
『知って得するれんこんの成分と保存方法』れんこん1

きちんと摂りたいビタミンCと食物繊維ー『知って得するれんこんの成分と保存方法』

ビタミンCと言えばレモンやイチゴなどの果物をイメージする人も多いかもしれませんが、実はれんこんにも豊富に含まれています。しかも、れんこんのビタミンCは豊富なでん粉に守られ、加熱による損失が少ないことも特徴。より効率良く摂取するためには、短時間でさっと調理することがポイントです。ビタミンCは人間の身体を正常に機能させるために不可欠な存在ですが、水溶性のため尿と一緒に排出されやすいことがデメリット。体内に蓄積しておくことができないため、定期的にきちんと摂ることが大切です。紫外線対策やシミ・シワを気にする女性など、美肌対策の観点からも注目されています。また、食物繊維が摂取できることも、れんこんの嬉しい点。特に水に溶けない不溶性食物繊維が豊富です。不溶性食物繊維は腸を刺激することで排便を促すと言われており、便秘を気にする人は積極的に摂取したいもの。味や香りにクセの少ないれんこんは様々な味付けに馴染みやすいため、和食はもちろん、カレーやシチューなど洋食の材料としても取り入れてみると良いかもしれません。
『知って得するれんこんの成分と保存方法』れんこん葉

個性的なれんこんの保存方法ー『知って得するれんこんの成分と保存方法』

野菜の中では珍しく、水中の泥に埋まって育つれんこん。個性的な育ち方をするれんこんは、保存方法もちょっとした工夫が必要です。
丸ごとのれんこんを購入した場合には、濡れた新聞紙で包み、さらにビニール袋に入れて冷蔵庫で保存するのが最適。泥が付いている場合には、洗い落とさず、そのまま保存した方が傷みにくくなります。カットして売られているれんこん、あるいは家庭で使いかけのれんこんは、切り口をしっかりラップで包んで冷蔵保存しましょう。切り口が表に出ていると酸化して傷みやすくなるため、しっかり包むことが大切です。また、水や酢水に浸した状態で冷蔵保存する方法もありますが、水を1~2日に1回交換しなくてはいけないこと、そしてビタミンCが流出する可能性があるなどのデメリットもあります。それぞれのライフスタイルに合った保存方法を選択することで、れんこんを最後までおいしく食べられるでしょう。なお、11月から2月頃が旬のれんこんですが、6月から9月頃に見かける新れんこんはより傷みやすいため、早めに使い切ることもポイントです。
『知って得するれんこんの成分と保存方法』れんこん2

れんこんにまつわる豆知識ー『知って得するれんこんの成分と保存方法』

れんこんは輪切りにすると、花びらのようにも見える大小の穴が特徴的です。この穴は中心に1つ、周りに9つ程度開いており、葉柄の穴とつながって通気孔の役割をしています。れんこんは端から端まで真っ直ぐに穴が開いていることから、「見通しが良い」という意味で縁起物としても利用されている食材。正月のおせち料理や祝いの席で、ピンク色に染められたれんこんを目にしたことがある人もいるでしょう。れんこんの原産地は中国をはじめ、エジプトやインドなど諸説あります。日本でも古くから存在していたようで、過去には千葉県検見川町の遺跡から、推定2000年前の蓮の実が発掘されたこともありました。現在は出荷量全国1位の茨城県をはじめ、徳島県や愛知県でも栽培されています。ちなみにれんこんが一般的に食されるのは、日本や中国など一部の国のみ。また、日本では食材としてだけではなく、民間療法でも重宝されている野菜です。のどの痛みやたん・せき止めとしてれんこんのおろし汁を湯に溶いて飲むほか、手軽に使用できるパウダーや飴なども販売されています。
『知って得するれんこんの成分と保存方法』れんこん花

れんこんを使ったおすすめレシピ

香菜でも三つ葉でもお好みで『れんこんとごぼうと豚ひき肉のピリ辛ご飯』

香菜でも三つ葉でもお好みで『れんこんとごぼうと豚ひき肉のピリ辛ご飯』

柚子胡椒をアクセントに『ごぼうとれんこんの和ピクルス』

柚子胡椒をアクセントに『ごぼうとれんこんの和ピクルス』

もっちり食感と甘辛ダレがあと引くおいしさ!『れんこんもちの磯辺焼き』

もっちり食感と甘辛ダレがあと引くおいしさ!『れんこんもちの磯辺焼き』

それぞれの味を口の中で噛み締めて『新れんこんとひじきの梅肉和え』

それぞれの味を口の中で噛み締めて『新れんこんとひじきの梅肉和え』風邪の予防は朝のこの1杯から『レンコンジンジャー味噌汁』

風邪の予防は朝のこの1杯から『レンコンジンジャー味噌汁』
height=”354″ />

焼いて漬けるだけの簡単レシピ『長ネギとレンコンのオイル漬け』

焼いて漬けるだけの簡単レシピ『長ネギとレンコンのオイル漬け』
height=”354″ />

ぽん酢で作るから簡単に仕上がる『レンコンと秋茄子の南蛮漬け』

ぽん酢で作るから簡単に仕上がる『レンコンと秋茄子の南蛮漬け』
height=”354″ />

日常食としてはもちろん、縁起物としても大切にされてきたれんこん。その個性的な食感や形状は、これからも愛され続けていくでしょう。栄養も豊富なれんこんを食事に取り入れ、彩りにあふれる食卓を楽しみたいですね。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

サラダには欠かせない野菜『知って得するレタスの成分と保存方法』

サラダには欠かせない野菜『知って得するレタ<ins datetime=スの成分と保存方法』” width=”850″ height=”354″ />

栄養も旨味も魅力!!『知って得するしめじの成分と保存方法』

栄養も旨味も魅力!!『知って得するしめじの成分と保存方法』

栄養素がたっぷり『知って得する枝豆の成分と保存方法』

栄養素がたっぷり『知って得する枝豆の成分と保存方法』

夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』

夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

健康にも良い『知って得するオレンジの成分と保存方法』

健康にも良い『知って得するオレンジの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』