得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.29

漬物にして常備菜に『知って得する梅の成分と保存方法』

目次

Pocket

日本では現在では花といえばサクラを意味しますが、奈良時代まではウメのことを指していました。この時代から花としても食材としても親しまれてきたのが梅であり、梅干しや梅酒を始めとして様々な形で利用されています。

梅の成分は有機酸が魅力ー『知って得する梅の成分と保存方法』

梅に含まれている成分として有用なものの代表格が有機酸です。梅の酸っぱさは有機酸に由来するものであり、特に有名なものとしてクエン酸があります。クエン酸は疲労回復に役立つ有機酸として知られているものであり、体内でエネルギーを産生するのに常に利用されているクエン酸回路と呼ばれる経路の基質です。十分にクエン酸を補給するとエネルギーが速やかに生み出され、疲労を回復すると共に代謝を活性化させることができます。一方、有機酸による刺激は消化管にも良い影響を与え、全体として食欲を高めて消化機能を向上させる方向に働きかけることが可能です。唾液の分泌や胃酸の分泌を促進し、腸の蠕動運動を高めるのに役立つとされています。また、梅に含まれている有機酸の一つであるピクリン酸には肝臓の代謝機能を向上させる効果も示されているため、肝機能の改善や二日酔いの防止などにも有用とされているのが梅です。有機酸は防腐剤としても役に立つため、他の食べ物と一緒に保存しておくことによって食べ物が腐ってしまうのを防止することもできます。
『知って得する梅の成分と保存方法』梅干し1

生活習慣病の予防に役立つ栄養が豊富な梅ー『知って得する梅の成分と保存方法』

梅には生活習慣病に対して効果を期待できる成分が豊富に含まれています。特に栄養として豊富なのがビタミンEであり、日本の現代の食事では不足しやすいビタミンとしても知られているものです。ビタミンEは抗酸化作用が強い脂溶性のビタミンとして様々な健康効果を示すことが研究されてきました。因果関係としてよく知られているのが体内で発生する活性酸素を除去する効果であり、活性酸素によって臓器や器官が損傷を受けてしまうのを防ぐことができます。これによって血管の健康状態を保つのに役立つのが特に生活習慣病への寄与として大きなものです。高コレステロールになっていると悪玉コレステロールが血管に沈着しやすくなりますが、抗酸化作用によって沈着を抑制できます。また、各種臓器を作り上げている細胞の膜に主に局在することから、細胞を活性酸素の攻撃から守る役割も果たし、臓器の老化を防ぐことが可能です。これにより高血圧や高脂血症、動脈硬化などの予防に役立つと期待できます。また、カリウムも多いことから高血圧の改善にも寄与すると考えることができるのが魅力です。
『知って得する梅の成分と保存方法』梅

梅の保存期間と保存のポイントー『知って得する梅の成分と保存方法』

梅は生の実として収獲してしまうとあまり日持ちはしません。収獲しても追熟が進んでいてしまうため、味落ちがだんだんと進行してしまいます。そのため、収獲してからできるだけ早く手を加えることが大切です。そのまま冷蔵保存で大丈夫なのはおよそ一週間から二週間程度です。低めの温度の方が追熟が止まりやすいので、密閉容器に入れて冷蔵庫やチルド室に入れておくのが効果的でしょう。もし生のまま保存したいという場合には冷凍することはできますが、風味はやや落ちてしまうことは否めません。冷凍したときには自然解凍で使うのが基本です。熟していない小梅の場合には冷凍するときに予めアク抜きだけは終わらせておいた方が便利であり、水に3時間ほど漬けておくだけできます。よく水分を切ってから冷凍すれば二ヶ月程度は保存していても問題ありません。より長く保存したいと考えたら梅干しにするのが良く、冷蔵保存しておけば半年近く保存することが可能です。また、梅酒や梅漬けなどに使用すると三ヶ月程度は保存することができます。梅シロップや梅ジュースなどに加工しても一週間から二週間程度は保存可能です。
『知って得する梅の成分と保存方法』梅の花

梅干しにする魅力とは何かー『知って得する梅の成分と保存方法』

梅は生の実よりも梅干しとして食べる方がよく親しまれています。保存性が良くなるのは梅干しにするメリットですが、それ以外にも栄養面も強化できるのが魅力です。梅干しは小梅を塩漬けにして干したものであり、昔から防腐の役割も持つ食材としておにぎりなどにも用いられてきました。小梅に比べても酸っぱいのは梅干しの特徴ですが、これは熟成の過程で有機酸が増えていることによるものです。そのため、有機酸による殺菌作用が強くなるため防腐作用も大きくすることができます。また、有機酸から得られる健康効果についても増強され、少し食べるだけでも十分に身体に働きかけることができるのです。一方、梅干しにすることによってビタミンやミネラルが凝縮されるというメリットもあります。カリウムやカルシウム、マグネシウム、鉄分などの身体にとって重要なミネラルが増えるのは魅力であり、健康のために毎日一粒の梅干しを食べるのは合理的です。ただし、塩をたくさん使っていることから大量に食べると塩分摂取量が過多になってしまうため、食べる量には注意しなければなりません。
『知って得する梅の成分と保存方法』梅干し2

梅を使ったおすすめレシピ

レンジでも作れる『ゴーヤと梅と塩昆布のぽん酢醤油和え2種』

レンジでも作れる『ゴーヤと梅と塩昆布のぽん酢醤油和え2種』

24節気「立秋」の季節は『夏バテ知らず!手作りチアシード梅酢ドリンク』を作ろう

24節気「立秋」の季節は『夏バテ知らず!手作りチアシード梅酢ドリンク』を作ろう

素材2つ、和えるだけ!!さっぱり美味しい『山芋と豆苗の梅おかか和え』

素材2つ、和えるだけ!!さっぱり美味しい『山芋と豆苗の梅おかか和え』

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

6月のお献立、その4。梅干しの酸味がいいカンジ『梅風味の豚バラ軟骨煮』

6月のお献立、その4。梅干しの酸味がいいカンジ『梅風味の豚バラ軟骨煮』

切って戻して和えるだけ『蛇腹きゅうりとわかめとカリカリ梅の煎り酒和え』

切って戻して和えるだけ『蛇腹きゅうりとわかめとカリカリ梅の煎り酒和え』

梅の香りが爽やか『冷製茶碗蒸し』

梅の香りが爽やか『冷製茶碗蒸し』

梅は日本では古くから注目されてきた食材であり、有機酸を多く含むのが特徴です。梅干しにすると有機酸を増やすことができるだけでなく、保存性も高くなるというメリットがあるので常備食として少しずつ食べると健康に良い効果を期待できます。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

おかずにもスイーツにもなる『知って得する栗の成分と保存方法』

おかずにもスイーツにもなる『知って得する栗の成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』