得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.30

果皮も使える『知って得するゆずの成分と保存方法』

目次

Pocket

ゆずは中国が原産とされてアジア地域で栽培が行われているミカン科の果物であり、日本でも古くから薬用として利用されてきました。特徴的な香味や酸味があることから果汁から果皮まで余すところなく用いられています。

ゆずに含まれる特徴的な成分ー『知って得するゆずの成分と保存方法』

ゆずの特徴的な柑橘系の香味はリモネンやシトラールと呼ばれるテルペン類によりもたらされています。これらの成分は香りによる精神的なリラックス効果を与えるだけでなく、身体の中で新陳代謝に働きかける作用もあるのが特徴です。血流を向上させることによって冷え性の対策にもなり、十分に血液を組織に行き届かせられるようになることで疲労回復や免疫活動の活性化などにも効果があるとされています。一方、ヘスペリジンもゆずに含まれている成分として代表的なものです。ヘスペリジンは毛細血管を拡張させる作用がある成分であり、血液循環を良くすることでむくみの解消などをもたらすと期待できます。一方、ゆずの果汁には酸味が強い原因となっている成分である有機酸も多く、クエン酸やリンゴ酸が代表的なものです。有機酸は口や胃などを刺激することによって唾液や胃液などの分泌を促します。食欲を増進することでエネルギー補給を行いやすくする一方、クエン酸はエネルギーを生み出すために必要な成分としても利用されている成分であり、ゆずは疲労回復をもたらすことが可能です。
『知って得するゆずの成分と保存方法』ゆず1

ゆずの果汁や果皮に含まれる代表的な栄養ー『知って得するゆずの成分と保存方法』

ゆずは果汁も果皮もよく利用されますが、果汁と果皮では含まれている栄養に大きな違いがあります。果汁にはビタミンCが多く含まれているのが顕著な特徴です。ビタミンCは免疫機能や肌を作るコラーゲンの合成、肝臓における様々な代謝活動に欠かせないビタミンであり、身体の全体的な機能の向上に役立ちます。抗酸化作用も強いことから活性酸素によって組織や臓器が傷つくのを予防することができる成分です。ゆずの果汁には糖質も多く含まれていることからエネルギー補給にも役立ちます。一方、果皮には食物繊維であるペクチンが多く含まれています。ペクチンは水溶性食物繊維の一種であり、腸の中では腸内細菌の栄養となって腸内環境の改善に寄与し、使用されなかった分も吸収されずに便の一部となって排便を促すことができるのが特徴です。ペクチンにはコレステロールや糖質を吸着する性質もあるため、コレステロール対策や血糖値の制御にも役立ちます。また、果皮にはビタミンEの含有量も高く、抗酸化作用を介して血管や血液の状態を改善することも期待できます。
『知って得するゆずの成分と保存方法』ゆずの木

常温で保存するのが基本のゆずー『知って得するゆずの成分と保存方法』

ゆずは収穫されてから温かいところに置いておくと腐ってしまいやすいですが、あまり冷やしてしまっても傷みます。冬場であれば冷暗所に保存し、部屋を温めているのであれば野菜室程度の温度で保存するのが望ましい果物です。固いところに置いていてもそこから傷んできてしまうことはあまりありませんが、固いヘタ側を下にしておくと長持ちしやすくなります。一週間から二週間程度が保存できる期間ですが、香りは次第に落ちていってしまうので早めに食べるに越したことはありません。ゆずは冷凍することもできますが、解凍するときに果汁が出てきてしまうこともあるので注意が必要です。食感も悪くなりやすいので半解凍の状態でシャーベットのようにして食べるのが適しています。そのために皮を剥いてから冷凍するのが良い方法です。ただ、完全に白い部分を剥いてしまうと半解凍時に袋が破れる場合があるので少し白いところを残しておくと安心できます。ゆずの果汁を使う目的の場合には冷凍でも問題はないものの、香りも少しずつ失われていってしまうので冷凍しても一ヶ月程度で使うようにするのが無難です。
『知って得するゆずの成分と保存方法』ゆずの花

ゆずは果汁も果皮も有用ー『知って得するゆずの成分と保存方法』

ゆずは酸味が強くて甘さは控えめの柑橘類であり、そのまま食べるよりも加工して食べることの方が多くなっています。果汁や果皮を一緒に使う方法も別々に使用する方法もあり、様々な食品に加工することが可能です。ゆずマーマレードはゆずの果汁と果皮をうまく組み合わせて作るものであり、ゆずの香りが残りやすくて持ち味を生かせます。果汁はゆずジュースにしたり、ポン酢づくりに使用したりするのが主な方法です。果汁そのものを調味料として使用することも可能であり、風味付けによく用いられています。ゆずの果皮も風味付けには有効なもので汁物や冷奴、和え物などに直接使用可能です。果皮を使った調味料として代表的なものに柚子胡椒があります。果皮と青唐辛子や食塩を使って作るものであり、高い塩分のお陰で保存性も高くなっていて、冷蔵しておけば一ヶ月以上保存することも可能です。ゆずの果皮は乾かすと保存性が高くなり、お菓子作りなどによく柚子ピールとして利用されています。この他にも漬け物には果汁も果皮も合わせて使うことができるといった形で様々な料理に応用できる食材です。
『知って得するゆずの成分と保存方法』ゆず2

ゆずを使ったおすすめレシピ

捨てないで活用エコ料理『ゆず大根葉めし』

捨てないで活用エコ料理『ゆず大根葉めし』

手づくりがおいしいから『ゆず塩麹のドレッシング』

手づくりがおいしいから『ゆず塩麹のドレッシング』

定番おかずも冬仕様に『ゆず塩麹たまご』

定番おかずも冬仕様に『ゆず塩麹たまご』

ゆずの絞り汁を使ってお手製ゆずドレ!『クレソンとレタスのゆずサラダ』

ゆずの絞り汁を使ってお手製ゆずドレ!『クレソンとレタスのゆずサラダ』

シンプルにあしらう『ゆでじゃがいものゆず塩』

シンプルにあしらう『ゆでじゃがいものゆず塩』

じっくり待つのも仕事うち。シンプルで優しいお味の『塩大根煮』

じっくり待つのも仕事うち。シンプルで優しいお味の『塩大根煮』

柚子の香りがフワッと香る『こいものごまゆず和え』

柚子の香りがフワッと香る『こいものごまゆず和え』

ゆずは薬用として用いられてきたほどに有用な成分や栄養が豊富な果物です。果汁と果皮にそれぞれ異なる栄養が含まれている魅力がありますが、どちらを使った料理も数多く存在しているので余すところなく使うことができます。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

オイルとしても使える『知って得するオリーブの成分と保存方法』

オイルとしても使える『知って得するオリーブの成分と保存方法』

カルシウム豊富で骨を丈夫に『知って得する小松菜の成分と保存方法』

カルシウム豊富で骨を丈夫に『知って得する小松菜の成分と保存方法』

身体を芯から温める『知って得する生姜の成分と保存方法』

身体を芯から温める『知って得する生姜の成分と保存方法』

ダイエットと病気予防のダブル効果『知って得するまいたけの成分と保存方法』

ダイエットと病気予防のダブル効果『知って得するまいたけの成分と保存方法』

サラダには欠かせない野菜『知って得するレタスの成分と保存方法』

サラダには欠かせない野菜『知って得するレタスの成分と保存方法』

栄養も旨味も魅力!!『知って得するしめじの成分と保存方法』

栄養も旨味も魅力!!『知って得するしめじの成分と保存方法』

実はビタミンも豊富『知って得する小麦粉の成分と保存方法』

実はビタミンも豊富『知って得する小麦粉の成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』