得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

美容 2017.08.24

元美容部員が教える『シミをカバーするメイク方法』

Pocket

誰もが憧れるシミや毛穴のない陶器のようなお肌。でも加齢とともに女性のお肌には色々悩みが増えてきます。
私は妊娠中に頬に初めてシミが出来、とても落ち込み、美白美容液を使ったり、美容皮膚科に通ったりなど色々なことをしました。でも一度出来てしまうとなかなか消えないのがシミ。
お手入れをして消えるのを待つ!!なんて気長なことは言っていられないですよね。女性なら誰でも手っ取り早く綺麗なお肌を手に入れたいはず!!

美容部員的に思う、「カバー力のあるファンデーション」のこと

私が美容部員をしている時、お客様から「シミを隠せるカバー力があるファンデーションはない?」とよく相談を受けていました。
もちろんお客様には、カバー力の高いファンデーションをご紹介するのですが、お肌のコンプレックス(シミやニキビ跡など)をカバーする=カバー力のあるファンデーションをたっぷり塗ると考えている方がとても多いです。

カバー力のあるファンデーションの落とし穴

でもカバー力のあるファンデーションの恐ろしい所は、使い方を間違えると逆にお肌を汚く・老けた印象に見せてしまうところ。カバーをするためについついメイクを重ね過ぎて、ウインドーショッピングをしている時など、鏡に映る自分を見て「濃い…白過ぎる?」と思ったことがある方も多いはずです。
年齢を重ねるごとにカバーしたい場所が増えるのに、メイクを重ねると崩れやすくなったり、逆に汚く見えてしまったり…。これではシミをカバー出来ても本末転倒。
4

まずはシミのカバーが必要な場所を知ろう!!

シミの出来やすい場所というのは、やはり紫外線の影響を受けやすい場所。体の中でも顔は手や足と違って、常に露出している部分なので、日焼け止めを塗っていても100%防ぐことが出来ません。

特にシミが出来やすいのは頬の周り

頬にシミがあるととても目立ちますよね。目周りは皮膚が特に薄いので紫外線の影響を受けやすいのも原因の一つです。でもこの部分はメイクを重ねても崩れにくく、しっかりカバーすると、お顔全体がとっても明るく綺麗な肌に見えるようになります。
では、シミを綺麗にカバーするメイク方法をご紹介させていただきます。
2

今お手元にある化粧品で簡単に始められるシミカバーメイク

カバーメイクに必要なメイクアイテム

下地
リキッドファンデーション
コンシーラー
ルースパウダー
パウダーファンデーション
3

綺麗で崩れないシミカバーメイクのコツ

シミをカバーするメイクのコツ。それは、メイクをミルフィーユのように薄く薄く重ねていくことです!!
カバーしたくてついついファンデーションを分厚く重ねたくなってしまいますが、そこは我慢です。

シミをカバーするメイクの方法

① スキンケアでお肌を整えた後、お顔全体に下地を薄く塗ります。
下地は、SPF30以上の物をおすすめします。

② 下地を塗ったら、頬の硬い部分にリキッドファンデーションを少量のせます。
ファンデーションのカラーは首の色に合わせて選んでいただくと仕上がりが綺麗になります。
1
まずは、パフで頬の上にのせたリキッドファンデーションをポンポンと馴染ませます。馴染ませたら、顔全体に薄く伸ばして行きます。
目の周り・小鼻はメイクがよれやすい場所になりますので、全体に伸ばし終わった後のパフで軽くおさえる程度にして下さい。
ファンデーションの量が足りなくて追加する場合も必ず、一度頬にのせてから全体に伸ばすようにして下さい。
頬の硬い部分はメイクを重ねてもよれにくい場所です。

③ リキッドファンデーションが綺麗に塗れたら、次はコンシーラーを同じく頬の硬い部分にのせ、同じようにパフで馴染ませてから目周りまで伸ばしていきます。
5
小鼻の毛穴をカバーしたい場合は、リキッドファンデーションの時と同様、伸ばし終わった後のパフで軽くおさえるぐらいにして下さい。
この時、コンシーラーはオークル系の濃いカラーを使用して下さい。シミや茶クマなどの黒をカバーする場合、明るい白系のコンシーラーを使用すると、グレーになり、余計に目立ってしまうので注意して下さいね。

④ コンシーラーをのせてしっかりカバーが出来たら、ここでルースパウダーをお顔全体に軽くパッティングし、お肌をさらさらにします
パウダーファンデーションを使う前にルースパウダーでお肌をサラサラにすることで、パウダーファンデーションが付きすぎずメイクが崩れにくくなります。

⑤ サラサラになったお肌に、また頬の硬い位置からパウダーファンデーションをのせてお顔全体に伸ばしていきます。顔全体に伸ばしたら、ここでもパフに残ったファンデーションで目周り・鼻周りも軽くおさせてカバーしましょう。

⑥ パウダーファンデーションを塗った後、またルースパウダーを軽くのせることで毛穴が目立ちにくく崩れにくいベースメイクが完成します。

⑦ 仕上げに目周りに白のハイライト、頬にチークを入れると明るく綺麗なお肌が出来上がります♡
チークはピンクを使うと透明感のあるお肌に、オレンジを使うと健康的なお肌に仕上がります。
6

シミをカバーし、綺麗なお肌を作るベースメイクのコツをご紹介させていただきました。
加齢とともについつい重ね塗りしてしまいたくなるメイク。でも少しメイクの方法を変えるだけで、コンプレックスを隠せて綺麗なナチュラル肌に見えたら嬉しいですよね。
毎日メイクをするのも鏡を見るのも楽しくなるはずです♪今日からぜひ始めてみて下さい。

記事/anone
logo_anone-3-300x60
anone(アノネ)は女性の悩みを解消するwebメディアです。こっそり教えて、あなたの悩み。
ホームページ
Facebook

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

優しいメイクでお肌もお休み『大人ニキビを隠すメイク術』

優しいメイクでお肌もお休み『大人ニキビを隠すメイク術』

毎日コツコツ実践!『簡単ほうれい線予防エクササイズ』

毎日コツコツ実践!『簡単ほうれい線予防エクササイズ』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』