作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.08.28

残暑の疲れを癒やす『キュウリとソーセージのスープ』

Pocket

蝉の声も少なくなり、夏の終わりを感じますね。でもまだまだ残暑は続きそう。暑さでお疲れ気味の身体には、さっぱりとしたスープはいかがでしょうか?

ーーーーーーーーーーーー
キュウリといったら、「生で食べるもの」というイメージがあった。厚くスライスしてドレッシングをかけ、サラダとして食べるか、もしくは薄く切って酢の物か……。縦に4つ割りにして辛味噌をつけてもいいし、塩もみして浅漬けにするのもいい。とにかくキュウリは火を入れるものではなく、生で食べるものだとずっと思っていた。

キャベツは炒め物に使うし、トマトは煮てソースにする。ブロッコリーはゆでなきゃ食べられないし、レタスだって実は炒飯に入れてさっと炒めると美味しい。でもキュウリのように水分の多い野菜、生以外でどうやって食べるのだ、と思っていた。
4キュウリは生で食べるものだと思っていた

ところが、違った。キュウリを煮る。私の中ではありえなかったこの調理法で、キュウリがびっくりするほどおいしくなることをあるとき知った。普段生で 食べているキュウリが、別物のようになるのだ。それも、スープで。
わが家のレシピをお伝えしたい。

『キュウリとソーセージのスープ』作り方

1.キュウリ2本とソーセージ2本を1センチの輪切りにする。
2.長ネギ1/3本を小口切り(または玉ネギ1/4本をうす切り)にする。
3.鍋にオリーブオイルを熱し、1と2を炒める。
4.水とコンソメ(3カップ分)を加えて3~4分煮、塩小さじ1/2と粗びき黒コショウで味を調える。
3キュウリ、ソーセージ、長ネギをオリーブオイルで炒める

最初に作ったときは本当においしいのか半信半疑で、出来上がったスープを恐る恐る口に運んだ。パリッとしたキュウリが、ふんにゃりと歯ごたえもなくなっていることを想像して。
ところが、スープにしたキュウリはまるで違う野菜。たとえるならばジャガイモと大根の間くらいのホクホク感。スープの味もしっかり染みて、一緒に入れたソーセージともよく合う食材になっていた。びっくりした。キュウリが、こんなにおいしいスープになるとは。
このスープのポイントは黒コショウをきかせること。ピリっとして味がしまるし、食欲がそそられる。
2

むくみの解消にもなる

キュウリは栄養価が「低い」ことで有名らしい。ただ、残暑厳しいこの時期に食べれば、夏の間にたまった体内の余分な熱を放出し、利尿作用を促してむくみを解消する効果があるそうだ。まだまだ暑いこの時期にスープなど……と敬遠しがちだが、汗をかき塩分を欲している夏の体にはぴったりだと思う。

そしてこのスープ、実はパンにもよく合う。朝食はもちろん、私はスープジャーに入れてお弁当に持って行っている。ドライフルーツをたっぷり入れて焼いたパンとバター、朝からサッと作ったタマゴサンドなどと一緒に、このスープを持って行く。パンやサンドイッチはワックスペーパーと輪ゴムで簡単に包んで行くので、帰りに持ち帰るのは空になったスープジャーだけだ。食欲のなくなりがちな時期の昼食に、キュウリのスープは大活躍なのである。
1
食材や調理方法の新しい組み合わせに出合うたびに、料理とは奥が深いなと思う。食材がどう変化するかなんて、実際にやってみなければわからない。
今やキュウリのスープはわが家の定番になった。朝、冷蔵庫を開けてキュウリを見つけると、サラダにしようかそれともスープかなとワクワクしながら迷う。

文/chas
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

夏こそ始めたい『ぬか漬けのある暮らし』

夏こそ始めたい『ぬか漬けのある暮らし』

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

夏の暑さを乗り切る相棒『甘酒スムージー』

夏の暑さを乗り切る相棒『甘酒スムージー』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』