知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

美容・健康 2017.08.30

身体のダルさやイライラは実は『甲状腺ホルモンの病気』かも…

Pocket

ダルい、何かとイライラする…歳のせいと思っていた、そんな症状は実は甲状腺ホルモンの病気のサインかもしれません。気づきにくい甲状腺ホルモンの病気とは、どんなものなのでしょうか?

甲状腺ホルモンの病気は気づきにくい

甲状腺は、喉ぼとけの下にある蝶のような形をした内分泌器官。甲状腺から分泌される「甲状腺ホルモン」は、ヨウ素を主原料にして代謝や交感神経の調整をする役目を担っており、分泌が過剰でも不足しても身体に支障をきたす。症状は「疲れが取れない」「精神的に不安定」をはじめ、いわゆる不調と感じられるものが多い。加齢や更年期障害と間違えることがよくあるので、見逃さない注意が必要だ。放置したままだと心臓病や脳卒中などになり、命にかかわることもある。首に、普段ない腫れや硬さが感じられる場合は診察を受けたほうがよい。

甲状腺ホルモンが過剰な「バセドウ病」、不足している「橋本病」

「バセドウ病」は、甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる病気で、20~40代の女性に多い。症状は、動悸、疲れやすい、多汗、イライラ、食欲があるのに体重が減少、眼球の突出、コレステロール値の低下など。新陳代謝が亢進状態になり、動悸がひどくなって高血圧や心不全になったり、カルシウムが骨から溶けだして骨粗鬆症になったりする恐れもある。
「橋本病」は甲状腺ホルモンの分泌が不足し、代謝や神経、臓器の機能が低下する。女性の40歳以降に多く、むくみ、かすれ声、皮膚の乾燥、冷え症、便秘、うつ、食欲不振でも体重が増加、コレステロール値の上昇、動脈硬化などの症状がみられる。ほかにかかりやすい傾向としては、免疫力の働きを悪くさせるストレス過多な生活や、出産で感染防御のために免疫細胞が活性化しすぎて、自己免疫細胞を攻撃してしまうケースなどがある。また、花粉症も甲状腺に作用する細胞が活発になるので、併発しやすい。
Processed with VSCOcam with f2 preset

チェックと治療にはどんな方法がある?

「バセドウ病」も「橋本病」も、免疫細胞が甲状腺を刺激してしまう「自己免疫疾患」だが、病因はまだわかっていない。原因不明の不調が続いているときは、診察を早めに受けることが大切だ。甲状腺ホルモンの病気かどうかは、血液検査を受ければわかり、治療方法は薬の服用と手術がある。「バセドウ病」は、甲状腺ホルモンの作りすぎを抑える薬を飲めば、2年ほどの治療で約3割の人が薬を飲まなくてよい状態に回復するというデータがある。手術の場合は、大きくなった甲状腺の一部を残して切除するが、術後に甲状腺機能が低下するリスクがある。「橋本病」は6ヶ月程度、ホルモン剤を服用すれば、罹患前に戻ることができる。日常生活では、ヨードを含む食品を摂り過ぎると、脳からの指令でホルモンの生成が制御され、不足状態になるので注意すること。
甲状腺に疾患のある人は、541万人(※)にものぼる。しかし自覚症状が薄く、さらに違う病気と間違えている人が多い。不調の裏に甲状腺ホルモンの疾患が隠れていないか確かめておこう。
※1 厚生労働省 平成23年患者調査による

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

若くても油断は禁物『更年期障害の基本のキ』

若くても油断は禁物『更年期障害の基本のキ』

疲れがとれない原因は… 『ストレスによる副腎疲労のコト』

疲れがとれない原因は… 『ストレスによる副腎疲労のコト』

大切なコトは普段からの心がけ『糖尿病予防に歩こう』

大切なコトは普段からの心がけ『糖尿病予防に歩こう』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』