知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.09.04

山で暮らすから味わえる『雲海と赤い山肌を眺めるとっておき朝時間』

Pocket

ちょっと早起きすることで拝める、山麓ならではの美しい自然現象についてお話します。

標高1100メートルの住まいから見える雲海

山の近くに住むということ。それは自然がより身近になるということです。草花が咲いては枯れたり、木々や葉の色が変化したりといった自然現象はもちろん、都心では見られない、山ならではの自然現象を日常的に目にすることができます。
その一つが「雲海」。

3※富士見町役場提供

雲海とは、山などの高所から下界を見下ろした時に、雲が海のように広がって見える状態のことを言います。雲と言えば、普段は自分の目線よりも高い位置にあるものですので、雲海を目にするのは、当然高所に来ないと目にすることはできません。また、雲海が形成される条件は限られているので、高いところであればどこでも見ることができるわけでもありません。僕が住む富士見町の立沢という地区は標高が1100mあり、八ヶ岳を背にする形で、南アルプス側に形成される雲海を、自宅から眺めることができます。

雲海の起こり方

雲海の発生メカニズムは、夜間、風の流れがあまりない条件下で、地表の空気が放射冷却によって冷やされ続け、さらに山間部に留まり続けることで、空気中の水分が霧状態になります。それを上から見下ろした状態が雲海です。
ここではちょうど国道20号が通る、八ヶ岳と南アルプス山脈の間に雲海が形成されます。夜明け前から形成され、朝日と同時に徐々にその姿が現れ、7時台には南に吹く風によって徐々に押し流されていきます。(もちろん日によって違いますが)
1

自宅のダイニングにある窓はちょうど南アルプス側に面しているので、早く起きた朝は、甲斐駒ヶ岳や入笠山の手前に漂う雲海を、自分の目線よりも少し低い位置で見ることができます。

山肌を赤く染め上げる「モルゲンロート」

さらに雲海と同時にもう一つ眺めることができる自然現象が、「モルゲンロート」。

2※富士見町役場提供

モルゲンはドイツ語で「朝」。ロートは「赤い」という意味。朝日が山肌を照らし、赤く染まる状態のことを言います。高い山であれば、日の出の際に太陽光を水平、もしくは少し下から受けることになるので、その照らされ方は山肌を独特の色合いに染め上げます。
雲のない快晴でないと山肌をはっきりと見ることはできませんし、さらに当然、早起きしないと見ることはできません。

八ヶ岳と南アルプスの合間に雲海が浮かび上がり始める時、雲海から顔を出す山脈の山肌は赤く燃え上がり始めます。特に甲斐駒ヶ岳は山頂付近の岩肌が白色なので、赤が特に引き立ちます。そしてその照り返しを受けているのか、下を流れる雲海の表面も、少しだけピンクに染まります。

自然風景が感じさせてくれること

高い山に登り、そのまま朝を迎えないと見ることのできない景色が、自宅から眺められるのは、とても贅沢なことかもしれません。
僕が仕事で東京へ行く時は朝5時起きですが、ストーブのスイッチを入れ、窓のブラインドを開け、目の前に雲海とモルゲンロートが広がっているのを見ることができた時は、ちょっと得したな、という気分になれます。

自然に囲まれた生活を始めたことで、今までなかなか観ることのできなかった風景が、日常的に観ることができるようになりました。窓を開けた時、そこで目にする風景に感動する。都心に住んでいた頃、そんなことはあまりありませんでした。もしかしたら10年も経てば、こんな感動も風化していくかもしれません。だとすればこの感動は、これを“普通の風景”として受け流すことのないよう、自分自身の感覚を研ぎ澄まし続けておかなくてはいけない、という“気づき”なのかもしれません。

記事/.HYAKKEI
スライド1
.HYAKKEIは「自然を楽しもう!」をコンセプトに、暮らしと自然を楽しむ自然指向のライフスタイルプラットフォームです。日常の暮らしから休日のアウトドアまで、自然に触れる楽しさをお届けします。
ホームページ

その他のおすすめ記事

八ヶ岳で”暮らす”コト『山麓のカフェがもたらす、コーヒーと素敵な繋がり』

八ヶ岳で”暮らす”コト『山麓のカフェがもたらす、コーヒーと素敵な繋がり』

新しい見方に出会うかも『暮らし中にある自然体験のススメ』

新しい見方に出会うかも『暮らし中にある自然体験のススメ』

ママさん登山ガイドが描く『親も子も楽しく自由な親子登山のススメ』

ママさん登山ガイドが描く『親も子も楽しく自由な親子登山のススメ』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』