得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

美容 2017.09.06

リンスは頭皮につけないで!美容師さんが伝授する『頭のかゆみを改善する方法』

Pocket

ちゃんと洗っているのに、なんだか頭がかゆい…なんてことありませんか?かゆいけど自分で見えるところじゃないから、誰かに相談したり病院に行くのをつい忘れてしまったり。そしてまたかゆくなって、かいてしまう。そんな繰り返してしまう頭のかゆみについて、美容師さんからのアドバイスとはどんなものなのでしょうか?

ーーーーーー
いつの頃からだろう?なんだか頭がかゆくなって、ついつい頭に手がいってしまい、気がつけば炎症してしまっていたり湿疹ができたり…。
子供を出産してから、なんだか体質が変わった気がする。そんな風になんとな~く悩みつつも、頭皮の悩みってどうも清潔感がなくて相談もできず…だんだんとコンプレックスになっていました。

女性って、妊娠や出産にともなって女性ホルモンが変化したり、ホルモンバランスが悪くなったりするから、その崩れがそもそもの頭皮のかゆみの起因なのかも知れません。この得体の知れない頭のかゆみは、治りかけたと思ったらまたできてしまうということを繰り返してしまい、なかなかスッキリしてくれないというのが現状でした。

深刻化する頭皮のかゆみ

頭皮がかゆいのを我慢して、しばらく経つと頭皮の炎症だった部分にかさぶたが出来てきます。頭皮にかさぶたができているのは、治りかけている証拠だと言うのだけれど、その時が一番かゆくなりがちで、また手が伸びてしまいという悪循環…。
本気でかきむしれば、傷の上書き状態の頭皮になり、シャンプーやリンスの液体がしみるのも最悪。何より不快感マックスで気持ちが良くなかったのです。また、頭皮が健康でないと、抜け毛が増えに増えまくって薄毛にも繋がっていくのではないかと気がかりでした。実際に髪の毛のボリュームはなくなってきているようで、髪の長さでバランスをとるかのように、ヘアスタイルはストレートロング。逆にペッタンコになるのですが…。

いつまでもこの状況を続ける生活というのも嫌だったし、おしゃれを楽しむということができなかったので、まずは自分でできることから、様々な情報を調べてやってみました。
4

頭皮のかゆみをなくすためにやったこと(内面編)

食事面に気をつける

頭皮の悩みを解決したく、まずは内側から!と、食事を見直すことから始めました。家庭をもっているので、ある程度は規則正しい食事時間であり、野菜や肉・魚といったバランスもOKだったと思います。
1
問題は、子育てのストレスからくる間食で、お菓子やパンをよく食べていたこと。趣味でお菓子やパン作りをしていたこともあり、平均よりも食する回数が多かったのは事実です。お菓子やパンには糖質がたっぷり含まれており、食べれば食べる程食べたくなるという食欲が出てくるのが糖質の怖いところでした。
また食べ過ぎると皮膚にかゆみを起こすのも、糖質過多が原因だったのかもしれません。子育ての合間の趣味として、楽しくやってきたお菓子やパン作りでしたが、キッパリと辞めてしまうと逆にストレス増になるので、回数を減らすことに決めました。

頭皮のためにも心のためにもストレスをためない

頭皮のかゆみの原因は、ストレスにも関係しているそうです。子供が小さなうちは世話でも手がかかるので、定期的なリフレッシュが必要。
よくイライラした時に、髪の毛をバーっとしているマンガやドラマを見たことがありませんか?私の場合は、たまに子供を旦那さんに預けて、ママ友とカラオケに行ったり、家族でボーリングに行ったりして、息抜きして楽しんでいました。

頭皮のかゆみをなくすためにやったこと(外面編)

ヘアケアを見直す

体の内側からの改善をしていきましたが、直接的に関わる外側からのケアとして、シャンプーやリンス等を、頭皮に優しいものに変えてみました。変えたと言っても本当にざっくりで、スーパーで販売されている商品の中で、「頭皮がスッキリ」等の頭皮に特化したような謳い文句のシャンプーを購入するレベルから始めました。

美容師さんからのアドバイス

頭皮がかゆい、頭皮のかさぶたが恥ずかしい。そんなコンプレックスからずっと美容院からは足が遠のいていました。ですが、娘の美容院に付き添った時、美容師のお姉さんがとても話しやすい方だったので、あれこれ質問攻めしてみました。
2

リンスは頭皮につけちゃダメ

リンスやコンディショナーの役目は、髪の表面のキューティクルをコーティングしてツヤ感を出してくれたりすることですが、その成分というのは、できるだけ頭皮につけてはいけないとのこと。
頭皮につけてしまうと、毛穴をふさいで詰まらせてしまうので、炎症の元となるそうです!リンスやコンディショナーは、「髪の毛のみ」につけるようにして、つけた瞬間注ぐくらいの勢いで構わないのだそうです。それくらいに頭皮には悪影響なのです。

しかし、トリートメントは髪の芯まで浸透していく成分なので、つけたら置いておく時間も必要なので完全に別物。リンスやコンディショナーは、頭皮に直接つけないようにする。これで頭皮のかゆみの原因の一つが判ってきました。
5

シャンプーを2種類使用する

これまた驚いたのですが、シャンプーを2種類使用してみてはと提案されました。あまり洗いすぎても駄目そう…というイメージだったので目からウロコです。
頭皮が炎症していなければ、まず1つ目にスースーとするメントール系成分の入っているシャンプーで洗髪して、頭皮をスッキリとした気分にさせることが大切だそうです。続いて2つ目に、普段使用しているシャンプーで普通に洗髪します。つまり、1つ目で気分をスッキリさせて2つ目で通常の洗髪ということになります。

このアドバイスを聞いた時に、さすがに2本使いはしてなかったし、する予定もなかったなと思い知らされました。かゆみがあったら、メントールでひとまずスッキリ!確かにそうだと納得しました。

頭皮のケアは続けていくことが大切

それから数ヶ月。気がつけば頭皮のひどい状態は抜けつつあります。しかし、甘いものを食べすぎたり、生理前には肌の状態が下降気味になったりと、身体の内側が原因で湿疹等がでてしまうことは、まだあります。でも、どうしたらいいのかも判らずいた時に比べたら、すごく快調になってきています。
3
大切なのは、この方法を続けていくことで、ゴールにたどり着くコツコツとした努力が必要ということです。日々、楽しみながらヘアケアを続けていこうと思っています!

記事/anone
logo_anone-3-300x60
anone(アノネ)は女性の悩みを解消するwebメディアです。こっそり教えて、あなたの悩み。
ホームページ
Facebook

普段の暮らしで意識する『美容師さんに教わるツヤ髪対策』

普段の暮らしで意識する『美容師さんに教わるツヤ髪対策』

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

毎日がんばる手を優しくいたわる『正しい手荒れケアの選び方』

毎日がんばる手を優しくいたわる『正しい手荒れケアの選び方』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』