作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.09.09

副菜やお弁当に『かりかりじゃこと甘長とうがらしのだし浸し』

Pocket

甘長とうがらしやししとうを使ってだし浸しにした一皿をご紹介します。
白だしや麺つゆを使えばだし汁要らずで作ることもできますよ。かりかりじゃこのトッピングがアクセントになった一品、副菜やお弁当のおかずにいかがでしょうか。

ちりめんじゃこと甘長とうがらしの出汁浸しsub

『かりかりじゃこと甘長とうがらしのだし浸し』の材料(約1人分)

(重複する材料がありますが分量は工程別に記載、写真はまとめたものを撮影しています)
材料
・甘長とうがらし(またはししとう) 5~7本

<だし浸し用調味料(★)>
・だし汁(または水((★)←白だしや麵つゆを使う場合)) 1~1.5カップ
 (写真はあらかじめだし汁をとったもの(だし汁の種類・タイプはお好みで)。だし浸しに使用)

・白だしまたは麺つゆ((★)だし汁を使わない場合、味付けに使用) 大さじ2
 (だし汁から味付けする場合は白だし不要。水で作る場合に使用(水に白だしを合わせ、沸騰させてだし浸しにする))

・みりん  大さじ1
・砂糖   小さじ2(写真は未精製の砂糖を使用)
・しょうゆ 小さじ1

<ちりめんじゃこ用調味料(A)>
・みりん  大さじ1/2~1
・砂糖   小さじ1
・しょうゆ 小さじ1/2

・ちりめんじゃこ(乾燥タイプ) 10g
・ごま油  少々(ちりめんじゃこに味付けする際、香り付けに使用)

・お酒   少々(写真外・だし汁やちりめんじゃこ味付けにお好みで。(今回は入れていません))
・塩    少々(写真外・だし汁などの味付けにお好みで(今回は入れていません))

『かりかりじゃこと甘長とうがらしのだし浸し』の作り方

1.あらかじめ作っておいただし汁に味付けをする。
砂糖→みりん→しょうゆの順に味付けし沸騰したらすぐ火を止めておく。
(水と白だしで味付けする場合は水に白だしを加えて沸騰したら火を止めておく)
だし1

だし2

だし3

2. 同時に甘長とうがらしを焼く。フライパンに甘長とうがらしをのせ、中~弱火で軽く焦げ目がつく程度全体を転がしながら焼いていく。(焼く際、油は敷かなくてOK、食用油等不要です)
焼き甘長とうがらし1

焼き甘長とうがらし2

3.味付けしただし汁がふつふつしてきたら、焼いた甘長とうがらしを冷めないうちに加える。
ひと煮立ちさせたらすぐ火を止めてそのまま置いておく。
甘長とうがらし出汁浸し

4. (A)のちりめんじゃこの味付け用の合わせ調味料を作っておく。
みりんに砂糖を溶き、しょうゆを加えてよく混ぜておく。(砂糖のかたまりが溶けない場合は全て合わせた調味料を軽くレンジ加熱しても◎)
ちりめんじゃこ合わせ調味料1

ちりめんじゃこ合わせ調味料2

5. 熱したフライパンにごま油を敷き、ちりめんじゃこを加え、あらかじめ作っておいた合わせ調味料を加え全体を混ぜながらすぐに火を止める。(焦がさないように余熱で味付けします)
ちりめんじゃこ味付け1

ちりめんじゃこ味付け2

ちりめんじゃこ味付け3

6. 甘長とうがらしを器に盛り、かりかりじゃこをのせたら完成。

『かりかりじゃこと甘長とうがらしのだし浸し』のポイント・コツ


・甘長とうがらしは焼き過ぎないようにしてください。
・甘長とうがらしもだし汁も熱いうちに浸してそのまま自然に冷ましてください。(味が入りやすくなります)
・調味料は目安です。甘めがお好みでしたらみりんや砂糖をやや多め、すっきりした味がお好みでしたら醤油などをやや多めにするなど加減しながら味付けしてみてください。
・白だしで味付けする場合、調味料(みりん・砂糖・醤油)は入れなくても◎、もし入れる場合は味を調える程度に少なめでよいかと思います。(水に白だしを加えて沸騰させ、味が薄いようでしたら各調味料を加えてみてください。)
・ちりめんと調味料を合わせると焦げやすいので、すぐ火を止めて余熱でかき混ぜながら味付けしてください。お好みで実山椒など加えても◎
・ごま油は香りづけ程度、お好みで。香りが飛びやすいので最後に加えても◎
・いりごまは加える直前に炒ったものを加えるとより香ばしく仕上がります◎

『かりかりじゃこと甘長とうがらしのだし浸し』のアレンジ

ちりめんじゃこと甘長とうがらしの出汁浸しarrange
だし浸しにした甘長とうがらしの水気を切って輪切りにし、かりかりじゃこと一緒にあつあつご飯(写真はもち麦ご飯を使用)に混ぜて、おにぎりに。塩は握る時に付けるか全体にまぶすかはお好みで。仕上げにいりごま(写真外)をかけると◎ そのまま混ぜご飯にしてもおいしくいただけます。
甘長とうがらし小口切り

アレンジレシピの材料

アレンジ材料
・ご飯(写真はもち麦入りご飯を使用) 適宜
・塩                少々

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

その他のおすすめ記事

燻製醬油を使った『アボカドくずしやっこ』

アボカドくずし奴top1

スパイシーにかんたんアレンジ『カレーにんじんしりしり』

カレーにんじんしりしりtop-のコピー-2

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』