得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.09.13

爽やかな辛味を添える『知って得する「豆板醤」の成分と保存方法』

目次

Pocket

四川省のピーシェンが主要産地となっている豆板醤は中国料理に欠かせない香辛料の一つです。中国では家庭ごとにソラマメを原料として独自の材料を使って作っていることも多いですが、日本では市販品が広く用いられています。

ソラマメの発酵と唐辛子に由来する成分ー『知って得する「豆板醤」の成分と保存方法』

豆板醤はソラマメを原料として発酵を行って作られた味噌であり、通常は唐辛子を追加することで香辛料に仕上げられています。ソラマメを麹により発酵させて酵素による分解を行うことにより様々な成分が生まれ、身体に良いと言われる成分も少なくありません。ソラマメに含まれる炭水化物やタンパク質が代謝されて、食物繊維やオリゴ糖、アミノ酸へと変換されています。食物繊維やオリゴ糖は腸内細菌の栄養になることで腸内環境を改善し、整腸作用を示すことが知られている成分です。特に食物繊維は便のかさを増やして柔らかくする作用もあることから便秘対策として役に立ちます。一方、アミノ酸には構成アミノ酸だけでも20種類がありますが、グルタミン酸のような旨味成分や身体の中で作ることができない必須アミノ酸などを豊富に含んでいるのが特徴です。唐辛子を加えていることで唐辛子に由来する成分も含まれています。辛味成分として知られているカプサイシンは新陳代謝を活性化させる作用があり、脂質の代謝も改善し、血行の改善によって体温の上昇ももたらす成分です。
そら豆1

塩分とビタミンが多い豆板醤ー『知って得する「豆板醤」の成分と保存方法』

ソラマメを発酵させるときに食塩を添加しているため、豆板醤には塩分が多く含まれています。ナトリウムの過剰摂取になりやすいので食べる量に気をつける必要がありますが、ナトリウムが不足すると痙攣や失神などを起こす恐れがあるので少量だけ食べることに問題はありません。豆板醤にはソラマメに由来する炭水化物、タンパク質、脂質がバランスよく含まれています。また、ビタミンの含有量が多いのが特徴です。豆類にはビタミンB群が多く含まれていますが、若くて緑色をしているソラマメはビタミンAも豊富になっています。ビタミンB群は代謝やエネルギー産生に関わる重要なビタミンの一群であり、健康な身体を維持するために欠かせません。ビタミンAは目や皮膚、粘膜などの維持に必要とされるビタミンです。なお、豆板醤にはごま油を配合することが多いため、ビタミンEも摂取することができます。抗酸化作用が強いのがビタミンEの魅力として知られています。ミネラルについてもカリウムやマグネシウム、鉄などが入っているので香辛料として少しずつ使うと広くミネラルを補うことが可能です。
担担麺

冷凍か冷蔵が保存方法として適切ー『知って得する「豆板醤」の成分と保存方法』

味噌の一種である豆板醤は次第に発酵してしまう性質がありますが、市販されている豆板醤については火入れをしてあるのであまり発酵が進みません。未開封のものであれば直射日光を避けて冷暗所で保存するだけで数ヶ月という単位で品質を保つことができます。しかし、開封してしまうとカビなどが繁殖しやすいため、常温保存はあまり好ましくありません。雑菌が入りにくいように扱った方が長持ちしやすいということも留意しておく必要があります。瓶に入っている場合には熱湯消毒をしたスプーンなどで素早く取り出し、チューブに入っている場合にはチューブの口を容器などに付けないようにするのが大切です。そのように取り扱って冷蔵庫で保存すれば一年程度は問題ありません。カビなどの雑菌が混入しても増殖しなければ大丈夫です。冷凍保存することで保存性を高めることもできます。冷凍しても豆板醤は凍ることはないため、取り出してすぐに使うことが可能です。瓶の場合には開けにくくなりますが、チューブの場合にはやや固いだけで簡単に押し出すことができるので適した保存方法でしょう。
アレンジ麻婆厚揚げ丼21

本場の豆板醤と豆板醤風香辛料の違いー『知って得する「豆板醤」の成分と保存方法』

本場の中国で作られている豆板醤はソラマメと水、塩を使って麹で発酵を行っています。しばしば大豆も合わせて発酵させ、仕上げに大豆油、ごま油、唐辛子などを加えて香辛料として使用しています。唐辛子などを添加してからさらに発酵させている場合もあり、各家庭で様々な方法で独自のものを作っていることが多いのが特徴です。日本でも市販のものの大半はこのようにして製造されていますが、手軽に作れる豆板醤風香辛料もしばしば利用されています。ソラマメから作るのではなく、日本の豆味噌を使ってごま油と唐辛子を混ぜて作るレシピがいくつも流通しているのです。ソラマメで作ったものと比べると風味や味わいに違いはありますが、豆味噌に慣れている日本人にとってはかえって親しみやすい場合もあります。その観点から豆板醤の代替品としてよく利用されているのがこのような豆板醤風香辛料です。本場の豆板醤と同様に、使用した味噌によって大きく味も風味も異なるので、手軽に作れる香辛料として活用するのも良いでしょう。現在では数種類の豆板醤が日本でも市販されているので違いを楽しむのも一興です。
豆板醤

豆板醤を使ったおすすめレシピ

作り置き常備菜シリーズ『ゴーヤのピリ辛味噌佃煮』とアレンジレシピ

作り置き常備菜シリーズ『ゴーヤのピリ辛味噌佃煮』とアレンジレシピ

お肉がなくても大満足『茄子とトマトのたかきび麻婆』

お肉がなくても大満足『茄子とトマトのたかきび麻婆』

痺れるピリ辛が美味しい!!『口水鶏(よだれ鶏)』

痺れるピリ辛が美味しい!!『口水鶏(よだれ鶏)』

ごはんにプラスしたいおかずレシピ 『あん要らずな麻婆肉なす』

ごはんにプラスしたいおかずレシピ 『あん要らずな麻婆肉なす』

グルテンフリーでモチモチ!『もちひえの海鮮チヂミ』

グルテンフリーでモチモチ!『もちひえの海鮮チヂミ』

~保存食のある暮らし~旬のそら豆を使って『自家製豆板醤』

~保存食のある暮らし~旬のそら豆を使って『自家製豆板醤』

中国で生まれたソラマメの発酵により作られる豆板醤は四川料理に欠かせません。発酵食品として食物繊維やオリゴ糖、アミノ酸に富み、唐辛子の成分や豊富なビタミンも有しているのが魅力です。料理をする際には豆板醤風香辛料でも代用できます。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

ヘルシーフード『知って得するもやしの成分と保存方法』

ヘルシーフード『知って得するもやしの成分と保存方法』

デドックス効果もある『知って得する水菜の成分と保存方法』

デドックス効果もある『知って得する水菜の成分と保存方法』

果皮も使える『知って得するゆずの成分と保存方法』

果皮も使える『知って得するゆずの成分と保存方法』

魅力がたくさん『知って得する玉ねぎの成分と保存方法』

	魅力がたくさん『知って得する玉ねぎの成分と保存方法』

おかずにもスイーツにもなる『知って得する栗の成分と保存方法』

おかずにもスイーツにもなる『知って得する栗の成分と保存方法』

美肌づくりにも『知って得するキウイの成分と保存方法』

美肌づくりにも『知って得するキウイの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』