得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.09.15

飲めばほっとリラックス『知って得するココアの成分と保存方法』

目次

Pocket

ココアの原料、カカオ豆の故郷は、メソアメリカ。紀元前1900年頃の大昔、オルメカ文明の時代から、すでにその利用は始まっていました。カカオ豆を砕き、お湯に溶いたものが、滋養強壮に役立つ飲み物として高貴な身分の人々に愛用されて、通貨として通用していたほど貴重なものでもありました。

身体を守り、力を与える、ココアの成分。ー『知って得するココアの成分と保存方法』

カカオ豆に処理を加え、飲みやすい形にしたものがココア。だからココアには、昔の王様たちに力を与えた、カカオ豆の優秀な成分が詰まっています。各種ビタミンの他、鉄分や亜鉛などのミネラル類。どれも健康のために、是非摂りたいものばかりです。さらに、二種類の食物繊維と、ポリフェノールも多く含まれています。二種類の食物繊維は、水溶性と不溶性に分けられますが、このうち不溶性食物繊維の「リグニン」は、便秘解消に効果があります。また、ワインブームの時に有名になったポリフェノールですが、ココアに含まれるカカオ・ポリフェノールは優れた抗酸化作用を持ち、シワやたるみを予防する美肌効果が期待できるほか、活性酸素の働きを抑えて動脈硬化を予防し、アレルギー症状の緩和に役立ちます。そのほか、ココアの香り成分、「テオブロミン」は、脳内物質の一つ、「セロトニン」に働きかけ、脳をリラックス状態にさせる事が知られています。勉強の合間や、仕事の後など、ココアを飲むとほっとした気分になるのは、このテオブロミンの効果、というわけなのです。
ココア1

ココアの栄養成分、一杯分に含まれるのはどれくらい?ー『知って得するココアの成分と保存方法』

ココア、と一口にいっても、種類は色々とありますが、その栄養についてきちんと知るために、ここではお砂糖やミルクの入らない、ピュアココアについてお話します。
ピュアココア100gあたりに含まれる栄養素は、例えば主なミネラル類を見るとカリウムが2800mg、カルシウム140 mg、マグネシウム440mg、リン660mg、鉄分14.0mg、亜鉛7.0mgとなっています。いずれも優秀な数値と言えます。では、カップ一杯分のココアを飲んだ場合、そこにはどれくらいの栄養素が含まれるのでしょうか。カップ一杯分に使用するココアの分量はお好みによりますが、大匙一杯、6g程度を使用した場合、各栄養素のうち上にあげたミネラル類では、一日の必要量に対する割合は、大体6%前後になります。一見低いようですが、これが食事でもない、たった一杯のココアを飲むだけで得られると思うと、なかなか優秀な数値ではないでしょうか。また、これはあくまでココアのみの栄養素。牛乳を加えて作るとカルシウムの量はぐっと増えますし、豆乳を使ってビタミン類を増やす事もできます。

いつでも美味しく飲めるように。ココアの保存方法は?ー『知って得するココアの成分と保存方法』

夏はアイスで、冬はホットで。お菓子作りに、フレーバーに……、と、一年中楽しめるココア。美味しく摂るには、賞味期限中に使い切るのはもちろん、その保存方法もしっかりと知っておきたいところです。開封したココアはまず、隙間がないようにしっかり口を閉じるのが肝心です。この時気をつけたいのは、チャック式のものはチャック部分に粉がついているとしっかり締められなくなってしまう事。閉じたつもりで隙間があいていて、そこから空気や水分、そして虫が入り込んでしまうのです。栄養豊富で良い香りがするココアは、困った事に虫も引き寄せやすいのです。チャック部分を叩き、しっかり粉を落としてから閉じるようにして下さい。タッパーのような密閉できる容器に入れれば、さらに保存効果が高まります。その上で、湿気や温度変化を避けるため、風通しがよく、陽が当らない涼しい場所に置くようにして下さい。ピュアココアの場合、冷蔵庫への保管は避けましょう。冷蔵庫の中の匂いがうつってしまったり、固まって風味が悪くなってしまいます。逆に、ミルクやお砂糖が入っているミルクココアの場合は虫がより付きやすいため、冷蔵庫に保管するのが安全です。
甘酒さつまいもトリュフ本文中2

ココアのまめ知識。ペットにダメな理由は?お料理にも使える?ー『知って得するココアの成分と保存方法』

人をリラックスさせ、美容と健康に役立つココアですが、実は多くの動物にとっては害になってしまうのです。これは、ココアに含まれる成分、テオブロミンが動物にとって代謝しにくいものなので、最悪の場合、死に至ることもあり、与えるのは厳禁です。ペットフードの一部にはココア風味の物もありますが、それは特別に開発された、テオブロミンやカフェインの心配が無い派生物が使われているから。決して人間用のココアやチョコレート製品は与えないようにして下さい。ところで、お菓子作りのほかにも、ココアが使える事はご存知でしょうか。カレーやビーフシチュー、ハンバーグのソースなど、もう一つコクが欲しい、という時に少し加えるだけで、ぐっと風味が増すのです。また、ココアを使ったソースは、肉の煮込み料理にとてもあいます。クリームソースにひと匙加えると、ほろ苦さが魅力的なリッチな雰囲気の料理になります。また、普段飲むココアも、ちょっとした工夫でお洒落な飲み物になります。シナモンスティックをつけたり、しょうがを入れてスパイシーに。オレンジリキュールを落とせば、お菓子のオランジェットのような風味が味わえます。
ココア下準備

ココアを使ったおすすめレシピ

忙しいときこそ大切にしてほしい朝ごはん『3分でできる黒ごまとバナナの豆乳ココア』

忙しいときこそ大切にしてほしい朝ごはん『3分でできる黒ごまとバナナの豆乳ココア』

特別な日に作りたい『ずぼらさんの本格派ガトーショコラ』

特別な日に作りたい『ずぼらさんの本格派ガトーショコラ』

砂糖・乳・油・小麦フリー『混ぜて丸めるだけのヘルシートリュフ』

砂糖・乳・油・小麦フリー『混ぜて丸めるだけのヘルシートリュフ』

白砂糖不使用スイーツ『甘酒さつまいもトリュフ』

白砂糖不使用スイーツ『甘酒さつまいもトリュフ』

ヘルシーなのにとっても甘い!ベジーなホットチョコレート

ヘルシーなのにとっても甘い!ベジーなホットチョコレート

きちんと吸収される処理のしかたをご存知ですか?『チアシート入りバナナスムージー』

きちんと吸収される処理のしかたをご存知ですか?『チアシート入りバナナスムージー』

古代アメリカからヨーロッパへ、そして日本へ。何千年もにわたって、人々に愛され、親しまれてきたココア。その魅力は知れば知るほど深くなります。美味しく飲むだけで美容と健康に役立ち、調味料としても優秀なココア。いつも手元に置くようにしたいですね。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

魅力がたくさん『知って得する玉ねぎの成分と保存方法』

	魅力がたくさん『知って得する玉ねぎの成分と保存方法』

おかずにもスイーツにもなる『知って得する栗の成分と保存方法』

おかずにもスイーツにもなる『知って得する栗の成分と保存方法』

美肌づくりにも『知って得するキウイの成分と保存方法』

美肌づくりにも『知って得するキウイの成分と保存方法』

みんな大好き『知って得するみかんの成分と保存方法』

みんな大好き『知って得するみかんの成分と保存方法』

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

嬉しい栄養たくさん『知って得する柿の成分と保存方法』

嬉しい栄養たくさん『知って得する柿の成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』