得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.09.15

毎日食べたい発酵食品『知って得する納豆の成分と保存方法』

目次

Pocket

納豆は大豆を発酵させて作られる発酵食品の代表格のひとつで、まぜる事で粘り気を帯びていくのが特徴です。その歴史は弥生時代に大豆の栽培が始まった頃に、偶然自然に発酵して出来たものが原点だと言われているようです。今回はそんな納豆の栄養や保存方法について紹介していきます。

ビタミンおよびミネラルが豊富に含まれている健康食品ー『知って得する納豆の栄養と保存方法』

納豆の最大の魅力となっているのは、ビタミンやミネラルなどの人体に必要な成分が豊富に含まれているところです。どちらも全体的にバランスよく含まれていて、ビタミン群では特にビタミンKやビタミンB2、葉酸、パントテン酸が多いです。中でも突出して豊富に含まれているビタミンKは、骨の形成をうながす作用を持っているため骨粗しょう症の予防に効果的だと言われています。ほかにも血管の健康を維持するために必要不可欠とされているなど、人体に必須となっている成分のひとつです。またミネラルに関しては銅やセレン、モリブデンなどの成分が豊富に含まれていて、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどの一般的なミネラルも多い傾向にあります。セレンは抗酸化作用を持っているのでアンチエイジングに役立ちますし、モリデブンは貧血改善のほかにもがんを予防する効果があるとして注目を集めている成分のひとつです。このように納豆には健康面以外にも美容面にも効果がある成分が豊富なので、毎日食べ続けたい健康食品として昔から注目を集めている食品なのです。
納豆1

豊富な栄養成分と低カロリーがダイエットにおすすめー『知って得する納豆の栄養と保存方法』

また納豆の栄養成分に関しては、上記のように様々な成分が含まれているにもかかわらず、1パック50gでおよそ100キロカロリーと低カロリー食品であるところが特徴です。さらにタンパク質や脂質、炭水化物のバランスも理想的だと言われているほか、必須脂肪酸や必須アミノ酸のような体内で生成できないために摂取しなければいけない栄養素も程よいバランスで含まれています。このように様々な栄養成分がバランスよく配合されているところから、納豆は「ほぼ完全食」だと言われているのです。ほかにも納豆特有の栄養成分として知られている「ナットウキナーゼ」はタンパク質の分解酵素として血液をサラサラにしてくれる効果を持っていますし、大豆の発酵食品なので大豆に含まれている「大豆イソフラボン」「大豆サポニン」なども豊富です。特に大豆関連の栄養成分は健康面だけではなく美容面にも高い作用を持っているものが多いですし、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用を持っているので、女性ホルモンが不足しているなどの理由でホルモンバランスを整えたい女性にはおすすめの栄養成分です。
そぼろ納豆

意外と賞味期限が短い納豆の保存方法ー『知って得する納豆の栄養と保存方法』

一般的に市販されている納豆はパックの状態で販売されているので、そのままの状態で冷蔵保存します。冷蔵保存の場合は特に何もしなくても良いので、通常はこちらの方法で保存しておくのが理想的です。常温でも保存は可能ですが暖かい場所で保存しておくと納豆菌がさらに発酵を進めてしまい、旨みがなくなってしまう可能性があるようです。そのため保存する場合は10度以下の環境が条件となっているので、基本的には冷蔵保存しておく方が美味しく食べられると考えられています。またパックから出してタッパーなどに移し替え、タッパーごとラップに包んだ状態でフリーザーバッグなどに入れておくと冷凍保存するのも可能です。冷凍した状態でも納豆菌は生きているので風味を損なわずに食べられますし、密封しておけば納豆菌の発酵を抑えて保存ができるとされています。ですがいずれの保存方法であっても、基本的に賞味期限は数日間だと言われています。あまり長期保存していると風味が損なわれるだけではなくアンモニア臭が発生してしまう可能性があるので、早めに消費してしまうのがおすすめです。
ひきわり納豆

納豆が腐った場合はどうなるのかー『知って得する納豆の栄養と保存方法』

納豆は菌による発酵で出来た食品なので、一般的には腐りにくいと言われています。特に納豆菌は他の細菌を寄せ付けない効果を持っているので他の発酵食品よりも腐りにくいのが特徴なのですが、保存状態が悪かったり賞味期限を過ぎてしまったものはそのまま放置していると腐ってしまう場合があります。納豆が腐ると、「糸を引かない」「通常とは異なる臭いがする」「水っぽくなる」「カビが生えてくる」などの異常が見られるようになります。この状態になると食べられないので、早期に廃棄する必要があります。また腐っていないのですが、納豆菌の発酵が進んでしまうと「アンモニア臭がする」「カビのような白い斑点が出てくる」「変色する」などの状態が見られる場合もあります。この状態でも基本的には食べられるようになっていますし、人によってはこのような状態が好みだとする人もいます。ですが食べるとシャリシャリとした食感になるなど通常の納豆とは異なる食感になっているので、通常の納豆を好んでいる人の場合はこれらの状態が見られたものは食べないようにするのがおすすめです。
納豆巻き

納豆を使ったおすすめレシピ

意外な組み合わせがクセになる美味しさ『納豆とセロリの麻婆新じゃが』

意外な組み合わせがクセになる美味しさ『納豆とセロリの麻婆新じゃが』

~保存食のある暮らし~乾物を使って和えるだけ!!手軽に発酵食『そぼろ納豆』

~保存食のある暮らし~乾物を使って和えるだけ!!手軽に発酵食『そぼろ納豆』

春には、春巻き作りましょ。栄養満点『納豆と春雨の春巻き』

春には、春巻き作りましょ。栄養満点『納豆と春雨の春巻き』

『時短・簡単!納豆なめろう』~家で作りたい和風レシピ~

『時短・簡単!納豆なめろう』~家で作りたい和風レシピ~

シャキシャキカリカリがいいアクセント!切って混ぜるだけ『ダブルたまねぎの巣ごもり納豆』

シャキシャキカリカリがいいアクセント!切って混ぜるだけ『ダブルたまねぎの巣ごもり納豆』

組み合わせおかずシリーズ【あぶらあげ×なっとう】油揚げの納豆詰め

組み合わせおかずシリーズ【あぶらあげ×なっとう】油揚げの納豆詰め

納豆は人間に必要とされている栄養素がほぼ全て含まれている完全食として昔から食べられており、現在でも健康面以外にも美容面やダイエットの面での効果が注目されています。ただし賞味期限は短めなので、購入したら早めに消費していくのがおすすめです。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

美肌づくりにも『知って得するキウイの成分と保存方法』

美肌づくりにも『知って得するキウイの成分と保存方法』

みんな大好き『知って得するみかんの成分と保存方法』

みんな大好き『知って得するみかんの成分と保存方法』

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

嬉しい栄養たくさん『知って得する柿の成分と保存方法』

嬉しい栄養たくさん『知って得する柿の成分と保存方法』

漬物にして常備菜に『知って得する梅の成分と保存方法』

漬物にして常備菜に『知って得する梅の成分と保存方法』

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』