得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.09.19

大人も子どもも大好き『知って得するケチャップの成分と保存方法』

目次

Pocket

トマトケチャップがケチャップとして認識されるようになったのは近代に入ってから。トマトケチャップはアメリカで1795年に考案され、日本には明治に伝わった食材ですが、考案される前はキノコや魚、野菜等を使用した調味料の総称でした。ケチャップの語源はアジアの魚醤であると伝えられています。

実はカロリーは高くないケチャップ!ー『知って得するケチャップの成分と保存方法』

トマトの旨みが凝縮されているケチャップは、ご飯やパスタなどと調理すると相性抜群の調味料ですね。ケチャップは15グラムで約18キロカロリーと高カロリーな食材ではありません。三大栄養素の中では炭水化物が多く含まれていますが、脂肪分は入っておらず、ダイエット食の味付けにはもってこいと言えます。小さじ一杯程度なら6キロカロリー、ミートソースなどで多量に使用する場合は1カップで274キロカロリー程度として調整すると良いでしょう。
大人も子どもも大好き『知って得するケチャップの成分と保存方法』ーナポリタン

栄養満点の成分をご紹介ー『知って得するケチャップの成分と保存方法』

ビタミンが豊富な食材であるのがケチャップの特徴。特に抗酸化作用のあるビタミンEが多く、共に摂取すると活性酸素による体への影響を抑えると言われているビタミンAとCも含まれるため、同じくビタミンが摂取できる色のついた野菜などと調理するとより効果を引き出せると言えます。また、妊婦などが不足しがちな葉酸なども含まれるビタミン満点の食材です。血や骨をつくる鉄分やマグネシウムなどのミネラルも豊富ですが、中でもナトリウムが多い調味料でもあります。ナトリウムは高血圧などの人が控えたい成分の一つですが、血圧降下させるカリウムも共に摂取できるのでバランスが良いです。

旨みになる栄養成分!完熟トマトが凝縮されているのがポイントー『知って得するケチャップの成分と保存方法』

ケチャップの栄養と言えばやはりトマトのリコピンでしょう。生野菜として売られているそのままのトマトに比較して約2倍から3倍のリコピンが含まれていると言われます。前項で抗酸化作用のあるビタミンEが成分に含まれていると紹介しましたが、リコピンの抗酸化作用はビタミンEより100倍を超える強さがあると近年では分かってきた様です。
また、トマトの旨み成分であるグルタミン酸が凝縮されているのもケチャップの大きな特徴です。砂糖や酢、塩などで味付けがされているケチャップですが、このグルタミン酸も豊富に含まれているため、旨みだしとして様々な料理に使用できる万能調味料と言えます。しかも、トマトのクエン酸や酢によってたんぱく質が分解できるので柔らかく仕上げたい肉料理や魚料理に適している上、芳香成分のひとつであるシトラールによって食材のくさみを消す効果も得られるのです。ケチャップがなぜ栄養成分が高く料理の汎用性も高いのかと言えば、原材料であるトマトが多く含まれているためでしょう。大さじ2杯でトマト丸ごと1個の栄養があると言われているほか、完熟したトマトが使用されるのも理由のひとつです。
大人も子どもも大好き『知って得するケチャップの成分と保存方法』ートマトジュース

開封後は冷蔵保存で1か月以内に使いきりましょうー『知って得するケチャップの成分と保存方法』

調味料の消味期限をあまり気にしないなんて言う人も多い様ですが、勿論ケチャップにも賞味期限は存在します。様々なメーカーから売られているケチャップですが、製造されてから1年と数か月間が賞味期限である場合が多い様です。しかし、これは未開封の状態で保存をした場合に限ります。未開封のケチャップであれば、常温保存できる商品がたくさんリリースされています(直射日光は避けましょう)。ただし、冷蔵品として売られているものは当然冷蔵保存してください。
開封後のケチャップは常温品として購入したものでも冷蔵庫に保存し、なるべく1か月以内に使いきるとよいでしょう。冷蔵庫では冷気があたり過ぎない場所で保存し、上下はそのままで立てておくのがオススメです。キャップを下にして保存すると、冷やされて固まったトマトの粒子がくっついた状態のまま使用した際に出てくる可能性が高くなります。つまり、水分がしみ出してしまう訳です。水っぽくしないためにはボトルを振ってください。また、保存料不使用の商品が多いので使用後は注ぎ口を清潔に保ち、きちんんと蓋を閉めて雑菌繁殖を防ぎます。

手作り簡単なケチャップ!ー『知って得するケチャップの成分と保存方法』

トマトケチャップは購入するものとたくさんの人がイメージしているかもしれませんが、実は自分で手作りできる調味料のひとつです。複雑なレシピも手に入りにくい食材もなしで簡単につくれてしまいます。基本的には完熟したトマトと塩や酢などをミキサーでまぜるだけで完成するのです。甘さを出したい場合に玉ねぎを加えたり、味に深みを出すためにニンニクや赤トウガラシなどを加えたりするのもよいでしょう。食材をミキサーでまぜたらひと手間加えて鍋で煮詰め、味の調整をすればおいしく仕上がります。因みに、手作りケチャップの賞味期限では消毒殺菌をした瓶に詰めて1年程度とされていますが、早めに使用した方が良いと言われています。

古くから愛されてきたケチャップの歴史ー『知って得するケチャップの成分と保存方法』

イギリスからアメリカにケチャップが伝わり現在のトマトケチャップが作られましたが、日本には明治に入ってきました。明治41年のとある輸入会社のPR誌では「トマトケチョップ」として紹介されていた様です。合わせてマッシュルームケチャップも輸入されていた記述があります。また、明治18年にはチキンライスを日本人が食べていた記述がありますが、チキンライスにケチャップが一般的に使用されるようになったのは昭和に入ってからだった様です。
大人も子どもも大好き『知って得するケチャップの成分と保存方法』ーオムライス

ケチャップを使ったおすすめレシピ

卵を使わずに簡単に作れる『もちきびのオムライス』

卵を使わずに簡単に作れる『もちきびのオムライス』

市販の粉がなくてもできる!お洒落カフェ飯『タコライス』

市販の粉がなくてもできる!お洒落カフェ飯『タコライス』

今日の夕飯に迷ったときに『15分でできるお手軽ドライカレー』

今日の夕飯に迷ったときに『15分でできるお手軽ドライカレー』

作り置き常備菜シリーズ『無水ラタトゥイユ』とアレンジレシピ

作り置き常備菜シリーズ『無水ラタトゥイユ』とアレンジレシピ

ショートパスタを使って手軽にかんたん『フジッリナポリタン』

ショートパスタを使って手軽にかんたん『フジッリナポリタン』

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

トマトのシンプルな味わいがたくさんの料理に合うケチャップ。世界中の人に広く親しまれる調味料は栄養成分豊富で、大人から子供まで安全においしく食べられる食材です。また、アジアの魚醤から始まった歴史を辿ってみても面白い食材ですね。
文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

ご存知でしたか?『知って得するトマトの成分と保存方法』

ご存知でしたか?『知って得するトマトの成分と保存方法』

美白にダイエット効果も!夏こそ食べたい『栄養たっぷりトマトの魅力ゴト』

美白にダイエット効果も!夏こそ食べたい『栄養たっぷりトマトの魅力ゴト』

嬉しい栄養たくさん『知って得する柿の成分と保存方法』

嬉しい栄養たくさん『知って得する柿の成分と保存方法』

健康美に!リコピンの抗酸化効果を最大限に引き出すトマトの食べ方

健康美に!リコピンの抗酸化効果を最大限に引き出すトマトの食べ方

旨み成分が豊富で便利!『知って得するめんつゆの成分と保存方法』

旨み成分が豊富で便利!『知って得するめんつゆの成分と保存方法』

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』