得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.09.24

食事のお供にも!『知って得するウーロン茶の成分と保存方法』

目次

Pocket

中国を発祥として現在では世界的に知られるようになったウーロン茶は日本でも古くから親しまれてきました。様々な品種がありますがいずれも茶色で、適度に発酵が施されています。今では、その健康効果が注目されるようになってきました。

脂肪を分解する?食事の時に飲みたいウーロン茶ー『知って得するウーロン茶の成分と保存方法』

ウーロン茶には様々な抗酸化物質が含まれています。代表的なのはカテキンであり、緑茶にも含まれていることから知名度が高くなっている抗酸化成分です。カテキンの新陳代謝を向上させたり、血液中のコレステロールを減らしたりする影響について臨床研究が行われて有効性が示されてきました。一方、ウーロン茶に特有のポリフェノールも多数含まれています。その多くはカテキンを含んでいるものであり、高い抗酸化作用を示すことがわかっています。また、ウーロン茶に含まれるポリフェノールには食事中に含まれている脂肪を吸収するのを抑制する効果があり、食事中に飲むお茶として適しているでしょう。ウーロン茶のポリフェノールの中に脂肪を分解するリパーゼの働きを抑制するものが存在しているため、消化を妨げることで脂肪を吸収しにくくすることができます。一方、ウーロン茶のポリフェノールの中には歯垢の沈着を抑制するものも含まれていることが示唆されているため、歯の健康を維持するのにも役立つと期待されているのが現状です。抗酸化作用以外にも魅力的な効果があることが次々に示されてきています。
食事のお供にも!『知って得するウーロン茶の成分と保存方法』ーウーロン茶葉

嬉しいゼロカロリー!ウーロン茶に含まれる栄養ー『知って得するウーロン茶の成分と保存方法』

ウーロン茶は茶葉から抽出した成分のみが含まれているため、ごくわずかな炭水化物が含まれているだけでゼロカロリーです。たくさん飲んでもほとんど三大栄養素とされる炭水化物、タンパク質、脂質を摂取することはほとんどありません。しかし、栄養面で意味がないというわけではなく、ビタミンやミネラルは少量ではあるものの含まれています。特に多く含まれているのがビタミンB2とマンガンです。ビタミンB2はエネルギー産生に関わるビタミンB群の一種であり、主に粘膜の状態を保持するのに役立ちます。糖質や脂質、タンパク質などを分解してエネルギーに変換する過程でも必要とされるビタミンなので不足しないように摂取することで新陳代謝の向上を図ることも可能です。水溶性が高いことから茶葉から効率的に抽出されて摂取しやすくなっています。一方、マンガンは糖質や脂質の代謝及び骨の形成など様々な代謝過程において必須とされる微量成分です。不足することはあまりないミネラルとして知られていますが、欠乏症を起こすことでも知られているので摂取したいものですね。

ウーロン茶の風味を落とさないように保存するにはー『知って得するウーロン茶の成分と保存方法』

茶葉から抽出したウーロン茶は放置しているとだんだんと香りがなくなってきてしまい、さらには雑菌が繁殖して飲めない状態になってしまいます。すぐに飲まない場合には冷蔵保存するのが適切ですが、それでも一日のうちに飲みきるようにするのが賢明です。市販の密封されている商品の場合には半年から一年程度は常温で保存することができます。ただし、日光を嫌うので暗所に保存するのが望ましいでしょう。
茶葉の状態のウーロン茶については風味を落とさないために保存の工夫が必要です。酸化や発酵によって風味が損なわれるので低温で保存した方がおすすめですが、湿気にも注意しましょう。

おすすめは脱酸素剤を入れて冷蔵庫や冷凍庫で保存!ー『知って得するウーロン茶の成分と保存方法』

脱酸素剤があれば常温でも日が当たらないようにすることで、風味をあまり落とさずにすみます。真空パックになっているときには冷凍保存すれば何年も保存することが可能です。冷凍や冷蔵で保存するときには開封時に結露しやすいので、袋ごと常温に戻してから使用するのがウーロン茶の風味を落とさないようにするために欠かせません。

料理にもウーロン茶を使ってみようー『知って得するウーロン茶の成分と保存方法』

ウーロン茶は飲み物として気軽に飲めるものですが、独特の風味を生かして料理に使用することも可能です。料理に使用する上で特別に難しいことはなく、普段は水を使用しているところで茶葉から抽出したウーロン茶を使用するだけで風味付けにできます。中国を中心とした東アジアの地域ではそばや蒸し料理などによくウーロン茶が使用されてきました。また、ピラフなどの炒めご飯を作る際にウーロン茶を加えることによって色や香りを活用することもできます。一方、枝豆を茹でるときにウーロン茶を使用することで茶豆にすることも可能であり、特有の風味によって通常の枝豆とは異なる味を楽しめるでしょう。
発酵によって作られているウーロン茶には旨味をもたらす効果があるため、料理に使用すると全体的に美味しさが増すとされています。独特の風味が際立たない程度に少し混ぜるだけでも変化が生まれやすいので、美味しい料理を作るために活用してみると良いでしょう。特に脂肪の多い料理に混ぜて使用するとポリフェノールの脂肪吸収抑制効果も有効活用することができます。
食事のお供にも!『知って得するウーロン茶の成分と保存方法』ーウーロン茶1

編集部おすすめレシピー『知って得するウーロン茶の成分と保存方法』

おつまみや晩酌に『枝豆ペペロンチーノ』

おつまみや晩酌に『枝豆ペペロンチーノ』

5分でできる栄養補給モーニング『枝豆の冷製スープ』

5分でできる栄養補給モーニング『枝豆の冷製スープ』

暑い日でも食欲が進む!薬味たっぷり『せいろ蒸し鶏の中華酢ソース』

暑い日でも食欲が進む!薬味たっぷり『せいろ蒸し鶏の中華酢ソース』

野菜をたっぷり摂りたい時にぴったり『鮭と野菜の蒸しもの』

野菜をたっぷり摂りたい時にぴったり『鮭と野菜の蒸しもの』

炒め不要でお手軽につくろう『人参とツナの炊き込みピラフ』

炒め不要でお手軽につくろう『人参とツナの炊き込みピラフ』

おこげがたまらない『秋味を楽しむ簡単土鍋ピラフ』

おこげがたまらない『秋味を楽しむ簡単土鍋ピラフ』

独特の香りを持つことで古くから親しまれてきたウーロン茶は料理にも使用されています。食事中の脂質の吸収を妨げることが示されているため、食事中に飲むお茶として適していますが、料理に使用するのも効果的な方法です。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

ほっと一息。心も身体も健康に『日本が誇る「緑茶」の健康効果』

ほっと一息。心も身体も健康に『日本が誇る「緑茶」の健康効果』

生活習慣病の予防にも役立つ『知って得するオリーブオイルの成分と保存方法』

生活習慣病の予防にも役立つ『知って得するオリーブオイルの成分と保存方法』

お弁当の定番おかず『知って得するソーセージの成分と保存方法』

お弁当の定番おかず『知って得するソーセージの成分と保存方法』

飲めばほっとリラックス『知って得するココアの成分と保存方法』

飲めばほっとリラックス『知って得するココアの成分と保存方法』

女性に嬉しい効果がたっぷり!アンチエイジングに『イソフラボンのヒミツごと』

女性に嬉しい効果がたっぷり!アンチエイジングに『イソフラボンのヒミツごと』

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.10.13

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』担当者に聞く、こだわりと想い

2017.10.11

焼き菓子にも大活躍!『季節の味覚 ドイツの生プルーン Zwetschgenのコト』

2017.10.03

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

2017.10.02

ほっこり優しい味『バターナッツかぼちゃのスープ』

2017.09.30

色を暮らしに活用しよう『都会的であり粋なカラー”銀色”がもつ秘密ゴト』

2017.09.28

~保存食のある暮らし~鮮やかな色出しのコツ『秋みょうがと新生姜の甘酢漬け』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.09.17

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!しいたけの旨煮』

編集部おすすめ記事

2017.10.08

思わずにっこり!『プチプチ玄米の栗あんおはぎ』

2017.10.04

地域に根ざす新しい空間『築90年以上の空き家から生まれるシェアオフィスへの想い』

2017.10.03

酸味+辛味で身体の芯からぽっかぽか!舞茸香る『秋の酸辣チゲ鍋』

2017.10.01

【ケノコトInstagram企画】10月の「日常のコト」を『#神無月のコト』で投稿しよう

2017.10.01

都心から約1時間半のドライブ!『きのこ狩りを楽しみに青梅へ行こう』

2017.09.27

ズボラでも使い方を覚えたい!『発酵食品 酒かすマスターになる』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2017.09.21

地域密着型不動産会社 エヌアセット代表 宮川氏が語る『エヌアセットのこれまでとこれから』

2017.09.21

~保存食のある暮らし~旬のいわしでフレッシュな常備菜『いわしのセビーチェ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.04.25

組み合わせおかずシリーズ【きゅうり×ハム】作り置き常備菜『きゅうりとハムの中華サラダ』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2016.11.05

これだけでどんな料理もエスニックに『タヒニソース(ごまソース)』