得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.09.19

食欲そそるカレー味の元『知って得するカレー粉の成分と保存方法』

目次

Pocket

カレー粉が日本に到来したのは明治の初め頃です。当時は高級食材の1つでしたが、1923年に日本人の口に合ったカレー粉が開発販売され、後にインスタントカレーが発売されました。辛味成分が食欲を増進して、栄養価も高いことから、今や日本の国民食となっています。

カレー粉に含まれる主な成分とは?ー『知って得するカレー粉の成分と保存方法』

カレー粉はカレー料理で用いられる混合香辛料です。そのため、さまざまな材料を配合することで作られています。ここではカレー粉に含まれる代表的な成分についてみていきます。まずはターメリックです。ターメリックは健康食品としても注目されていますが、カレーが黄色い色をしているのは、このターメリックが含有されているからです。体内に取り込まれると消化系や肝臓の機能を改善する効能があるといわれています。それから、コリアンダーも含有成分の1つです。エスニック料理のパクチーと同じものです。コリアンダーは英語表記であるのに対して、パクチーはタイ語表記です。効能としては、炎症を抑制したり、精神を安定させたり、体内の毒素を排出するデトックス作用が挙げられます。さらに、クミンも主要成分の1つです。その効能には腸内に蓄積されたガスを外に排出することや利尿作用などがあります。抗酸化物質でもありますので、肌に存在する活性酸素を除去して肌のアンチエイジングにも効果が期待できそうです。カレー粉にはこうした成分が含まれています。
食欲そそるカレー味の元『知って得するカレー粉の成分と保存方法』ー香辛料

生活習慣病予防にもいい?カレー粉の栄養素を知ろうー『知って得するカレー粉の成分と保存方法』

カレー粉は栄養素が豊富に含まれていますので、栄養価がとても高いです。ここでは含まれる栄養素のそれぞれの特徴を見ていきます。たとえば、ビタミンB1は糖質の代謝を助けて、そこからエネルギーを生成するので、疲労からの回復が早くなります。昔の日本では脚気の治療にも役立った栄養素です。また、ビタミンB2は三大栄養素である脂質、たんぱく質、糖質を体内のエネルギーに変換する働きを持っています。細胞の新陳代謝にも働きかけて粘膜の機能を成長させるので、子供の成長には欠かすことのできない栄養素です。さらに、パントテン酸も見逃すことのできない栄養素の1つです。血液中の善玉コレステロール、ホルモン、免疫抗体などを合成して生活習慣病を予防することや、粘膜の健康を維持する働きがあります。最後はマグネシウムです。これは体内で300を超える種類の酵素の働きを手助けしてくれます。骨や歯を形成するのに必要な栄養素でもあります。カレー粉にはこうしたさまざまな栄養素が含まれているので、カレーは栄養価の高い食事をしたいときには打ってつけの料理です。

開封前と開封後とで異なる保存方法ー『知って得するカレー粉の成分と保存方法』

カレー粉を保存するのに特別に必要なものはありません。せいぜい密封袋があれば十分です。それから、カレー粉は開封前と開封後とで保存方法が異なります。この違いをきちんと把握することが大切です。開封前の保存方法は、直射日光の当たらない場所に常温で保存することです。このときできるだけ高温多湿を避けることです。特に、高温の場所に置いておくと脂分が溶けてしまって柔らかくなることもあるからです。冷蔵庫のスペースに余裕があれば冷蔵庫が望ましいです。一方、カレー粉を開封した場合は必ず冷蔵庫に保管することです。開封したら常温での保存はできません。このときに用意していた密封袋の中に移し替えることがおすすめです。ポイントとしては、密封袋の空気をできるだけ抜いてから封をしっかりとすることです。空気に触れるとカレー粉は酸化現象が起こってしまって風味の劣化が進んでしまいます。このように適切な方法で保管すれば1年以上は保存することができます。もちろん、記載されている保存期間や賞味期限を重視することは言うまでもありません。

カレー粉の効能を活かした調理ー『知って得するカレー粉の成分と保存方法』

カレー粉に含有されている成分には健康効果が高いものが多いです。せっかくなら含有成分の効果をより活かした調理をしたいものです。その方法をここでは紹介していきます。まず用意するものは抗酸化作用の強い野菜です。ほうれん草、カボチャ、ジャガイモ、ニンジンなどがその代表的なものです。これらの野菜とカレー粉を組み合わせた野菜カレーを作ってみましょう。カレー粉のクミンなどと合わさって抗酸化作用がより高まりますので健康増進効果が期待できます。また、米を白米ではなく玄米にすることもおすすめです。玄米は栄養価が高いだけでなく抗がん成分も多く含んでいるので、抗がん作用も期待できます。
食欲そそるカレー味の元『知って得するカレー粉の成分と保存方法』ーカレーライス

カレーライスだけじゃない!カレー粉の活用法ー『知って得するカレー粉の成分と保存方法』

カレー粉を使った料理はカレーライスだけではありません。カレーピラフやカレーチャーハンにすることもできますし、カレー粉を野菜妙めやから揚げにまぶして利用することもできます。カレー粉を使った料理の用途は非常に広く、バリエーションを増やして飽きがこないように工夫してみましょう。ちなみに、カレー粉でお肉を焼くときは十分にお肉に火が通ってから加える必要があります。カレー粉がすぐに煮上がってしまうため、注意しましょう。

カレー粉を使ったおすすめレシピ

スパイシーにかんたんアレンジ『カレーにんじんしりしり』

スパイシーにかんたんアレンジ『カレーにんじんしりしり』

グルテンフリー♪30分で出来る爽やかな『レモンチキンカレー』

グルテンフリー♪30分で出来る爽やかな『レモンチキンカレー』

今日の夕飯に迷ったときに『15分でできるお手軽ドライカレー』

今日の夕飯に迷ったときに『15分でできるお手軽ドライカレー』

カレーの香りがじめっとした気持ちを吹き飛ばす!『夏野菜のカレー漬け』

カレーの香りがじめっとした気持ちを吹き飛ばす!『夏野菜のカレー漬け』

味の決め手はかつおダシ!『お蕎麦屋さんのカレーコロッケ』

味の決め手はかつおダシ!『お蕎麦屋さんのカレーコロッケ』

旬のそら豆がスパイシーに変身!『空豆のカレーマリネ』

旬のそら豆がスパイシーに変身!『空豆のカレーマリネ』

カレー粉はさまざまな成分が含まれているので、栄養価がとても高いです。抗酸化作用の高い野菜と一緒に食べることや、ライスを玄米に変えることで、健康増進効果をより高める方法もあります。ちなみに、保存するときには開封前と開封後とでやり方が少し異なるので、注意しましょう。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

漬物にして常備菜に『知って得する梅の成分と保存方法』

漬物にして常備菜に『知って得する梅の成分と保存方法』

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

優秀なエネルギー源『知って得するバナナの成分と保存方法』

優秀なエネルギー源『知って得するバナナの成分と保存方法』

健康に良い?!『知って得する落花生の成分と保存方法』

健康に良い?!『知って得する落花生の成分と保存方法』

栄養価が高い『知って得するパセリの成分と保存方法』

栄養価が高い『知って得するパセリの成分と保存方法』

ぬめりが特徴的『知って得するなめこの成分と保存方法』

ぬめりが特徴的『知って得するなめこの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』