得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

美容 2017.09.20

便秘解消に役立つ!『知っておきたいツボ押し』

Pocket

便秘って本当に辛いですよね。慢性的な便秘に悩まされている女性は多いと思います。便秘が続くと、肩こりや腰痛もひどくなるなど、なにかと体調不良に繋がってきちゃいます。ついつい市販の薬に頼ってしまう方もいると思いますが、本当は毎日きちんと排便したいですよね。
そんなあなたに朗報です!実は便秘に効くツボがあるのです!!東洋医学のツボ押しでは、様々な効果があるとされています。
今回は便秘に効くツボを紹介します!ツボ押しをマスターして、スッキリ快適な毎日を送りましょう。

便秘になる原因とは?

5日以上も排便がなく、便が硬くなってなかなかでない人。
毎日排便があるのに、残便感がありスッキリしない人。
便秘の原因は人によって様々ですが、ほとんどの人は健康面、精神面での変化が原因です。
学生時の私は規則正しい生活をしていたので、便秘に悩まされることはありませんでした。毎日決まった時間に起き、1日3食食べ、学校で適度な運動をしていたので健康面でも問題はなかったといえます。しかし、社会人になり、運動不足やダイエットをするようになったり、夜はアルコールを飲むので食事は控えたり……。さらに仕事上のストレスを抱え込むといった、まさに悪循環の毎日。
水分や野菜の摂取量が減ると便秘がちになってしまうし、ストレスにより胃腸の働きが自律神経に左右されても便秘の原因になります。生活習慣も大きく影響しているのです。

他には冷え症も便秘の原因のひとつです。
冷えは全身の血流を悪くし、胃腸をはじめとする消化器官の働きを鈍らせます。そしてホルモンバランスを乱し、体内時計を狂わせたり、便意を感じる神経を鈍らせたりして排便しにくい体を作るのです。もし冷え症なら、そっちを改善すると便秘も解消できるかもしれません。

あとは、そもそも女性は便秘になりやすいということがあります。一般的に女性は男性よりも筋力が低めです。筋力、特に腹筋は腸の運動をサポートするので、腹圧の弱さは排便時のいきみの弱さにつながります。
さらに女性は便意を我慢してしまう方も多いですよね。便意を我慢すると、体はどんどん便をためている状態に慣れてしまい、自然な排便が出来なくなる可能性があります。

このように、いくつか便秘の原因をあげましたが、心当たりはありましたか?
便秘をしっかり治すには、その原因を正しく把握することが大事です。

便秘を放っておくとどうなるの!?

便秘を放っておくと、健康にも影響してきます。疲れやすいとか、体のむくみを感じませんか?老廃物が溜まり、血管の中に吸収されて頭痛肩コリ・肌荒れなど不調を起こしやすくなります。そして、腸内環境が悪くなり、栄養の吸収ができなくなるので、皮下脂肪や内臓脂肪がつきやすくなります。吸収率が悪くなると、不必要に食べなくてはならなくなり、太ってしまうのです。ダイエットをしてもなかなか痩せない人、成功しない人は便秘気味ではないですか?
他にも便秘を放っておくと病気のリスクがあがっていきます。

肝臓がん

近年の研究によれば、腸内細菌がつくる毒素が肝臓へ流れ込み、肝臓がんのリスクを高くしていることがわかりました。

乳がん

排便回数が週2回以下の女性は、毎日排便している女性に比べて、乳がん発症率が5倍あるようです。

腸閉塞

便秘がひどくなると腸が動かなくなってしまって下から出せないため、嘔吐することがあるそうです。さらにひどい場合は、腸が腐り、手術をする必要もでてきます。

便秘は放っておくと、すごく恐いものです。そこで手軽にできる便秘解消のツボを紹介します。

便秘に即効で効くツボはこれだ!!!

便秘に悩んでいるならば、すぐに押してほしいツボがあります!!
1

合谷(手)

手の親指の骨と人差し指の合流する、谷のような部分のことです。
このツボは万能ツボと呼ばれており、頭痛やストレス解消に効果的なのですが、便秘にも非常に効果的です。ここを刺激することで、大腸が活発に動き出してくれます。大腸に溜まった便が直腸に押し上げられすぐに便を催すことができるのです。
ツボの刺激の仕方としては、反対の手の親指でぎゅーっと10秒ほど刺激してそれを3セット繰り返しましょう。もちろん左右両方してくださいね。

便秘点(耳)

ツボの名前からもわかるように、まさしく便秘に効果的とされるツボです。
耳の上のべこっと凹んだ部分です。このツボは小腸や大腸が弱っているのを正常に戻す働きがあります。
ツボを押す時は、人差し指で10秒間ぎゅーっと押すを繰り返し3セットしましょう。左右の耳ともに、おなじように刺激してください。もし、大腸や小腸が弱っているなら、このツボを押した時に痛みが生じます。

いかかでしょうか?
このツボは手のツボよりも即効性は下がりますが、継続的に刺激することで腸を強くすることができます。毎日押してみてください!

便秘解消には薬の前にまずツボを

市販の下剤を買うくらいなら、まず試してみてほしい便秘のツボ。即効性も高いので、便意がない時に刺激をしても、催すことができます。また、トイレの中で後ひと押しで出そうな時にツボを押すと便が出やすくなります。
ちなみに私は毎朝起きてすぐにツボを刺激しています。そうしていたら、朝出かける前には排便できるようになりました。
ぜひ試してみてくださいね。

記事/anone
logo_anone-3-300x60
anone(アノネ)は女性の悩みを解消するwebメディアです。こっそり教えて、あなたの悩み。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

原因は腸かも『腸のかたちから考える便秘改善のコツ』

原因は腸かも『腸のかたちから考える便秘改善のコツ』

管理栄養士が教える『「便秘を解消する野菜の食べ方」と知っておきたい「食物繊維の種類」』

管理栄養士が教える『「便秘を解消する野菜の食べ方」と知っておきたい「食物繊維の種類」』

便秘解消以外にも嬉しい効果がたくさん『食物繊維のチカラ』とは

便秘解消以外にも嬉しい効果がたくさん『食物繊維のチカラ』とは

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』