作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.09.23

おつまみやごはんのお供に『明太子とれんこんの塩麴きんぴらの和え物』

Pocket

きんぴらといえばお醤油をつかうのが一般的ですが、今回ご紹介するのは塩麴をつかった白いきんぴら。
旨味たっぷりの塩麹きんぴらは、これだけでもおいしい1品になりますが、明太子を和えてひと手間。れんこんのシャキシャキ感と明太子のプチプチ感がクセになる1品に仕上がりますよ。
明太子塩こうじきんぴらsub

『明太子とれんこんの塩麴きんぴらの和え物』の材料(約1人分)

材料

・れんこん  70~80g(写真は皮をむいて薄切りにし、酢水であく抜きをしたもの)
・酢     小さじ1(れんこんスライスのあく抜きに使用)

・辛子明太子 10~15g(写真は切り落とし明太子をカットしたもの)

・塩麹    大さじ2/3~1弱
・ごま油   少々(炒める時と香り付け用にそれぞれ使用)

『明太子とれんこんの塩麴きんぴらの和え物』の作り方

1.明太子は皮ごと適当な大きさにカットしておく。ある程度かたまりを残したほうが食べる時にアクセントになるかと思います。どうしても皮が気になる方はスプーンなどで中身だけ取り出しても◎
明太子cut

2.れんこんは、さっと洗って、皮を剥き、薄くスライスして、水→酢水につけてあく抜きをしておく。
(スライスしてからすぐに水につけると水が濁ってくるので、その水を替えてから、次に酢水につけると◎ アクがほとんどないれんこんであれば最初から酢水につけても◎)
れんこんcut

れんこんあく抜き

3.あく抜きしたらキッチンペーパーなどで水気をよくふき取っておく。
れんこん水切り

4.れんこんを炒める。熱したフライパンにごま油を敷き、あらかじめあく抜きをして水気を切ったれんこんを加える。すぐに塩麴を加えてさっと混ぜたら火を止めて余熱で炒め合わせる。炒め終えたら平らなお皿やバットなどに移し、粗熱を取っておく。
塩こうじきんぴら炒め1

塩こうじきんぴら炒め2

塩こうじきんぴら炒め3

5.塩麴れんこんきんぴらの粗熱が取れたら、あらかじめカットしておいた明太子を加えてさっと和える。
この時、熱いれんこんに明太子を加えると明太子にも火が通ってしまうので、しっかり冷ましてください。火が通った明太子がお好みの方はあえて熱いきんぴらに明太子を加えても◎
仕上げに香り付け程度にごま油数滴加えてさっくり混ぜたら完成。
明太子塩こうじきんぴら味付け

明太子塩こうじきんぴら仕上げ

『明太子とれんこんの塩麴きんぴらの和え物』のポイント・コツ

・それぞれの野菜から出た水分は、調理前にキッチンペーパーなどでよく拭いておくと、水っぽくならず味付けが決まります。
・特にれんこんはしっかり水気を切ってから加えてください(水気が多いと傷みやすいのでご注意ください)。
・れんこんは長く炒めるとシャキシャキ感が損なわれますので、余熱を利用して手早く炒め合わせてください。
・塩麴れんこんきんぴらをさらに甘く仕上げたいようであれば、お好みでみりんを加えても(今回は入れていません)。味付けの手順はお好みで。みりん→塩麴の順に加えるか、塩麴にみりんを少量混ぜたもので味付けしても◎
・ごま油は香りが飛びやすいので、炒めるのは他の食用油→仕上げにごま油を香り付け程度に加えても◎
・塩麴れんこんきんぴらは、しっかり粗熱を取ってから明太子を加えてください。(明太子に熱が入ってしまい、皮を取り除いた明太子を加える場合は特に火が通り過ぎてしまいます)
・お好みで仕上げにいりごまを加えても◎直前に炒ったごまを加えるとより香ばしく仕上がります◎

『明太子とれんこんの塩麴きんぴらの和え物』のアレンジ

薬味や黒七味を加えてより奥行きのある味わいに。
明太子塩こうじきんぴらアレンジ仕上げ

[アレンジ用材料]

明太子塩こうじきんぴらアレンジ材料
・小ねぎ  適宜
・糸みつば 適宜
・黒七味  少々※

※黒七味とは…唐辛子、山椒粉、ごま、けしの実などが入った調味料。京都 原了郭の黒七味が有名ですが、各地の唐辛子店や大手メーカーからも類似品が販売されています。それぞれお好みのお味を見つけてみてはいかがでしょうか。

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

その他のおすすめ記事

副菜やお弁当に『かりかりじゃこと甘長とうがらしのだし浸し』

ちりめんじゃこと甘長とうがらしの出汁浸しtop1-2

常備菜や一品おかずに『おくらの黒七味塩麴ナムルとアレンジマリネ』

おくらナムルtop-のコピー

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.10.13

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』担当者に聞く、こだわりと想い

2017.10.11

焼き菓子にも大活躍!『季節の味覚 ドイツの生プルーン Zwetschgenのコト』

2017.10.03

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

2017.10.02

ほっこり優しい味『バターナッツかぼちゃのスープ』

2017.09.30

色を暮らしに活用しよう『都会的であり粋なカラー”銀色”がもつ秘密ゴト』

2017.09.28

~保存食のある暮らし~鮮やかな色出しのコツ『秋みょうがと新生姜の甘酢漬け』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.09.17

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!しいたけの旨煮』

編集部おすすめ記事

2017.10.08

思わずにっこり!『プチプチ玄米の栗あんおはぎ』

2017.10.04

地域に根ざす新しい空間『築90年以上の空き家から生まれるシェアオフィスへの想い』

2017.10.03

酸味+辛味で身体の芯からぽっかぽか!舞茸香る『秋の酸辣チゲ鍋』

2017.10.01

【ケノコトInstagram企画】10月の「日常のコト」を『#神無月のコト』で投稿しよう

2017.10.01

都心から約1時間半のドライブ!『きのこ狩りを楽しみに青梅へ行こう』

2017.09.27

ズボラでも使い方を覚えたい!『発酵食品 酒かすマスターになる』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2017.09.21

地域密着型不動産会社 エヌアセット代表 宮川氏が語る『エヌアセットのこれまでとこれから』

2017.09.21

~保存食のある暮らし~旬のいわしでフレッシュな常備菜『いわしのセビーチェ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.04.25

組み合わせおかずシリーズ【きゅうり×ハム】作り置き常備菜『きゅうりとハムの中華サラダ』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2016.11.05

これだけでどんな料理もエスニックに『タヒニソース(ごまソース)』