知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

地域 2017.09.25

フィンランドの季節の手仕事『森のめぐみ ビルベリーを摘むコト』

Pocket

過ごしやすい季節になってきましたね。秋の味覚も店先に並べ始めた頃、地球の裏側フィンランドでも、季節の味覚が楽しめる時期になってきたようですよ。日本とはちょっと違う、フィンランドのベリー摘みとはどんなものなのでしょうか?

ーーーーーーーーー
白夜の季節が終わり、夜の闇がまたやって来た。私の住むフィンランド北部のロヴァニエミでは、朝、仕事に向かう道で吐く息が白く、もう秋がきてしまったとあきらめに似た心境になる。今年は春の訪れがとても遅かったから、いつもの短い夏がさらに短くはかないものとなった。

だけど秋は収穫の季節。夫の両親から「この秋すでに10リットルバケツに数杯分のビルベリー(ブルーベリーの原種)を森で摘んだ」と画像が送られてきた。今年もベリーの季節がやってきた、と私たちにもエンジンがかかる。

フィンランドの法律がおおらかな理由

ラップランドの森では、秋になっても大量の蚊とブヨ(吸血性で小さなハエのような見ための虫)に悩まされる。森に入るときはできるだけ皮膚を露出しないことが大切だ。目の細かいネット製の虫除けジャケットを着用し、長靴をはき、バケツとpoimuri(ポイムリ)と呼ばれるベリー摘み用の道具を持ち、車に乗って出発だ。

6ベリーを摘む道具、ポイムリ。これは夫の両親から譲り受けた金属製のもので、最近はプラスチック製しか見かけない

ポイムリという存在は、フィンランドに来て初めて知った。ベリーを摘むための箱型の道具で、箱の側面の片方は開いていて、底は熊手のようになっている。ここにベリーを引っ掛けてガサッと一度に収穫する。箱の中にベリーがたまったらバケツに開ける。ベリーと一緒にポイムリに入ってしまった葉や枝を家に帰ってから取り除かなくてはならないのが難点だけど、収穫のスピードは手摘みとは比べ物にならないくらい速くなる。今回、うかつにもこのポイムリを忘れ、カメラだけを持って出かけてしまった。

4ビルベリーの木は膝に届かないくらいの高さで、秋には紅葉し、森に赤い絨毯をしいたようだ

森の中は、ビルベリーが鈴なりになっている。初めて見たときは「こんなに?」と驚いた。

フィンランドでは法律で「森が私有地であっても、自然になっているベリー類を自由に収穫して良い」と定められている。日本ではこうはいかないなぁ、とつい思ってしまう。でもそれはフィンランドと日本では環境がまったく違うからだ。フィンランドの国土は日本よりやや狭いくらいだが、暮らしている人口は兵庫県と同じくらい。さまざまな場面でフィンランドが日本よりも大らかでいられる理由がそこにある気がする。

3収穫したビルベリーは冷凍保存する。この季節うちの冷凍庫はビルベリーでいっぱいで、これ以上もう何も入らなくなる

摘んだビルベリーはその日のうちにタッパーに小分けにして冷凍する。葉や枝を除く作業はこの日、夜までに終わらなかった。朝、森へ出かけるところから始まり、ベリー摘みはなかなかに根気のいる作業だ。

冷凍したビルベリーは解凍してヨーグルトやオートミールと一緒に食べたり、スムージーにしたりパイにして焼いたりと、来年の収穫まで一年じゅう食卓を飾ってくれる。

2夫の母お手製のビルベリーパイ

積雪まで収穫できるベリーは?

秋が深くなると、別のベリーを収穫できる。ビルベリーの次はリンゴンベリーだ。リンゴンベリーは気温が氷点下に下がる時期になってもおいしさが保たれるので、収穫時期が比較的長い。ビルベリー熱がおさまると、私たちはまたいそいそと森へ出かけることになる。

リンゴンベリーを収穫しても私たちの冷凍庫にタッパーはもう入らないので、ナイロン袋に入れて冷凍庫の隙間に差し込むようにして保存し、残りはジュースやジャムにしてしまう。夫の両親は10年ほど前、ベリー保存のために冷凍庫を一台買ったそうだ。ほとんどベリー専用ともいえる冷凍庫を、北フィンランドの家庭でよく見かける。フィンランド人にとってベリーがどれだけ大事な食材か わかっていただけると思う。

1リンゴンベリーの実は酸味が強く苦味もあるが、そのジャムはトナカイ肉料理の付け合わせに欠かせない

森の中は 岩がゴロゴロしていて、苔(こけ)むしていることも多く足場は悪い。けれどビルベリーのなる森には、なんとも言えないさわやかな甘い香りが漂っていた。夏が終わってさびしく思う気持ちはいつの間にか晴れ、保存しきれないベリーをどうやっておいしくいただくかで頭がいっぱいである。

文/浦田 愛香
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

“助け合い”の気持ちが溶け込む『フィンランドのやさしい暮らし』

“助け合い”の気持ちが溶け込む『フィンランドのやさしい暮らし』

育てて摘んで食べて知る『食べられるお花「エディブルフラワー」のコト』

育てて摘んで食べて知る『食べられるお花「エディブルフラワー」のコト』

お気に入り道具で作る『甘酸っぱいアメリカンチェリージャム』

お気に入り道具で作る『甘酸っぱいアメリカンチェリージャム』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』