知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2017.09.27

ズボラでも使い方を覚えたい!『発酵食品 酒かすマスターになる』

Pocket

こんにちは、どんぐりと山猫店主の吉岡です。
本日は酒かすについて。今年に入ってから、自家製で甘酒もお味噌も、みりんも、いろんな発酵調味料を作ることができる自分になりました。そんな作る楽しさや発酵の奥深さを感じながら、「酒かす」にもかなりの関心を持ちました!

でもでも…
酒かすって「かす汁」以外の使い方ってあるの…?
そもそも酒かすってどうやって使えばいいんだろう…?
待って待って、酒かすって何が良いからみんな使ってるの…?

私も以前までそう思っていました。でも山口飲食のレッスンで酒かすについて学んで以来、今では酒かすは私の必需発酵食品となっております。
そんな誰もが感じる酒かすの疑問とイイコトをここで解決・再発見できればと思っています◎

そもそも酒かすって何モノなの?どうして酒かすが良いものなの?

1
『酒かす』とは、
日本酒などを作る際にうまれる「もろみ(醸造の際に原料が発酵したもの)」を、圧搾した後に残る白い固形物のことを指します。
お酒の匂いも凝縮されていて、そのまま食べるとかなり独特のクセが残ってしまう発酵食品です。子どもなんかはわかりやすいので、酒かすのクセの強い料理なんかを食べると、「ゲェーー」って言いながら本当に分かりやすい表情をしますよね(笑)

こんな酒かすですが・・・

①たんぱく質が豊富!

→「体の代謝を促進させ、細菌などへの抵抗力を作ります」
 「健康な筋肉、血液、骨を作ります」

②ビタミンB群が豊富!

→「心を安定させて、イライラを解消させます」
「細胞の再生を促進し、健康な肌や爪、髪の毛などを作り、老化を防止します」
「疲労回復効果があります」
 「記憶力、集中力をつけてくれます」

③酵素が豊富!

→「酒かすに含まれる微生物は、100種類以上といわれており、便秘解消にも効果的です」

④食物繊維も豊富!

→「代謝を高め、太りにくい体を作ってくれます」
*なんと酒かす100g当たりの食物繊維は、リンゴ4個分にも相当するのです

女子にはたまらない!こんなに素敵な効能が『酒かす』には詰まっている!!ふんふん、だから最近美容液でも使われたりしてるのね。

でもその酒かすの使い方がいまいちわからない…かす汁以外の使い方ってあるの…?

基礎編:塩酒かすでただのきゅうりが劇的に美味しくなる!

2
酒かすを簡単に取り入れたい方にオススメなのが、『塩酒かす』。
塩酒かすの特徴は、塩麹のように寝かしておく必要がなく、すぐに調味料として使えるところが最大の魅力!さらに材料をミキサーで混ぜるだけというズボラな私でもずっと続けて作れることができる有能発酵調味料さんなのです。

ここでは簡単に作り方をご紹介したいと思います。

『塩酒かす』材料

・酒かす・・・・100g~
・水・・・・・・100ml~
・生塩麹・・・・大さじ1/2~

『塩酒かす』作り方

材料をすべてミキサーで混ぜる。これだけ!

この『塩酒かす』ペーストに一晩きゅうりをビニール袋にいれて漬け込みます。
ただ漬けただけのきゅうりのあまりの美味しさにあなたも驚愕するはず!

応用編:塩酒かすで外国産の安い魚が劇的に美味しくなる!

3
さて、きゅうりの美味しさに感動した後は、お魚を塩酒かすに一晩漬け込んでみてください。それをオーブンでグリルすると、これが驚くほど美味しくなる!

最近よくスーパーで見かける「バサ」なんかも、塩酒かすに漬け込んで、米粉をまぶしてグリルするだけで、独特の臭みもなくなり、ふわふわでふっくらした食感に仕上がります。
また、今旬の秋鮭を塩酒かすで漬け込んで、これをレンジにいれると、「簡単鮭フレーク」にも!これをちらし寿司に入れたり、三食丼にして乗っけるのが私は大好きです^^
4

酒かすこそズボラに優しい発酵調味料である

酒かすの使い方がわかれば、あとは応用していくだけ!私は塩酒かすのほかにも、マヨネーズや胡麻ドレッシングなんかも、酒かすをつかって作っています。私の味評価は弟がいつもしてくれているので、新しく実験して作ったものは弟に食べてもらうことで、定番メニューや調味料に導入したり、さらに美味しくなるための実験をしながら試行錯誤しています。
5
6
どうせ食べるなら、自家製で作れるほうが、何年も自分の発酵おうちごはんの知恵として活用することができます。
忙しいからこそ、塩酒かすを作る手間に、仕込みに、時間を割く。あとは漬け込んでほおっておくだけ。切ったきゅうりだって、塩酒かすに漬け込むだけで、普通のきゅうりよりも旨味も栄養もどんどん増していく!

発酵って面白い!

忙しいズボラ女子にこそぜひ試してほしい!
忙しいお母さんたちにこそぜひ試してほしい!

食べることは一生続いていく生きる行為です
発酵食を生活に取り入れることで、毎日をよりズボラに、より美味しく、より楽しく、そしてより豊かに、過ごしてみませんか?
ぜひこの秋、「酒かす」を取り入れてみてください^^

良かったらインスタグラムでつくレポしてもらえると嬉しいです。ハッシュタグは、≪ #発酵おうち塩酒かす ≫です。お待ちしてます*

記事/吉岡春菜
ライター情報写真
「どんぐりと山猫」店主。徳島在住の24歳です。
仕事で忙しい20代女性の方に向けて 「台所の発酵おうちごはんから自分と家族、彼や未来の子供のための 昨日よりちょっと丁寧で豊かな生活をつくるお手伝いがしたい」
そんな料理レッスンを準備中です。暮らしの雑貨や道具も取り扱う予定。
インスタグラムやブログで日々の暮らしや朝ごはんをお届けしています。

ホームページ
インスタグラム

その他のおすすめ記事

ぜひ受験生に食べてほしい!『発酵で簡単さんま炊き込みご飯』

ぜひ受験生に食べてほしい!『発酵で簡単さんま炊き込みご飯』

朝の時間割次第で、ご機嫌な朝になる『いい日を作る朝ごはん時間』

朝の時間割次第で、ご機嫌な朝になる『いい日を作る朝ごはん時間』

終わらない残暑…そんな時こそ『甘酒で明日も元気に起きる力』をつける

終わらない残暑…そんな時こそ『甘酒で明日も元気に起きる力』をつける

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

朝起きるのが楽しくなる!元気に一日を過ごすための『出汁から作るお味噌汁』

朝起きるのが楽しくなる!元気に一日を過ごすための『出汁から作るお味噌汁』

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』