得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.10.07

おやつやおつまみに。カリッと美味しいナッツ『知って得するマカダミアナッツの成分と保存方法』

目次

Pocket

マカダミアナッツはオーストラリアが原産とされるナッツ類の一つです。日本でも輸入されてドライナッツとして食べられるようになっていますが、世界的にも人気が高いナッツなんですよ。お土産でもよく目にしますね。そんなマカダミアナッツは、健康に対する効果も示されて注目されています。

脂質たっぷりだけど健康的?オレイン酸を含むマカダミアナッツの魅力ー『知って得するマカダミアナッツの成分と保存方法』

マカダミアナッツは一般的なナッツ類に比べても脂質の割合が多いのが特徴であり、含有されている成分の大半が脂質です。高脂肪という点では身体に良くないと考えられてしまいがちですが、脂質組成については優れています。マカダミアナッツの脂質には有用な脂肪酸が多く含まれていて、特にオレイン酸の含有量が高いのが魅力です。オレイン酸は血中コレステロールに働きかける効果があることが示されている成分であり、動脈硬化の原因となるLDLコレステロールを減らし、逆に血管の状態を良好にするのに役立つHDLコレステロールを増やすことができます。
また、マカダミアナッツに含まれている脂質の中でもう一つ着目されているのがパルミトレイン酸です。パルミトレイン酸はオレイン酸と同様にコレステロールに対して働きかける効果を持っていますが、それに加えてパルミトレイン酸は脳にも到達できるのが特徴です。脳の血管状態を良好にすることで脳出血や脳梗塞のリスクを減らすことが期待されています。これらの脂質は肌の健康にも良いとされているため、美容効果も期待できそうですね。
マカダミアナッツ1

ビタミンやミネラルも豊富なマカダミアナッツー『知って得するマカダミアナッツの成分と保存方法』

マカダミアナッツの主成分は脂質であり、重量比で80%近くを占めています。炭水化物やタンパク質は全体の10%程度になっていてほとんど含んでいません。低炭水化物ダイエットをしている人や、糖尿病などで血糖値の上昇が気になっている人にとっては良質な脂質の供給源としてもおすすめです。また、マカダミアナッツにはビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、栄養源として活用するには優れているでしょう。
ビタミンB群の含有量は多く、エネルギーを生み出して代謝を活性化するために役立ちます。また、ミネラルではカリウムやマグネシウムが含まれている代表的なものです。血圧のコントロールに寄与するカリウムをマカダミアナッツから摂取すると、オレイン酸やパルミトレイン酸の効果と相まって血管系の問題によって生じる動脈硬化などのリスクを下げられると期待できるのだとか。また、セレンなどの微量元素も含んでいることから、少量のマカダミアナッツを食べる習慣を作ることが健康にも良さそうです。でも高脂質であることには注意が必要かもしれませんね。

マカダミアナッツを美味しく保存するには…ー『知って得するマカダミアナッツの成分と保存方法』

マカダミアナッツは乾燥させたドライナッツとして販売されているのが一般的であり、そのまま常温で保存することができます。オレイン酸やパルミトレイン酸などの有用な脂肪酸は比較的酸化されにくいですが、マカダミアナッツに含まれている脂質全体を見ると酸化されやすいものも少なくありません。そのため、保存をするときにはできるだけ空気に触れないようにし、温度も低めに保つことが重要になります。長く保存したい場合には密閉容器に小分けして、冷蔵庫で保存するようにするのが安全です。直射日光も嫌うことから常温で保存するときにも冷暗所を選ぶように心がけましょう。密閉容器の中に脱酸素剤を入れておくと食味が変化しにくく、いつまでも美味しく食べることができますよ。

マカダミアナッツがたくさん手に入ったら冷凍保存してみましょうー『知って得するマカダミアナッツの成分と保存方法』

マカダミアナッツは十分に乾燥されているものであれば冷凍しても食味が失われることはありません。解凍しないと固くて食べられない場合もあるので注意が必要ですが、大量に手に入れた場合にはいくつかに小分けして冷凍しておくと保存しやすくなります。冷凍したものは自然解凍する以外にもそのまま炒って食べることが可能です。

加工されて食されるマカダミアナッツー『知って得するマカダミアナッツの成分と保存方法』

マカダミアナッツはナッツ類の中では柔らかな食感を持ち、独特の風味を持っていることから世界的に愛されているナッツの一つです。日本ではドライナッツとして味付けをしていないものや、食塩で塩味を効かせたものなど見かけますね。世界的に見ると、おやつとして食べられるようにさらに様々な加工がされたマカダミアナッツ商品が出回っています。
砂糖でコーティングを行ったり、スパイスで味や風味を付けたりしたものも多く、日本風にわさびやのりなどを使用したものもあるんだそうですよ。また、チョコレートでコーティングしたものはマカダミアナッツチョコレートとして日本でも人気ですね。この他にもスイーツの中に入れることは多く、クッキーやタルトなどにもマカダミアナッツを使用されています。
マカダミアナッツを単独で食べてしまうと食べ過ぎて脂質の摂り過ぎになってしまいがちですが、このように加工された商品を食べるようにすると食べ過ぎを防止することができるかも。マカダミアナッツおやつを手作りして、食べやすい方法を自分で探してみても楽しめそうです。

ナッツ類を使ったおすすめレシピー『知って得するマカダミアナッツの成分と保存方法』

美肌にも効果的!甘酒で作る『濃厚アーモンドコーヒー甘酒アイスクリーム』

美肌にも効果的!甘酒で作る『濃厚アーモンドコーヒー甘酒アイスクリーム』

濃いめの甘辛が人気!『ほうれん草の甘みそ和え』

濃いめの甘辛が人気!『ほうれん草の甘みそ和え』

サクサクコリコリ歯ごたえもごちそう!『チキンのアーモンドパン粉焼き』

サクサクコリコリ歯ごたえもごちそう!『チキンのアーモンドパン粉焼き』

まだ間に合うおせちづくり『いろいろナッツのメープル田作り』&『おせちプレート』

まだ間に合うおせちづくり『いろいろナッツのメープル田作り』&『おせちプレート』

ピーラーでかんたん『レーズンとミックスナッツのキャロットラペ風』

ピーラーでかんたん『レーズンとミックスナッツのキャロットラペ風』

千葉の農家さんから教わった『小松菜とブロッコリーのピーナッツ和え』

千葉の農家さんから教わった『小松菜とブロッコリーのピーナッツ和え』

マカダミアナッツは世界的に愛されているナッツ類です。オレイン酸やパルミトレイン酸を含んでいて血中コレステロールに働きかけることができ、健康効果も期待できますが、脂質もたっぷり含んでいます。小腹が空いたおやつの時に少しだけ食べるようにしてみましょう。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

おやつにもおつまみにも人気のナッツ『知って得するカシューナッツの成分と保存方法』

おやつにもおつまみにも人気のナッツ『知って得するカシューナッツの成分と保存方法』

生活習慣病の予防にも役立つ『知って得するオリーブオイルの成分と保存方法』

生活習慣病の予防にも役立つ『知って得するオリーブオイルの成分と保存方法』

ちっちゃな実は栄養の宝庫!『知って得するくるみの成分と保存方法』

ちっちゃな実は栄養の宝庫!『知って得するくるみの成分と保存方法』

ごまの栄養をギュッと凝縮『知って得するごま油の成分と保存方法』

ごまの栄養をギュッと凝縮『知って得するごま油の成分と保存方法』

健康に良い?!『知って得する落花生の成分と保存方法』

健康に良い?!『知って得する落花生の成分と保存方法』

健康と美容のために毎日飲みたい『知って得する豆乳の成分と保存方法』

健康と美容のために毎日飲みたい『知って得する豆乳の成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』