作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.10.05

秋の主役かぼちゃで身体の中から元気に!『かぼちゃと玉ねぎのお味噌汁』

Pocket

もうすぐハロウィンですね。 黄色くてかわいいカボチャのお化けが街中を賑やかに演出してくれて、見ているだけでウキウキ&ワクワク気分になりますが、甘さが増して美味しくなってきたカボチャは見ているだけではもったいない!!
カボチャには驚くほど健康効果が期待される栄養成分が含まれていると同時に、美肌やアンチエイジングなど女性にはとってもうれしい美容効果もたくさんあります。 さらに便秘改善や冷え症にも効果があるそうですので、美味しく食べて美しさに磨きをかけたいとお考えの方にはマストアイテムの野菜です。

【かぼちゃの東洋医学的効能】

健脾益気(ケンピエッキ) ⇒ 胃腸の吸収力を高めて元気をつける
消炎止痛(ショウエンシツウ) ⇒ 炎症を抑えて痛みを止める
駆虫(クチュウ) ⇒ 種子には駆虫(虫下し)作用がある
解毒(ゲドク) ⇒ 解毒作用をもつ
(東洋栄養新書より引用)
1
オーガニック料理では、かぼちゃのような丸い野菜はとてもバランスのよい中庸(ちゅうよう)の野菜と呼ばれていて、身体の調子が悪く、心も疲れている時に食べれば、丸くて甘い穏やかな野菜の力で、心と体が内側から元気になっていますよ。
そこで今日は簡単にできで、しかも元気を瞬時にチャージできるお味噌汁のレシピをご紹介いたしますね。

『かぼちゃと玉ねぎのお味噌汁』材料(4人前)

かぼちゃ    100g
玉ネギ     100g(中1/2個)
万能      ネギ 1本
水       800cc
麦味噌     大さじ4
万能ネギ    適量
2

『かぼちゃと玉ねぎのお味噌汁』下ごしらえ

・かぼちゃは、3cm長さに切り、5mm幅に切る
・玉ネギは、細い回し切りにしておく
・万能ネギは、小口切りにしておく

『かぼちゃと玉ねぎのお味噌汁』作り方

1.鍋に少量の水・かぼちゃ・玉ねぎを入れ、15分くらいウォーターソテーをする
2.分量の水を入れてカボチャをつぶしながら、沸騰させる
3.別の器で溶いておいた麦味噌を入れて、火を止める
4.お椀に入れて、万能ネギを飾って出来上がり!!
5.オーガニック料理ソムリエが教える美味しくつくる秘訣

カボチャはオーガニックの物を選び、皮ごと召し上がってください。かぼちゃの他にさつま芋も入れると、さらに甘いお味噌汁になりますよ。
甘いお味噌汁を飲むと、甘い物への欲求が満たされるので、食後のデザートを食べる回数が減るようになりますよ! 甘い物がやめられない方もぜひ、お試しくださいね♪

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

オーガニックについてもっと知りたい方はこちら

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

旬の味覚で美味しく美肌に『さつまいも入り玄米ご飯』

旬の味覚で美味しく美肌に『さつまいも入り玄米ご飯』

お弁当アレンジもできる『かぼちゃをつかった作り置きおかず』

お弁当アレンジもできる『かぼちゃをつかった作り置きおかず』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』