作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.10.16

白砂糖・乳製品不使用!濃厚ヘルシー『甘酒パンプキンのティラミス』

Pocket

イタリアン・ドルチェの代表選手ティラミス。 誰でもこの濃厚で美味しいスイーツは大好きですよね。 G-veggieでは白砂糖・卵・乳製品一切不使用で、オーガニック野菜を使った簡単に出来るティラミスを作ってみました♪
1

『甘酒パンプキンのティラミス』材料(5人分)

甘酒        1/1袋
カボチャ      100g
豆乳        25㏄
穀物コーヒー    大さじ3
水         150cc
全粒粉のクラッカー 30枚

『甘酒パンプキンのティラミス』作り方

1.カボチャは蒸して皮と実を別々にし、皮はみじん切りにしておく。
2.お湯を沸かし、穀物コーヒーを溶かしておく。
3.甘酒とカボチャの実の部分、豆乳をボウルに入れてハンドミキサーにかける
4.器に全粒粉のクラッカーを手でくずして入れ、大さじ1のコーヒーをかける。
5.次に大さじ1の甘酒パンプキンクリームをのせる。
6.再びクラッカー三枚をくずしていれ、大さじ1のコーヒーをかける。
7.甘酒パンプキンクリームを大さじ1かけたら、カボチャの皮のみじん切りで飾りつける。
8.そのまま温かくいただくか、冷蔵庫で冷やす。
2

オーガニック料理ソムリエが教える『甘酒パンプキンのティラミス』を美味しく作るコツ

・ハンドミキサーがない方は3.を裏ごしすればOKです
・カボチャの代わりにフルーツを使うときには、塩を少々入れると甘みが引き締まります。
・全粒粉クラッカーがないときには、プレーンな塩味のクラッカーでもつくることができます。

穀物コーヒーの魅力

このレシピでは穀物コーヒーを使っていますが、その理由は身体を温める効果があるから!! 普通のコーヒーは、コーヒー豆を焙煎し挽いた粉末から湯または水で成分を抽出した飲み物で、世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料ですね。 現在では日本でも家庭や飲食店、職場などで飲用され、またコーヒーの専門ショップも多数存在し親しまれていますが、その歴史は案外浅くアルコールや茶よりも遅れて人類の歴史に登場しました。

コーヒーがいつ頃から飲まれるようになったのかは、今もはっきりしていないそうですが、「焙煎した豆から抽出したコーヒー」が登場したのは、13世紀以降と見られているそう。

コーヒーの原料となるコーヒー豆は、3mほどの常緑低木でジャスミンに似た香りの白い花を咲かせる、「コーヒーノキ」の果実から得られ、コーヒーチェリーと呼ばれる果実は赤または紫、品種によっては黄色の硬い実で、成熟に9ヶ月ほどかかるそう。 主な生産地はブラジルやコロンビアなどの中南米や、ベトナム、インドネシアなどの東南アジア、エチオピアやタンザニア、ケニアなどのアフリカ諸国など。また有名銘柄の産地としてハワイ、イエメン。 インドや中国など世界中の気温の高い地域で生産されています。

コーヒーには様々な成分が含まれていますが、中でもカフェインの覚醒作用がよく知られていますね。 カフェインはお茶にも含まれていますが、「タンニン」と結びつくためその効果が抑制されますが、コーヒーはタンニンを含まないために強い興奮作用があるのが特徴で、適量を越えて飲み過ぎてしまうとその副作用として、「不眠」「めまい」「冷え」「胃の痛み」といった、困った症状があらわれることがあります。

そのような体の冷えから引き起こされた、様々な症状がある方におススメなのが、代用品としての穀物コーヒー。 ノンカフェインなので、お子様からお年寄りまで美味しく飲むことが出来ます。

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

オーガニックについてもっと知りたい方はこちら

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

お手頃価格で栄養も満点『かいわれ大根とにんじんのプレスサラダ』

お手頃価格で栄養も満点『かいわれ大根とにんじんのプレスサラダ』

秋の主役かぼちゃで身体の中から元気に!『かぼちゃと玉ねぎのお味噌汁』

秋の主役かぼちゃで身体の中から元気に!『かぼちゃと玉ねぎのお味噌汁』

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』