作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.02.25

「ふんわりじゅわっ」がたまらない『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』

Pocket

チーズケーキと一口に言っても、ベイクドチーズケーキ、スフレチーズケーキ、レアチーズケーキ、ニューヨークチーズケーキと色々あります。みなさんはどのチーズケーキがお好きですか?

今日はずぼらさんでも作れるふんわり・じゅわっな「スフレチーズケーキ」をご紹介します。

『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』の材料(6号 18cmホール)

『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』の材料
クリームチーズ  200g
たまご      4個
砂糖       70g  ※写真は三温糖ですが上白糖やグラニュー糖ががオススメです
水切りヨーグルト 1P分(400g) ※一晩水切りしましょう。半量程度になります。
牛乳       100cc
薄力粉      40g
レモン汁     1/2個分(お好みで)

『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』の作り方

(下準備)
・クリームチーズとたまごを常温に戻しておく
・オーブンを160度に予熱しておく
・薄力粉はふるっておく
・型に型紙を敷いておく

1.卵白と砂糖半量をミキサーでツノが立つまで泡立てる。
(最初は高速→もったりしてきたら低速に)

メレンゲ作りが成功の一番の要です。状態をよくみましょう。
『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』メレンゲ混ぜ始め

『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』メレンゲ作り中盤

『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』メレンゲ作り完了
斜めに傾けてもメレンゲは落ちません。これくらいまで。

2.クリームチーズと残りの砂糖、卵黄をミキサーでダマがなくなるまで撹拌する。
『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』のクリームチーズと卵を混ぜる

3.温めた牛乳も加えてダマをなくす。
『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』作りの途中で牛乳を入れる

4.水切りヨーグルトを加える。

5.ふるった薄力粉を混ぜる。(ミキサーでOK)
『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』作りで薄力粉を混ぜる

6.(1)のメレンゲの1/3程度を(5)に加え混ぜる。
『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』作りでメレンゲを混ぜる

7.メレンゲと(6)を全て合わせて、泡をつぶさないようにさっくりと混ぜる。
『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』作りで材料をさっくりと混ぜ合わせる

『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』材料を混ぜ合わせている

8.型に流し込み、水を張った天板にのせて、オーブンで焼く(160℃/20分→140℃/40分)
『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』を焼く前

9.型のまま粗熱をとり、冷蔵庫で冷やしてから型から外す。
『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』の焼き上がり
焼きたてはこれくらい膨らみます。割れていたら成功の証です。
『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』焼いた後冷ます
時間が経つとしぼんできます。このまま冷やします。

『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』を美味しく作るポイント

・チーズを常温に戻し忘れた場合は、電子レンジで500W/1分ほど加熱すると柔らかく扱いやすくなります。
・レモン汁はお好みで加えましょう【(4)の工程で加える】。酸味の強いヨーグルトを使うと、レモン汁を入れなくても美味しくいただけます。
・メレンゲを作る際は、最後は必ず低速で泡立てます。そうすることでよりキメの細かい、つぶれにくい泡を作ることができます。
・まず、メレンゲからつくりますが、その方がミキサーを洗う手間が少なくなるからです。(メレンゲ作りは少量の水や卵黄でもついていると硬いメレンゲが作れません)その代わり、その後の作業は手早くやりましょう。

『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』を切り分けている

手作りのケーキは、余計な味がせず、本当に美味しい。メレンゲを作ることだけが手間ですが、あとは混ぜるだけ。
牛乳の入ったスフレチーズケーキは、お口の中でじゅわっと溶ける絶品な美味しさ。ぜひお休みにでも作ってみてくださいね。

レシピ/管理栄養士 片山けいこ
IMG_4099
食のマーケティング会社で開発・管理運営など多岐にわたり経験。
保育園栄養士、行政の母子保健での講師を経て、現在はフリーランスとして、サイトへのレシピ・コラムの執筆、ケータリングやプチギフトの制作、料理教室、ワークショップなどフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らない あたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在3歳と0歳の母。

スライド1
k-meals,ホームページ
Facebook
instagram

その他のおすすめ記事

面倒な粉ふるいなし!『ずぼらさんの紅茶のレモンアイシングケーキ』

面倒な粉ふるいなし!『ずぼらさんの紅茶のレモンアイシングケーキ』

特別な日に作りたい『ずぼらさんの本格派ガトーショコラ』

特別な日に作りたい『ずぼらさんの本格派ガトーショコラ』

ホームベーカリーでつくる『ずぼらさんのシュトーレン』

ホームベーカリーでつくる『ずぼらシュトーレン』

100人100色 〜自然であたたかみのある食ライフを届けたい〜片山けいこさんのお話し

100人100色 〜自然であたたかみのある食ライフを届けたい〜片山けいこさんのお話し

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』