得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

美容 2017.03.01

朝の洗顔でザラっとした手触りを感じたときに『すぐに出来る3つの肌あれ解消法』

Pocket

秋は1年のうちで1番夜が長いシーズン。ついつい夜遅くまで仕事をしたり、食欲の秋とばかりに気の合う友達とお食事や飲み会に出かけたり。どんどん寝る時間が遅くなって、肌トラブルを起こしていませんか?

朝洗顔した時の手触りが「ザラッ」とし始めたら危険信号です。
ニキビやくすみ、シワ、乾燥など肌荒れが原因で気分が上がらないという方のために、即効性のある肌トラブル解消法をご紹介します。

肌荒れの原因-『すぐに出来る3つの肌あれ解消法』

肌荒れの根本的な原因とは?

《外的原因》

1.手で顔を触るクセがある
2.枕カバーを替えていない
3.メイクをきちんと落としていない
4.タオルでゴシゴシ顔を拭いている
5.化粧ブラシやパフを洗っていない
6.スマホが汚れている
7.化粧品が肌質に合っていない
8.室内が乾燥している

《内的要因》

1.便秘
2.冷え性
3.ストレス
4.喫煙
5.アレルギー
6.湯船に入らず、シャワーだけですませている
7.夜型の生活習慣
8.不規則でバランスの悪い食生活

肌荒れの原因は外的要因と内的要因に分けられますが、外的要因は今日から改善でき、即効性があります。

解決法1「雑菌の繁殖を防ぐ」-『すぐに出来る3つの肌あれ解消法』

外的要因の肌荒れは、雑菌の繁殖によって引き起こされている場合がほとんど。汚れた手で顔を触らないようにし、枕カバーを頻繁に替えるようにすると簡単に解決することができます。枕カバーを替えるのが面倒という方は、枕カバーの上にタオルをかけて寝てみましょう。

私は首のシワをつくらないために20年前から枕なしで寝ていますので、布団の上にタオルを置いて、そこにアロマオイルを1~2滴垂らしてから寝るようにしています。そうすると深く眠れるだけではなく、アロマ精油の美肌効果も期待できるので、一石二鳥ですよ。
おすすめのオーガニックアロマは、ラベンダー・ゼラニウム・イランイラン・クラリセージです。

そのほか、化粧ブラシやパフなどもこまめに洗うようにして、雑菌を大切なお肌につけないように努力しましょう。

朝の洗顔でザラっとした手触りを感じたときに『すぐに出来る3つの肌あれ解消法』アロマオイル

解決法2「正しい洗顔で美肌をつくる」-『すぐに出来る3つの肌あれ解消法』

夜はどんなに遅くなって疲れていても、メイクをきちんと落として肌をキレイにしてから寝ることです。これは美肌つくる必須条件。

「私はきちんとメイク落としをして寝ているのに、肌荒れがひどい」という方は、肌に負担をかけた洗顔方法かもしれません。顔のお肌はとてもデリケートなので、ゴシゴシこすってメイクを落としたり、洗ったり、拭いたりしないことが基本です。
上質の洗顔料を使うことも美肌への近道。良い洗顔料は顔を洗った後にお肌がつるつるしますが、粗悪な洗顔料を使うとかえってお肌が乾燥してカサカサになります。

植物由来のオーガニック素材の石鹸をつかって、肌に潤いと滑らかさを取り戻しましょう。

朝の洗顔でザラっとした手触りを感じたときに『すぐに出来る3つの肌あれ解消法』石鹸

解決法3「乾燥を防いで艶美肌になる」-『すぐに出来る3つの肌あれ解消法』

お肌が乾燥すると肌を守るバリア機能が衰え、整ってキレイに並んでいる角質細胞がそりかえるため、水分がさらに蒸発しやすくなります。乾燥した肌には雑菌やカビ、アレルゲンなどが侵入しやすくなるため、かゆみや炎症、シワやたるみ、くすみなど皆さんを悩ませる肌トラブルを引き起こします。

乾燥を防ぐためには加湿器をかける、洗濯物を干すなどして、室内の湿度を調整しましょう。そして、洗顔をしたらスチーマーを肌にあてたり、オーガニックの化粧水をつけて、肌の中に水分を取り込む努力をしてみてください。

私の洗顔した後の乾燥防止方法は、バラの花びらと天然水だけで水蒸気蒸留したローズウォーターで水分補給、そのあとに米糠から抽出された「米ぬかスキンケアオイル」を塗り、水分が逃げないようにしています。

美しいお肌を目指す方は是非、化学的な成分や添加物が入っていないオーガニックな石鹸や化粧水、オイルなどを使用してみてくださいね。

朝の洗顔でザラっとした手触りを感じたときに『すぐに出来る3つの肌あれ解消法』バラの花

コラム/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから
ならいごと800

ライタープロフィール

1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、うどん屋女将を経て、1993年より出版社に勤務。書店営業ののち単行本編集者となる。
家族が西洋医学では完治できない重篤な病に冒され、療養のために10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。
2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。在籍生徒数は約200名で、北は北海道、南は九州から通っている生徒さんも多数。
2012年10月30日にキレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年2月日本オーガニックライフ協会を設立。

hamariya

『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ

レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

気になる『「大人ニキビ」を美味しく食べて治す野菜』とは?

気になる『「大人ニキビ」を美味しく食べて治す野菜』とは?

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

Pocket

コメント

  1. Seven より:

    This makes evintyherg so completely painless.

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』