得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.03.01

乾燥しているいまが干しどき!『干し野菜のススメ』

Pocket

冬は大気が乾燥していて美容には大敵。でもそんな気候だからこそチャレンジしたいのが「干し野菜」。晴天が続く日を見計らって何でも干してしまいましょう。干すコトによるメリットはたくさんあります。

乾燥しているいまが干しどき!『干し野菜のススメ』干し野菜を作っているところ

1.栄養価が上がる-『干し野菜のススメ』

太陽の光を浴びることによってビタミンDが生成されます。ビタミンDはカルシウムの沈着を促進するので、骨や歯が強くなります。

2.保存性が上がる-『干し野菜のススメ』

生のまま冷蔵庫に保存していると、「早く使い切らなくちゃ・・・」と思いつつもしんなりしてしまったり、忘れられている野菜ありませんか?干すコトによって野菜の組織の水分量が少なくなり、長期間保存するコトができます。使う分だけ水に戻して料理に使えば良いのでとっても便利。

3.かさが減る-『干し野菜のススメ』

野菜の組織の水分が減るので当然小さくなっていきます。干す前と干したあとを比べると半分以下に。収納場所にも困りません。

4.ほったらかしでOK!-『干し野菜のススメ』

一度干してしまえば、1週間弱ほったらかしでOK!お天気には気をつけなければいけませんが、たまにどうかな〜と見て裏返したり、飛ばされていないか確認する程度。

▼こちらは干す前乾燥しているいまが干しどき!『干し野菜のススメ』干す前の大根

▼こちらは干して3日め
晴天続きだったのでからからになっています。
乾燥しているいまが干しどき!『干し野菜のススメ』干した後の大根

干し野菜を美味しく作るポイント-『干し野菜のススメ』

  • ・干しざるがあるとまんべんなく空気が当たるので、早く干すことができます。新聞紙の上に並べても構いません。
  • ・干した野菜は密閉容器(チャック式の袋でもOK)に保存してください。乾燥が不十分だとカビが生えてきますのでご注意を。
  • ・干しやすい野菜は、大根・にんじん・蓮根などの根菜類。まずはこちらからチャレンジしてみてください。

 

記事/管理栄養士 片山けいこ

IMG_4099

食のマーケティング会社で開発・管理運営など多岐にわたり経験。
保育園栄養士、行政の母子保健での講師を経て、現在はフリーランスとして、サイトへのレシピ・コラムの執筆、ケータリングやプチギフトの制作、料理教室、ワークショップなどフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らない あたたかみのある自然体な食ライフスタイルを
提案している。
現在2歳と0歳の母。

うれしい・たのしい・UTIGOHAN k-meals,
Facebookページ

その他のおすすめ記事

何にでもつかえる『万能野菜だし ベジブロス』をつくってみよう

何にでもつかえる『万能野菜だし ベジブロス』をつくってみよう

野菜の繊維もそのままに『あったかスープでデトックス』

野菜の繊維もそのままに『あったかスープでデトックス』

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

100人100色 〜自然であたたかみのある食ライフを届けたい〜片山けいこさんのお話し

100人100色 〜自然であたたかみのある食ライフを届けたい〜片山けいこさんのお話し

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』