得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.04.28

栄養士も太鼓判!『美容にも効果的な日本の伝統的な飲み物』とは

Pocket

日本の伝統的な飲み物、甘酒。実は、甘酒には美味しくて健康にいいだけではなく、女性に嬉しい成分がたくさん含まれているのです。そんな甘酒の知られざる美容効果をご紹介します。
甘酒は、主に米と酒粕や米麹を原料としてつくられる、古くから日本で親しまれてきた飲み物です。
甘酒は「酒」という名前がつくものの、アルコール含有はわずかで、健康にも美容にも効果が。カラダに嬉しい成分をたくさん含んでいる素晴らしい飲み物なのです。

米麹から作られた『甘酒』を選びましょう―『美容にも効果的な日本の伝統的な飲み物』

甘酒には2つの種類があり、製法によってアルコールが含まれるものとノンアルコールのものに分けられます。

◎「酒粕(さけかす)」からつくられる『甘酒』

酒粕を水で溶いてつくられるアルコールを含むタイプの甘酒。甘みをつけるためにたくさんの砂糖を混ぜ合わせているので、カロリーが高めです。市販で多く売られているのはこのタイプです。

◎「米麹(こうじ)」からつくられる『甘酒』

米に米麹を加え、糖類などの添加物を加えず発酵させて作られた甘酒。砂糖を加えずにつくられる自然の甘みが特徴です。
アルコール分がなく、ソフトドリンクのように飲みやすいのも特徴です。非常に高い栄養価を含んでいます。

『甘酒』はどっちを選ぶべき?

多くの栄養があり美容効果が得られるのは米麹から作られた甘酒です。
また、必要以上の発酵を止めるため、加熱殺菌されたものは成分の働きが弱くなっています。できれば「生甘酒」としても売られている、加熱されていないタイプを選びましょう。
もちろん自宅で作ってもOKです。

甘酒の魅力的な効果―『美容にも効果的な日本の伝統的な飲み物』

栄養値が高くて美容にも効果がある甘酒。
甘酒に含まれている具体的な成分は、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・葉酸・パントテン酸・ビオチンなどのビタミン類をはじめ、食物繊維・オリゴ糖・ブドウ糖やシステイン・アルギニン・グルタミンなどのアミノ酸です。

1.『甘酒』美白効果成分がある!

米麹からできた甘酒にはコウジ酸という成分が含まれています。これはメラニンの生成を抑制する働きがあり、シミやくすみを改善し、肌を白くする効果があります。
コウジ酸を塗って得られる美白効果は、医薬部外品としても認められており、信頼の成分です。肌に塗る方が効果はより確実ですが、飲んでも効果が期待できます。

2.『甘酒』便秘を改善できる!

老廃物を掃除する働きがある食物繊維と、腸内にいる善玉菌の栄養となるオリゴ糖を豊富に含んでいるため、甘酒は「ジャパニーズヨーグルト」とも呼ばれたりします。
腸内環境を整え、便秘を改善してくれるありがたい効果があるのです。腸内環境を整えるのは、健康のためにはとても重要です。

3.『甘酒』肌の健康維持に役立つ!

甘酒に多く含まれるビタミンB群(主にビタミンB2,B6)は、皮膚や粘膜の健康を助けます。
肌荒れの予防や保湿、新陳代謝を促して皮膚のターンオーバーをスムーズにするのに役立ちます。美肌をキープするには欠かせない栄養素です。

4.『甘酒』ダイエットにも有益!

甘酒に含まれるビタミンB2は、エネルギー代謝の中心的な役割を果たすビタミンの1つです。
特に脂肪をエネルギーとして燃やす際に必要な栄養素です。甘酒にはこのビタミンB2もしっかり含まれています。

5.『甘酒』疲れにも効果的!

甘酒は江戸時代から、夏バテに良いとされ、夏に売られていたという話があります。
それはブドウ糖を多く含み、さらにブドウ糖を代謝するビタミンB1と、さまざまな消化酵素が豊富に含まれているためです。
エネルギーをスムーズに吸収・利用できるので、夏バテや運動後、病中病後にも良いと言えます。

6.『甘酒』アンチエイジングも期待できる!

甘酒にはポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があると注目されているフェルラ酸が含まれています。他にも美白効果なども報告されています。
その多くはまだ動物実験段階ですが、アンチエイジング効果が期待されている成分です。

健康的に綺麗になるための手助けをしてくれる成分がたくさんはいっている甘酒。
お米と麹があれば自分で作ることもできるので、週末や日々の自分時間につくってみるのも良いですね。

文/Dr.Note
参考記事:栄養士も薦める飲む美容サプリ!?「甘酒」の知られざる6つの効果
Dr.Noteでは、読者のみなさまの状況にあわせて、体に関する悩みを解決したり、理想とする心身づくりのための習慣づくりをサポートしています。私たちが実現したい社会は、ヘルスケアに関する正しい情報を誰もが簡単に得られること。氾濫する情報の中で、信頼出来る情報だけを医療関係者が精査してお届けできるよう、Dr.Note独自の基準を設けています。医学的な情報をわかりやすくレシピにするとともに、医師、管理栄養士、薬剤師などの各部門の専門家が一つ一つのレシピを監修することで、どこよりも信頼できる情報をお届けします。
Dr.Noteホームページ

その他のおすすめ記事

管理栄養士が教える『「便秘を解消する野菜の食べ方」と知っておきたい「食物繊維の種類」』

管理栄養士が教える『「便秘を解消する野菜の食べ方」と知っておきたい「食物繊維の種類」』

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

管理栄養士直伝!『理想的な朝ごはん』のすすめ

管理栄養士直伝!『理想的な朝ごはん』のすすめ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.07.18

漬ける時間0分!100回揉むだけで簡単に作れる『夏野菜の即席漬け』

2017.07.16

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2017.07.15

味付けかんたん『えびとアスパラの塩麴炒め』

2017.07.14

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

2017.07.13

~保存食のある暮らし~旬のそら豆を使って『自家製豆板醤』

2017.07.11

フェロモン漂う女性は魅力的『効率よくフェロモンを出すためにしたいコト』

2017.07.10

旬野菜をちょい足し『紫外線に負けないそうめん美容食』

2017.07.09

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2017.07.06

爽やかにデトックス!!ハーブたっぷり『小松菜とキウイのグリーンサラダ』

2017.07.02

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

編集部おすすめ記事

2017.07.16

キンキンに冷やしてどうぞ!『焼きなすの松前漬け』

2017.07.11

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2017.07.09

作り置き常備菜シリーズ『基本のピクルス』とアレンジレシピ

2017.07.08

おつまみや晩酌に『枝豆ペペロンチーノ』

2017.07.07

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームひとり歩きながら聞きたい一曲『UPSIDEDOWN』~

2017.07.02

作り置き常備菜シリーズ『ジューシー鶏ハム』とアレンジレシピ

2017.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2017.06.29

濃厚なトマトのうまみがぎゅっとつまった『【簡単&本格】金のいぶきトマトリゾット』

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』