得するコト得するコト
まめ知識 2016.02.10

ペットとのスキンシップで細菌感染!?飼い主が気をつけたい5つのこと

ペットは大切な家族。あるいは絶対裏切らない親友、恋人、いやそれ以上…という飼い主の方々は多いでしょう。でもちょっと気をつけて!ペットとの生活やスキンシップには思わぬ落とし穴があるのです。

昔から人間は、動物と共に暮らすことで様々な恩恵を受けてきました。
現代でも、動物と触れ合うことで、気持ちが安定したり不安感が和らぐという精神的な効果や、一緒に散歩したり遊んだりして運動する機会が増えるといった健康効果を得ることができます。
けれども一方で、ペットとの「近すぎる関係」には思わぬリスクも潜んでいるのです。

◆心身ともに癒してくれる可愛いペットだけど…

動物を飼う人達の間では「ペットは家族の一員!」という考えは珍しくありません。
また最近では、動物とのスキンシップは血圧やコレステロールを下げる効果があるという調査結果などもあり、「ペットの医療的な価値」にも注目が集まっています。

◆添い寝やキスなどのスキンシップで感染症に!?

af0100035500w_(1)
出典:http://woman.mynavi.jp/
しかし一方で、ペットが飼い主の健康を害する場合もあるということをご存じでしょうか?
ペットと添い寝をしたり、食事を一緒にしたり、顔をぺろっとなめられたりした時に、飼い主が感染症を罹ってしまう危険性があるのです!

◆ペットからヒトへ感染する病気って?

幸い、世界の国々に比べて日本の「動物由来の感染症」事例は少ない方です。
それでも厚生労働省が発行する「動物由来感染症ハンドブック」によると、日本でも身近な動物からヒトへの感染事例として、以下のようなものがあります。
1.動物との「ふれあい施設」に来場した人に「腸管出血性大腸菌感染症」が集団感染。
2.犬猫が普通に持っている病原体により、「Q熱」「ねこひっかき病」などの感染症を発症。
3.ペットのミドリガメなど爬虫類から「サルモネラ菌」が子供に感染し、重篤な症状に。

◆飼い主が気をつけたい5つのこと

ペットを健康に保つことは、飼い主の健康を守ることでもあります。そこで飼い主が気をつけたいポイントは以下の5つです。

1.ペットと一緒に寝たりキスするなどの「過度な密着」は控えましょう

口移しで餌を与えたり、スプーンや箸を共有するのもNG。細菌やウイルスがペットの口の中や、爪にいる場合があるので注意が必要です。

2.ペットと遊んだ後は水と石けんで手足などを洗いましょう

100512washhands_after_decision-_thumb-480x278
出典:http://www.lifehacker.jp/
動物の毛に寄生虫の卵やカビがついていることがあります。また、傷口をなめられたり、引っかかれたり咬まれたりした場合はすぐに洗浄、必要に応じて受診を。

3.飼育環境は常に清潔に

タオルや敷物、水槽など細菌が繁殖しやすいものはこまめに清掃・交換し、換気も十分に。ペットもブラッシングや爪きりをマメにして、ペットの清潔も保ちましょう。
20110620180437

4.排泄物は放置せず迅速に処理

糞や尿が乾燥すると、その中の病原体が空気中に舞い、吸い込んでしまう危険性があります。また、排泄物を触ってしまったら必ず手洗いを。

5.予防接種や必要な登録を怠らないようにしましょう

また、動物病院での定期的な健診、駆虫を心がけましょう。
ペットから人間に感染する病気の多くは、獣医による定期健診で発見、治療することができるそうです。
51a345feefa51bd5eed9a3cb59a8708b_s愛犬や愛猫などペットの健康はもちろん、自分の健康のためにも、常に清潔にして「近すぎる」スキンシップは避け、ぜひ動物病院での定期健診を心がけるようにしましょう!

文/Dr.Note
参考記事:ペットとのスキンシップで細菌感染!?飼い主が気をつけたい5つのこと
Dr.Noteでは、読者のみなさまの状況にあわせて、体に関する悩みを解決したり、理想とする心身づくりのための習慣づくりをサポートしています。私たちが実現したい社会は、ヘルスケアに関する正しい情報を誰もが簡単に得られること。氾濫する情報の中で、信頼出来る情報だけを医療関係者が精査してお届けできるよう、Dr.Note独自の基準を設けています。医学的な情報をわかりやすくレシピにするとともに、医師、管理栄養士、薬剤師などの各部門の専門家が一つ一つのレシピを監修することで、どこよりも信頼できる情報をお届けします。
Dr.Noteホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.05.07

彩り鮮やかなハーブを使った『実山椒と紅花のおにぎり』

2021.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2021.05.05

子どもとおうちインテリア『端午の節句に 卓上こいのぼり』

2021.05.04

袋でモミモミ!カリッと香ばしい『黒糖ときなこのスクエアクッキー』

2021.05.02

いつものおやつもひと工夫!端午の節句に『笹もち』

2021.05.02

ごはんに!野菜に!お豆腐に!おたすけごはん『ニラそぼろ』

2021.04.27

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

2021.04.25

おたすけごはん!初心者でもつくれる『大根と鶏のピリ辛煮』

2021.04.24

野菜がすすむ!『白味噌ヨーグルトのバーニャカウダ風』

2021.04.24

旬を味わう『そら豆とカリカリベーコンのポテトサラダ』

編集部おすすめ記事

2021.05.08

甘くてちょっとほろ苦い!『くきたち菜の肉巻きサンド』

2021.05.08

出汁の旨みがじゅわっと広がる『巾着煮』

2021.05.07

買うより幸せ。『焼きのりで簡単!海苔の佃煮』

2021.05.05

【七十二侯】第十九侯「蛙始鳴」

2021.05.04

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2021.04.30

【七十二侯】第十八侯「牡丹華」

2021.04.28

こどもの日のおやつに『もちもちまんじゅう』

2021.04.26

【まもなく締切!】ケノコトライター・デザイナー・フォトグラファーを募集しています。

2021.04.26

なんでも使える!『白味噌ヨーグルトのゴマダレ』

2021.04.26

スーパーで買える食材で作る、北京ダック風『鶏肉のテンメンジャン照り焼き』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』