得するコト得するコト
まめ知識 2020.01.29

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

すこし疲れている時、口の周りにニキビができたりしませんか?
そんなとき、実は口の周りは子宮の状態を表しています。
生理不順や生理痛などのトラブルがあるときにおすすめな食材があるのです。
それは「黒豆」。その効果効能をご紹介します。

女子力アップには『黒豆』を!

黒豆は大豆の仲間で、正式な名称は黒大豆(くろだいず)。 日本ではお正月料理のおめでたい豆として、古くから食されて来ましたが、最近になってこの黒豆の豊富な栄養素とすばらしい効能・効果がクローズアップされ、注目を集めています。
黒豆には大豆と同等の栄養成分が含まれている上に、皮の黒い部分にはポリフェノールの一種である「アントシアニン」が含まれていますので、大豆以上にすばらしい効能がある事がわかってきたそうです。
子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト
出典:http://www.sirogohan.com/

『黒豆』の効果・効能

【アントシアニン】
血液のサラサラ効果・肌荒れ予防や美肌効果・アンチエイジング効果・ダイエット効果・眼精疲労改善・視力改善効果
【イソフラボン】
骨粗しょう症を予防
【チロシナーゼ】
シミを作る酵素を抑える働き
【サポニン】
肥満予防
【レシチン、ビタミンE】
白髪や抜け毛を予防
【イソフラボン】
更年期障害を軽減する効果
【大豆ペプチド】
疲労を回復する働き
【その他】
耳鳴り改善効果・不眠改善効果・便秘予防効果・冷え症予防効果・夜間頻尿改善・関節痛予防効果など
(引用:健康知識の宝箱)

オーガニック・マクロビオティックでは黒豆は冬におススメの豆で、陰陽五行の水のエネルギーの臓器、子宮や卵巣といった生殖器を養う力があるといわれています。
黒豆は玄米ご飯に1割くらい入れて、昆布と一緒に炊いても美味しいですが、お茶で飲むとさらに効果がアップします!

『黒豆茶』の効果・効能

骨&関節の疾患・気管支炎・空せき・不妊症・腎臓&膀胱の疾患、声を良くすると言われ、のどに良く、体を温めリラックスさせる。 また、安産や妊娠を望む女性にも適しています。

『黒豆茶』の作り方

『黒豆茶』の【材料】

昆布

2cm

黒豆

100cc

400cc

【作り方】

1.昆布と豆と水を鍋に入れ、1~4時間浸水した後に昆布を細かく刻む。
2.弱火で約20~30分間煮る。
3.煮汁をこして、熱いうちに飲む。
(残った豆はやわらかくなるまで煮て食べる)

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト黒豆茶

出典:http://www.tike.cx/

この方法以外にも、黒豆を軽く洗ってからフライパンで乾煎りし、それを急須に入れお湯を注いで、2~3分待つと出来上がる、という方法もあります。
一般的に売られている黒豆茶はこの方法で作られていますので、製品になったものをお買い求めになる前に、ちょっとひと手間かけてご自分で作ってみるのも良いですよ。
炒った黒豆はそのまま食べても美味しいので、多目に炒って瓶などの容器にいれておけば、スナック代わりに食べる事が出来ます。

『黒豆』は女性の美しさを引き出す素晴らしい豆

★目の周りのクスミやたるみ
★口の周りのニキビや吹き出物、
★かかとが固くなってひび割れている
こんな身体からのサインが現れている人は、子宮や卵巣の働きが弱ってきていますので、黒豆茶でケアしてあげてみてはいかがですか?

記事・レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

季節別に食べたい『豆のパワーをバランス良く取る方法』とは?

季節別に食べたい『豆のパワーをバランス良く取る方法』とは?

大豆イソフラボンで女子力アップ『カレー風味が美味しいおからのキッシュ』

大豆イソフラボンで女子力アップ『カレー風味が美味しいおからのキッシュ』

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.12.05

材料4つ。シンプルで華やか『レモン大根』

2020.11.29

暮らしのレシピ『みかんの皮の万能洗剤』

2020.11.27

子どもの『やり抜く力』を育てる!声かけと環境づくり

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2020.11.23

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

2020.11.21

とまらない美味しさ!『小あじとセロリのかぼす南蛮漬けサラダ』

2020.11.20

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2020.11.20

便秘改善・冷え性に!栄養満点かぼちゃスイーツ『パンプキンモンブラン風パフェ』

2020.11.19

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

編集部おすすめ記事

2020.12.03

『旬食材』白菜ー旨味たっぷり、加熱も生食も美味しい冬の野菜ー

2020.12.03

旬の大根で作る簡単晩ご飯『豚バラのみぞれ煮』

2020.11.30

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2020.11.27

「料理酒」と「酒」はどう違う?『暮らしに合わせて使いたい、料理のお酒』

2020.11.25

ママは真剣子どもは不安『楽しく歯磨き習慣をつけるコツ』

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

もともとは工業製品『マスキングテープがかわいい雑貨になった理由』

2020.11.24

コクと旨味のバランスおかず『ごぼうの甘酢煮』

2020.11.23

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2020.11.23

濃厚ソースで食べ応え抜群!『お豆腐ステーキ~ピーナッツソース和え~』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2020.11.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』