得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.04.01

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

LINEで送る
Pocket

すこし疲れている時、口の周りにニキビができたりしませんか?
そんなとき、実は口の周りは子宮の状態を表しています。
生理不順や生理痛などのトラブルがあるときにおすすめな食材があるのです。
それは「黒豆」。その効果効能をご紹介します。

女子力アップには『黒豆』を!

黒豆は大豆の仲間で、正式な名称は黒大豆(くろだいず)。 日本ではお正月料理のおめでたい豆として、古くから食されて来ましたが、最近になってこの黒豆の豊富な栄養素とすばらしい効能・効果がクローズアップされ、注目を集めています。
黒豆には大豆と同等の栄養成分が含まれている上に、皮の黒い部分にはポリフェノールの一種である「アントシアニン」が含まれていますので、大豆以上にすばらしい効能がある事がわかってきたそうです。
子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト
出典:http://www.sirogohan.com/

『黒豆』の効果・効能

【アントシアニン】
血液のサラサラ効果・肌荒れ予防や美肌効果・アンチエイジング効果・ダイエット効果・眼精疲労改善・視力改善効果
【イソフラボン】
骨粗しょう症を予防
【チロシナーゼ】
シミを作る酵素を抑える働き
【サポニン】
肥満予防
【レシチン、ビタミンE】
白髪や抜け毛を予防
【イソフラボン】
更年期障害を軽減する効果
【大豆ペプチド】
疲労を回復する働き
【その他】
耳鳴り改善効果・不眠改善効果・便秘予防効果・冷え症予防効果・夜間頻尿改善・関節痛予防効果など
(引用:健康知識の宝箱)
オーガニック・マクロビオティックでは黒豆は冬におススメの豆で、陰陽五行の水のエネルギーの臓器、子宮や卵巣といった生殖器を養う力があるといわれています。
黒豆は玄米ご飯に1割くらい入れて、昆布と一緒に炊いても美味しいですが、お茶で飲むとさらに効果がアップします!

『黒豆茶』の効果・効能

骨&関節の疾患・気管支炎・空せき・不妊症・腎臓&膀胱の疾患、声を良くすると言われ、のどに良く、体を温めリラックスさせる。 また、安産や妊娠を望む女性にも適しています。

『黒豆茶』の作り方

【材料】

・昆布  2cm
・黒豆  100cc
・水  400cc

【作り方】

1.昆布と豆と水を鍋に入れ、1~4時間浸水した後に昆布を細かく刻む。
2.弱火で約20~30分間煮る。
3.煮汁をこして、熱いうちに飲む。
(残った豆はやわらかくなるまで煮て食べる)
子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト黒豆茶
出典:http://www.tike.cx/
この方法以外にも、黒豆を軽く洗ってからフライパンで乾煎りし、それを急須に入れお湯を注いで、2~3分待つと出来上がる、という方法もあります。
一般的に売られている黒豆茶はこの方法で作られていますので、製品になったものをお買い求めになる前に、ちょっとひと手間かけてご自分で作ってみるのも良いですよ。
炒った黒豆はそのまま食べても美味しいので、多目に炒って瓶などの容器にいれておけば、スナック代わりに食べる事が出来ます。

『黒豆』は女性の美しさを引き出す素晴らしい豆

★目の周りのクスミやたるみ
★口の周りのニキビや吹き出物、
★かかとが固くなってひび割れている
こんな身体からのサインが現れている人は、子宮や卵巣の働きが弱ってきていますので、黒豆茶でケアしてあげてみてはいかがですか?

記事・レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

季節別に食べたい『豆のパワーをバランス良く取る方法』とは?

季節別に食べたい『豆のパワーをバランス良く取る方法』とは?

大豆イソフラボンで女子力アップ『カレー風味が美味しいおからのキッシュ』

大豆イソフラボンで女子力アップ『カレー風味が美味しいおからのキッシュ』

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.09.08

二十四節気の暮らし方 「朝晩涼しくなってくる『白露』」秋の始まりを意識してみよう

2018.09.05

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2018.09.03

日本の暮らしの言葉『昔の暦、月齢ごとの月の名前』〜長月の暮らし〜

2018.09.02

お弁当におすすめ!なすとごぼうを使った『作り置きの常備菜』

2018.09.02

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

2018.08.31

おじいちゃんおばあちゃんに喜ばれる!敬老の日の贈り物『フラワーフォトフレーム』

2018.08.24

夏の終わりにおいしい冷茶でほっと一息『冷たい緑茶の楽しみ方』

2018.08.15

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2018.08.14

クリーム溢れる!ふわっ、しゅわっ『生シフォンケーキ』

2018.08.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『08 梅シロップのジンジャエール』

編集部おすすめ記事

2018.09.08

アレンジ自在『つるむらさきのごま和え2種』

2018.09.01

【ケノコトInstagram企画】9月の「日常のコト」を『#長月のコト』で投稿しよう

2018.08.31

残暑を楽しむ!エヌアセットおすすめ『溝の口周辺おでかけスポット』

2018.08.17

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

2018.08.07

家にある鍋を有効活用しよう!使い方によって調理時間も料理のおいしさも変わる『鍋』

2018.08.07

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2018.08.04

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2018.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2018.07.28

まぐろレアステーキとアボカドをサラダ丼仕立てに『まぐろステーキアボカドサラダ丼』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』