得するコト得するコト
美容 2016.02.23

『BMIとWHRが健康の鍵』自分の適正体重を知って健康美人に

BMIやWHRという言葉をご存知でしょうか。
健康でいるためには体重だけでなく色々な指標がありますよね。
見た目も大切ですが、数値で裏付けされた指標を利用しながら美しく健康美人を目指しましょう。

BMIって何だろう

みなさんは現時点で自分が痩せているか太っているかどう判断されますか?
「最近ちょっと太っちゃって~」「え~分かんない」という会話はよく耳にするのですが、痩せていると太っているの判断基準は「体重」でしょうか?
それとも「見た目」?お腹の「肉」付き?
客観的な指標の一つとしてBMI(Body Mass Index)というものがあります。
皆さん一度は聞いた事があると思いますが体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))で算出される値です。
体の総脂肪量とよく相関すると言われており、BMIが18.5以上、25未満が普通体重とされています。

18.5未満 低体重(痩せ型)
18.5~25未満  普通体重
25~30未満 肥満(1度)
30~35未満 肥満(2度)
35~40未満 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)

皆さん値はいかがでしょうか?
あくまでも身長と体重の関係のみからの数字なのでこれが絶対ではないと思いますが、(体脂肪率とは異なる)色々なところで参考にされている数字ですのである程度目安にできると思います。

長生きできる健康指標は「22」

この値が統計的にもっとも病気にかかりにくいのが22とされていてこれが標準に考えられています。
つまりBMI的には適正体重=(身長(m)×身長(m))×22という事ですね。

一方理想にされている体重は標準体重の86.4%といわれています。
理想体重=身長(m)×身長(m))×19 という事です。
女性はこの値を理想にされる事が多いらしいですね。

「痩せていればいるほど良い」というのは統計的には全く違い、上の指標でいう普通体重~肥満(1度)が1番長生きです。
つまり「健康」で「長生き」したければちょっとぽっちゃりしているぐらいがちょうど良いようです。
もちろん太りすぎればリスクが増えますが、痩せすぎるのはもっと気をつけなければならないようです。
tape-403593_1280

ヒップラインにはWaist Hip Ratio

体重とは違う指標でWaist Hip Ratioというものもあり、
ウエスト÷ヒップであらわされる腰まわりの形、つまりヒップラインのことです。

女性は0.7、男性は0.9が理想とされているようです。
この数値が1.0を超えると肥満とされるようです。
メタボの検診でも女性は腹囲が90センチ以上というのがありますが、おへそを中心に測るので通常のウエストより少し太めになり、女性の場合は3~6cmも多くなることがあります。
その他にも色々と基準にされている数字があるようですが、あまり気にしすぎて痩せ過ぎると健康に良くないという事が言えそうです。

厚生労働省の調べ(平成25年)によると、20代の日本人女性の21.5%、30代の日本人女性の17.6%が痩せすぎとの事ですので、あなたにとってそのダイエットは本当に必要なのか一度考えてみる必要もあるかもしれませんね!

記事提供

ダイエットの総合情報口コミ・ランキングサイトBe Diet (ビー・ダイエット)
体験者の本音の口コミがたくさん!最も評価の高いダイエット製品をチェック!
bediet

ライタープロフィール

HIVE鍼灸院・院長 桑原 拓也

kuwahara
鍼灸大学卒業後、都内の鍼灸院に勤務。 主任鍼灸師として働き、のべ1000人以上の人の治療に携わる。その後目黒区、学芸大学駅の近くに独立開業。美容室に往診へ行っていた経験を活かし、頭髪(脱毛・薄毛)の治療にも取り組んでいる。整形外科的な痛みや運動器、婦人科・不妊症、自己免疫疾患や小児・内科的なものから美容・疲れや肩こり等の不定愁訴の治療を取り扱っている。
鍼灸学士、はり師、きゅう師、登録販売者、介護予防運動指導員
ホームページ( http://www.hive.jp.net/ )

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2020.11.23

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

2020.11.21

とまらない美味しさ!『小あじとセロリのかぼす南蛮漬けサラダ』

2020.11.20

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2020.11.20

便秘改善・冷え性に!栄養満点かぼちゃスイーツ『パンプキンモンブラン風パフェ』

2020.11.19

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2020.11.19

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2020.11.18

簡単!秋のおやつに『アップルクランブル』

2020.11.15

唐揚げに飽きたら…子どももリピート『オーロラチキン』

編集部おすすめ記事

2020.11.25

ママは真剣子どもは不安『楽しく歯磨き習慣をつけるコツ』

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

もともとは工業製品『マスキングテープがかわいい雑貨になった理由』

2020.11.24

コクと旨味のバランスおかず『ごぼうの甘酢煮』

2020.11.23

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2020.11.23

濃厚ソースで食べ応え抜群!『お豆腐ステーキ~ピーナッツソース和え~』

2020.11.22

とろっと美味しい!秋に食べたい『里芋コロッケ』

2020.11.22

【七十二侯のコト】第五十八候「虹蔵不見」

2020.11.22

ブロック肉もホロホロに『豚肉とネギのジンジャースープ』

2020.11.21

旬野菜でダイエット&アンチエイジング!『冬は大根1本丸ごと食べよう』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』