知るコト知るコト
新しいコト 2016.02.18

素敵なパートナーが見つからない…それってもしかして『陽性(オス)化』かも

「素敵な人と出会い、恋に落ちる」
これはとても素敵なことですが、ステキな人と出会うには、「自分の努力」と「良いご縁」が必要です。
自分を磨く努力を怠らない前向きな女性が増えているのに、ご縁に恵まれないのはなぜなのか?? このことを真剣に考え続けた結果、「仕事モード全開で、心も体も陽性化している」 ”おひとりさま” という現象が見えてきました。

自分は陽性化?チェックしてみよう

【陽性化のチェックポイント】
1.洋服はパンツスタイルばかり
2.ナチュラルという名の手抜きメイク
3.部屋が汚れている
4.料理は嫌いで外食が大好き!
5.言葉がきつく、冷たい

この5つが全部当てはまったら、その方はかなり陽性化、すなわちオス化しています。

男と女は「陽と陰」

マクロビオティックではバランスの良い健康な状態を「中庸」と呼び、男性は「中庸より陽性より」、女性は「中庸より陰性より」であることを目指すと良いといわれています。

陰と陽は磁石と同じ関係で、違うことによりお互いひかれあうものと定義されています。
男性が中庸より陽性、女性が陰性であれば陰陽の差が生じ、その差が大きければ大きいほど男女が惹かれ合うという現象を生みだします。
わかりやすく言うと、男性は女性の陰性さに心を惹かれるものなのです。

陰性さとはどういうことだろう

やさしくて、やわらかくて、あたたかいこと

この三拍子が揃った人がいわゆる、女性らしい素敵な人で、トリプル陰性パワーで男性の心をぐっと引き寄せることができるのです。

私たち女性にとって現代社会は、仕事を通じて自己実現ができる素晴らしい時代ですが、「仕事をする」には、集中力や決断力といった男性的な陽性の力が必要ですので、仕事に熱中すればするほど、私たちは「やさしくて、やわらかくて、あたたかい」女性らしさから遠ざかってしまいます。

とはいえ、仕事をしないわけにはいかないという現実は変えられないので、仕事をしながらも陰性さを失わないように意識して生きることが、現代女性を幸せに導く近道です。
working-woman-1200X650
私たち女性が内側から醸し出すエネルギーは、着るものによって大きく変わるもの。 例えば着物を着ている時には、どんなアクティブな女性も「しとやか」に振る舞いますよね。 反対にパンツスタイルでいると、座っていてもついつい膝を広げてしまったり、大股で早く歩いてしまったりと、その動作が男性化しがちです。 あなたが頼りになる男らしい方との出会いを求めるなら、スカートや(ちょっと敷居が高いけど)着物を着る機会を増やしてみませんか?

そして、出会いはどこにあるかわかりませんので、たとえ職場にお目当ての人がいなくても、キレイにメイクして出勤してみましょう。 部屋はキレイに掃除をし、朝ご飯をきちんと食べて、時間があれあばお弁当をつくってみてはいかがですか?

和顔愛語(わげんあいご)を大事にしよう

そして自分が口にする言葉に気を配ることも、とっても大事なことです。
「和顔愛語」
この言葉は仏教の言葉で、「おだやかな笑顔と思いやりのある話し方で人に接すること」という意味です。

きつく冷たい言葉や不機嫌な態度は、あなたひとりに止まらず、次から次へとあなたの周りに伝わっていきます。 もしあなたがいつもニコニコと笑顔でやさしくあたたかい言葉をふりまき、ご機嫌な気分でいれば、周りの人にもそれが伝わり、楽しい空間が広がるはずです。
one-girl-1200X650-1200x630
自分の思い通りにならなかったり、嫌な仕打ちを受けたりして、いつも気分よくしようとしてもなかなかそうは出来ないものかもしれませんが、そんな時には、「これは人生の修行」だと思って、自分のために笑って優しい言葉をかけてみませんか?

【和顔愛語で倖せになる3つのステップ】

1. ニコニコ笑顔で相手に優しい言葉をかける
2. そのパワーで、相手の心が明るく楽しくなる
3. 自分と縁がある人の幸せを願うことで、自分の周りに愛を溢れさせる
あなたがきつく冷たい言葉を吐いてしまうのは、心も体も固く冷たくなっているから。。。

やわらかくて、やさしくて、あたたかい心でいるように意識すれば、多少のことは水に流せるようになります。 服装やメイク、暮らし方、そして言葉を変えると人生が劇的に動き出しますので、来年のバレンタインは2人で過ごしたいと思ったらぜひ、和顔愛語を心掛けてみてくださいね。

記事/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800

ライタープロフィール

1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

2020.09.15

嫁も食べたい『ナスと厚揚げのピリ辛あんかけ炒め』

2020.09.15

きのこをたっぷり使って満足度アップ!市販のソースで時短メニュー『きのこのペンネ』

2020.09.14

万能!具沢山の作り置き調味料『旨だれ』

2020.09.14

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2020.09.13

【食育のコト】新米を楽しもう!

編集部おすすめ記事

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

2020.09.12

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

2020.09.09

その靴大丈夫?成長に合わせた『子どもの靴選び』

2020.09.08

最近よく聞く「秋バテ」とは?体調を整える旬の食材のこと

2020.09.07

手こねでシンプル『フワあま!ちぎりパン』

2020.09.06

ズボラでも使い方を覚えたい!『発酵食品 酒かすマスターになる』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』