得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.04.26

穀物を食べよう。古くからの美肌食!スーパーフード『ハトムギ』生活のすすめ

LINEで送る
Pocket

「食べることは生きること。」
私たちが主食としている穀物。生きるためのエネルギーをつくってくれる貴重な栄養源です。穀物といってもお米や小麦、雑穀などさまざま種類があります。
今回はその穀物の中でもおすすめの「ハトムギ」で暮らしをより豊かにするヒントをお伝えします。

環境にも体にも優しい穀物

常温で長期間の貯蔵ができ、遠方への運搬も可能な環境にやさしい食べ物である「穀物」。 主食のお米はもちろんのことですが、雑穀と呼ばれる他の穀物も豊富な栄養素があるので、精白していない全粒穀物を1日の総重量の50~60%を目安に食べれば、心と体に強い中心軸をつくることができます。

穀物の種類を知ろう


小麦
大麦
ハトムギ
アワ
ヒエ
高きび
蕎麦
アマランサス
キヌア
シコクビエ
黒米
赤米
緑米

雑穀はプチプチとした独特の食感も魅力的。最近ではスーパーフードと呼ばれ話題を集めていますね。

女性の味方である「ハトムギ」

中でも一番おすすめしている穀物が「ハトムギ」です。
ハトムギは、中国最古の薬物書「神農本草経」の格付けでも「上品」に位置づけられ、副作用がないので長く服用すればするほど体を健やかに保ち、不老長寿によいと記されています。
hato10
世界三大美女と呼ばれた中国の楊貴妃が愛食していたことでも有名ですね。楊貴妃はたいへん肌が美しい女性で、皇帝を魅了し国を傾かせるほど夢中にさせましたが、美肌を維持するために「ハトムギ」と「ライチ」を食べ続けていたそう。日本には奈良時代頃伝来し、イボ取り効果・肌あれ解消効果があることから、江戸時代から女性の人気を集めていました。
美肌に良いといわれる食品は、これまでもテレビや雑誌でたくさん紹介されてきましたが、ハトムギほど歴史の古い美肌食はなかなかないのではないでしょうか?

「ハトムギ」の美容効果

美肌効果・美白効果
アンチエイジング
むくみ解消・便秘解消効果(デトックス効果)
アレルギー抑制効果
疲労回復・滋養強壮

ちなみに漢方薬のヨクイニンは、ハト麦の外側の殻をとり乾燥させたもので、下記の美肌効果が昔から認められています。

「ハトムギ」の美肌効果

体内に溜まった余分な老廃物や水分を排泄して、新陳代謝を上げる
肌内部の乾燥を防いで、滑らかに保湿する
免疫力が上がり、肌の炎症を抑えて、悪化するのを防ぐ

hatomugi_imggrp

手軽に「ハトムギ」を取り入れてみよう

ハトムギ茶

ハトムギはお茶としても優秀な食材で、ハトムギ茶にも同じ効能があることから、美肌を目指す女性に絶大な人気を誇っています。

ハトムギをご飯に混ぜる

簡単にハトムギ効果を得る料理方法は、ご飯に混ぜて炊くことです。玄米の1割~2割くらいを混ぜて炊くだけですので、肌荒れに悩んでいる方は今日からご飯にハトムギを混ぜてみてください。さらに冷え性が気になる方は、小豆とハトムギを玄米に入れれば、腎臓と肝臓が一度にケアされるので、症状が徐々に和らいできますよ。

ひとくちに「穀物」といってもいろんな食べ物があります。私たちが1日に必要な全カロリーのうち、穀類で50〜60%を摂取するのが理想的といわれています。毎日毎食食べるものだからこそ栄養を含んだものを食べたいですよね。いつものごはんに、ちょっとだけ「ハトムギ」を混ぜてみませんか?

記事/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800

ライタープロフィール

1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

『米ぬかで美容習慣のススメ』〜美肌・美白を叶える7つのチカラ〜

『米ぬかで美容習慣のススメ』〜美肌・美白を叶える7つのチカラ〜

小豆の栄養をまるごといただく『玄米小豆ごはんの焼きおにぎり』

小豆の栄養をまるごといただく『玄米小豆ごはんの焼きおにぎり』

春のよもぎってすごい『よもぎのもつ美容効果と薬効』

春のよもぎってすごい『よもぎのもつ美容効果と薬効』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』