知るコト知るコト
新しいコト 2016.03.07

介護先進国スウェーデンに学ぶ 『認知症ケアの秘訣』は心遣い

驚くべきことに、認知症介護の先進国・スウェーデンでは、認知症の高齢者のうち実に45%もの方々が一人暮らしを継続されています。いったいどんな仕組みが認知症患者さんを支えているのでしょうか?

スウェーデンの病院の数は日本より少ない

スウェーデンは、1972年に世界でいち早く高齢社会を迎え、高齢者ケアの軸足を「医療中心」から「福祉中心」に転換しました。医師から「アンダーナース」をはじめとする福祉ケアに携わる人々に切り替わり、高齢者の「見守り」と「自立支援」を徹底的に行う流れになります。

アンダーナースとは?

基礎的な医療の勉強を修めた介護スタッフのこと。認知症チームをはじめ、在宅リハビリチーム、在宅看取りチームなど、チームによる専門性を活かす試みが始まっています。

在宅訪問は1日わずか15分間

スウェーデンでは、短い訪問で、認知症の人が在宅生活を維持できています。エスロブ市では1軒・1人あたりの平均訪問時間は、わずか15分というから驚きです。
訪問の間、アンダーナースと利用者は途切れなく会話を続けています。短時間で効率よく済むのは、アンダーナースの業務から家事援助の“掃除・洗濯”を、2週間に1度程度のサービスパトロールチームの仕事として切り離したこと。そして真空パックの調理食で、料理の手間をなくしたことが、15分訪問を可能にできるんですね。
961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s

心遣いある支援=「オムソーリ」ケアとは?

すべてのアンダーナースが共通して取り組んでいるのは、「オムソーリ(Omsorg)」と呼ばれるケアです。
オムソーリとは、スウェーデンに古くからあった言葉で、 「悲しみや幸せを分かち合う」という原義です。なかでも認知症ケアにおける、オムソーリを構成するキーワードは、次のようなものです。

・ポイントを絞ったニーズケア

その人にとっての必要なケアは何か、よく観察し、ポイントを絞る

・できることは手伝わず、できないことだけを援助する

「お世話」ではなく「自立支援」、を常に念頭に置く

・チームプレー

いつでも助け合えるように、利用者の状態をチーム全員で把握しておく

・非マニュアル

「クリスマスまで生きたい」という末期患者がいれば、季節外れでもクリスマス飾りをする

・入念で丁寧なケアをする

公的なケアを受け入れてくれない利用者がいれば、時には60回も通って利用にこぎ着ける

・機転をきかせて、臨機応変に

家に入った瞬間、相手の状況をみてその日の優先順位を組み立てる

・介護者自身が自分の心を静かに保つ

常に心を静かに保つ、動作にも気ぜわしさが感じられない

・豊富な会話、声の力

些細なことからも会話を膨らませ、相手からも会話を引き出す

・ともだちのような親しさと節度

フレンドリーに接するが、親しき仲にも礼儀あり、のスタンスは貫く

要約すると、感情を持つ人間によって行われる、入念で心遣いある支援ともいえるでしょうか。高齢の利用者の喪失感(いたみ)に共鳴するケアが、高齢者の自立心を育み、悪化を防ぐことにつながる、ということです。

介護先進国といわれているスウェーデン。
介護は人と人との関わりなので、心に寄り添うケアが自立に繋がるのかもしれません。
日本の認知症ケアは“治療”を前提とした医療が主体となっているのが現状だそうです。認知症を悪化させない方法を考えること、そして介護職の地位向上を進めることとともに、心に寄り添う「オムソーリ」の概念がもっと広まっていくと、日本の介護意識も変わりそうですよね。一人でも多くの人に広まりますように。

記事提供/治療note
参考記事:認知症、スウェーデンでは重症化しない!? 介護先進国に学ぶケアの秘訣images

治療ノートは治療で悩む方のためのメディアです。
治療方法ごとの特徴を解説したコンテンツと患者さんの体験談で、病気になった方のお力になることを目指しています。
病気になった際に役立つコラムもやっていますので、ぜひチェックしてみてください。
facebook
twitter
ホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

編集部おすすめ記事

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』