知るコト知るコト
家のコト 2016.03.07

これから住む場所、どう選ぶ?(2)~「暮らしやすさ」で見る人気の街~

前回は、「住んでみたい!」で見る人気の街をご紹介しました。
憧れのあの街に住んでみるのも素敵ですが、自分のライフスタイルに合った「暮らしやすさ」で街を選択するのもまたひとつ。

machi

それでは、2015年度の「住みよさランキング」を見てみましょう。

第1位 千葉県印西市
第2位 愛知県長久手市
第3位 石川県能美市
(出所:東洋経済ONLINE「住みよさランキング2015」2015年6月23日)

毎年、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」5つの観点で調査されているこのランキング。選ばれたBEST3の魅力はどんなところにあるのでしょう。

なんと4年連続、第1位!『千葉県印西市』ってどんな街?

昭和59年以降、急激に人口が増加し、現在も人口の流入が続いている千葉ニュータウン。
イオンやコストコなどの大型商業施設がたくさんあり、お買い物には便利なエリア。おしゃれなカフェやレストランも増えているようです。
公園や児童館も多く、子どもを遊ばせる場所に困ることはなさそう。

lgf01a201309241600

そして、住むとなれば気になるのが通勤事情。
北総線は、他3線と乗り入れているのでとっても便利。羽田空港まで1本で行けて、逆に成田空港までも行けてしまうので、出張が多い方にはポイント高いですね。

便利さだけでなく、周辺に残る里山などの豊かな自然があるコトも“住みよさNo.1”の理由。
「吉高の大桜」や「印旛沼」は有名ですが、「奇跡の原っぱ」と呼ばれる草深原には、本州ではなかなか見ることが出来ないキツネが生息。
お休みの日にはたっぷり自然を満喫して、エネルギーチャージ出来そうですね!

kisekino harappa

歴史あり・新しい街並みあり・田園風景ありの『愛知県長久手市』

羽柴(豊臣)秀吉と徳川家康が直接刃を交えて戦った「小牧・長久手の戦い」で有名な歴史の街。

市民の平均年齢が37.7歳という全国1位の若さ(2010年国勢調査)が特徴でもある長久手市、西部には新しい街並みが見られ、東部には昔ながらの豊かな田園風景が残り、南部にはおしゃれな住宅街が広がり、北部には地域行政活動の拠点となる市役所・・・もうこれだけで暮らしやすそうな雰囲気が満載ですね。

denen

そんな長久手市は、街づくりに意欲がある若者が多い街でもあります。
自分達で地域を考え、もっと魅力ある街にしたいという意欲のある市の若手職員と、公募で集まった若手市民が一緒になって取り組むプロジェクト。会社員や公務員、大学生など年齢や職業の垣根を越えて“自分達の街を良くしたい”と思える。
それだけ住む人達にとって愛着が持てる、魅力的な街ということなのでしょうね。

lgi01a201312111100

住みながらにして観光気分も味わえる『石川県能美市』

近年の新幹線開業で注目が集まっている北陸。
能美市は石川県の南部に位置し、有名な「九谷焼」の産地としても知られます。陶芸村や資料館など、焼き物好きなら、掘り出し物を探して一日そこで過ごしてしまいそう。
海・川・山・平地に恵まれたとても豊かな土地で、夏は暑く、冬は雪が多く季節感がはっきりしているのも大きな特徴。

rokuro

観光地としても人気ですが、やはり“住みよさNo.3”に輝くには理由があります。
そのひとつが、市が育児を積極的に応援しているコト。
児童館や図書館が充実し、親子で楽しめるイベントやワークショップも盛んに開催されている他、働くプレママやママのための情報サイトなど、その充実ぶりは圧巻。
「妊娠期や出産後も安心して働き続けられる環境」=「家族みんなが楽しく暮らせる」方程式が、この街では成り立ちそうです。

21094_744916152287993_4849136361125363298_n

街並みや雰囲気の良さだけではない、その土地だからこその暮らしやすさ。
2回にわたってご紹介をしてきた“住んでみたい街BEST3”と“住みよい街BEST3”、気になる街はありましたか?
自分にぴったりの街、ぜひ見つけてみてくださいね。

文/株式会社グローバル・トラスト

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

編集部おすすめ記事

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』