作るコト作るコト
料理 2016.03.14

常備菜にぴったり やさしい酸味の『鯖の南蛮漬け』

日持ちがする食べ物は、忙しい毎日にとって、あると重宝するお助け品。
しっかりおかずにもなるこちらのレシピは、酸味が苦手な方でも大丈夫。
やさしい酸味の粒マスタードが、味のアクセントになってぱくぱく食べられること間違いなし。
南蛮酢のレシピはいろんなお料理にも活用できそうですね。

材料(2人分)

サバ 1尾
玉ねぎ 1/2個

酢 200cc
砂糖 大さじ3
醤油 大さじ1
粒マスタード 大さじ1

植物油 適宜
片栗粉 適宜

1. *サバの下ごしらえ*
サバを3枚におろし、2.5cm幅に切る
海水より濃い塩水に15分漬けてからペーパータオルで水気と血をしっかり取って、臭みを抜く

2. *南蛮酢を作る*
酢と砂糖を小鍋に合わせて火にかけて沸騰させる
醤油と粒マスタードを加えてから冷ます

3. 玉ねぎを千切りにして水によくさらしザルに取って水気をよく取っておく

4. ビニール袋に片栗粉とサバを入れて口を閉じ、粉がまんべんなく着くように振る
余分な粉をはたいてから、170度の油でカラッと揚げる
油きりしてから南蛮酢に漬ける

ポイント

・鯖の臭み取りは、塩水につけることで簡単に処理できます
・粒マスタードの優しい酸味が、酸っぱいのが苦手な人でも食べやすくしてくれます
・日持ちするので多めに作って常備菜にしてもいいですね

レシピ/出張料理人 ひな
00000017_prof
「ひなや」出張料理人。
大阪生まれ兵庫京都育ちの関西人。
「食は愛」の家訓のもと育つ。
鎌倉を中心に関東圏で京都の家庭料理「おばんざい」をケータリング。

ブログ「ひなやのごはん」
ひなやfacebook

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

編集部おすすめ記事

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』