作るコト作るコト
料理 2016.03.14

常備菜にぴったり やさしい酸味の『鯖の南蛮漬け』

日持ちがする食べ物は、忙しい毎日にとって、あると重宝するお助け品。
しっかりおかずにもなるこちらのレシピは、酸味が苦手な方でも大丈夫。
やさしい酸味の粒マスタードが、味のアクセントになってぱくぱく食べられること間違いなし。
南蛮酢のレシピはいろんなお料理にも活用できそうですね。

材料(2人分)

サバ 1尾
玉ねぎ 1/2個

酢 200cc
砂糖 大さじ3
醤油 大さじ1
粒マスタード 大さじ1

植物油 適宜
片栗粉 適宜

1. *サバの下ごしらえ*
サバを3枚におろし、2.5cm幅に切る
海水より濃い塩水に15分漬けてからペーパータオルで水気と血をしっかり取って、臭みを抜く

2. *南蛮酢を作る*
酢と砂糖を小鍋に合わせて火にかけて沸騰させる
醤油と粒マスタードを加えてから冷ます

3. 玉ねぎを千切りにして水によくさらしザルに取って水気をよく取っておく

4. ビニール袋に片栗粉とサバを入れて口を閉じ、粉がまんべんなく着くように振る
余分な粉をはたいてから、170度の油でカラッと揚げる
油きりしてから南蛮酢に漬ける

ポイント

・鯖の臭み取りは、塩水につけることで簡単に処理できます
・粒マスタードの優しい酸味が、酸っぱいのが苦手な人でも食べやすくしてくれます
・日持ちするので多めに作って常備菜にしてもいいですね

レシピ/出張料理人 ひな
00000017_prof
「ひなや」出張料理人。
大阪生まれ兵庫京都育ちの関西人。
「食は愛」の家訓のもと育つ。
鎌倉を中心に関東圏で京都の家庭料理「おばんざい」をケータリング。

ブログ「ひなやのごはん」
ひなやfacebook

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.02.27

ピンクが可愛い春のお菓子『苺ミルクココナッツマフィン』

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

2021.02.20

フライパンだけで仕上げる『簡単!もちもち!大根もち』

2021.02.20

余寒見舞いで気遣いの心を贈りましょう

2021.02.19

今が旬!胃腸を健康に保つ『キャベツをつかった作り置きおかず』

2021.02.19

和食屋のまかないめし『蛤うどん』

2021.02.17

小さくて安いイチゴでも簡単に『イチゴ大福』

2021.02.16

チーズの美味しさを存分に味わおう!日持ちする材料だけで作る『パルミジャーノスパゲッティ』

編集部おすすめ記事

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

旬の小松菜を味わおう!ナンプラー香る『エスニック風小松菜チャーハン』

2021.02.25

紙コップでつくる『カフェモカ蒸しパン』

2021.02.24

【七十二侯のコト】第五侯「霞始靆」

2021.02.24

主役としていただきたい『パクチーサラダ』

2021.02.22

材料2つでできる!子供が大好き♪裂いて楽しい『さけるチーズ』

2021.02.21

はじめてのナチュラルフード『毎日を丁寧に暮らす』

2021.02.21

春の山菜をたべよう。この時季だけの贅沢『ふき味噌(ふきのとう味噌)』

2021.02.21

カラダが喜ぶ効果がたくさん。だから食べたい『もち麦生活はじめませんか?』

2021.02.19

【七十二侯のコト】第四侯「土脉潤起」

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.07.03

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』