得するコト得するコト
まめ知識 2017.05.25

猫背をなおすには睡眠から変えてみよう『正しい寝姿勢と枕の選び方』

気づいたら背中が丸まっていることありませんか?
猫背は起きている間の姿勢だけではなく、実は寝方や枕も関係しています。
猫背の方はどういう姿勢で寝るのが体にとって良いのでしょうか?寝心地を左右する枕の選び方も一緒に紹介します。

猫背の人がしてしまいがちな寝方-『正しい寝姿勢と枕の選び方』

猫背の人には、ある共通した寝姿勢があります。
それは仰向け以外、つまり横向き、またはうつぶせの寝方をする傾向にあるということです。これらの寝方が猫背とどう関係しているのかを見ていきましょう。

横向きの寝方

横向きの寝方は、体全体を丸めた状態になります。
そのため、眠りながらにして猫背の姿勢になってしまうことになります。そればかりでなく、肩が内側に入った状態の巻き肩も引き起こします。巻き肩になると肩甲骨の動きが悪くなるため、肩がこりやすいという性質があります。また、首も歪みやすく、猫背を悪化させてしまうこともあるため、注意しなければいけません。

うつぶせの寝方

うつぶせで寝ていると、呼吸をしやすくするため首は横向きになります。
横向きの状態で寝るくせがついてしまうと首が歪み、肩こりや首の痛みの原因になります。また、首のねじれが引き起こるため、そのねじれを軽減するために股関節をひねるくせもついてしまいます。その結果、腰椎もねじれて、腰痛を引き起こす可能性があります。
6f05f80c5d5736872b3e5f1f2f7b2d6c_s

よい寝方とはどんな姿勢?-『正しい寝姿勢と枕の選び方』

猫背が悪化してしまう前に、仰向けでの寝方を習慣づけることが大切です。
仰向けで寝たときに違和感や痛みが出ないのであれば、普段から仰向けで寝るように意識をしましょう。仰向けの体勢になると痛みが出る方や、仰向けの状態を長く保てない方は、以下の3つを試してみてください。

(1)ひざを曲げて腰の痛みを和らげる

仰向けの状態だと腰周りに痛みが走るという方は、ひざを曲げた状態で寝るよう意識してみましょう。曲げた状態を保ちにくい場合には、ひざの下にクッションを入れると曲げた状態を自然に保つことができます。それにより、腰周りの筋肉や背骨の緊張を和らげることができます。

(2)4つ折りにしたバスタオルを腰にあてる

眠っているときは無意識に寝返りをうち、いつの間にか横向きやうつぶせで寝てしまうこともあるでしょう。そこで、4つ折りにしたバスタオルを腰にあてて眠ることで、仰向けの姿勢を保ったまま寝ることができます。

(3)枕を首の下に入れる

猫背改善には、仰向けの状態で首の下に枕を入れるのがおすすめです。寝ている間に首周辺の筋肉を緩め、頚椎(けいつい:首の骨)の位置を戻し、よい姿勢を習慣づけることができるため、猫背を改善する効果が得られます。

枕の選び方-『正しい寝姿勢と枕の選び方』

猫背を改善するためには、枕の選び方も大切です。そこで、枕を選ぶときのポイントを見ていきましょう。

(1)硬めのものを選ぶ

頭が沈み込んでしまうような柔らかい枕は、歪みを引き起こすことがあります。そのため、頭をしっかり支えることができるくらいの硬さの枕を選ぶことが大切です。

(2)適度な高さの枕を選ぶ

人の首はアーチ状になっており、仰向けになると布団との間に隙間ができます。この隙間を埋める程度の高さの枕を選ぶと、自然な姿勢が保てると考えられます。
一般的には、枕に頭をのせて沈みこんだとき、頭が腰の位置より3~4cm高いぐらいがよいです。

(3)首と頭をしっかりサポートできる枕

姿勢を正すと、首から腰までの背骨は、ゆるくS字カーブを描いています。そのため、寝ているときもS字カーブを自然にキープできるよう、首から頭までを支えることができる枕を選びましょう。また、猫背の人の中には、首のカーブがないストレートネックという状態の人も多いため、首や肩の痛みを感じることがある場合は首のカーブを作る枕を使用するとよいでしょう。

(4)定期的に買い替えを

枕は使い込むほど形状が変化し、正しい寝姿勢を保てなくなります。気づかぬうちに形が変わってしまっていることもあるため、半年から1年ほどのサイクルで枕を買い替えることをおすすめします。
5285e3f36926adf82298e062885d245b_s
人生の1/3を占める睡眠はやっぱり大切。ついつい背中が丸まってしまう方は、まずは寝方と枕から変えてみましょう。

記事/yurulira
サービス業でがんばる女性を応援するポータルサイト
12656152_1027985150594439_683287078_o

その他のおすすめ記事

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

立ち仕事の方必見!隙間時間にできる『むくみ防止ストレッチ』

立ち仕事の方必見!隙間時間にできる『むくみ防止ストレッチ』

原因は腸かも『腸のかたちから考える便秘改善のコツ』

原因は腸かも『腸のかたちから考える便秘改善のコツ』

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2019.12.19

編集部おすすめ『冬が主役の「大根」を使ったお役立ちレシピまとめ』

2019.12.17

帰宅後すぐ完成♪10分で出来る『どっさりねぎの和え麺』

2019.12.13

大根で作るメインディッシュ「生姜とりそぼろあんかけ大根」

編集部おすすめ記事

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.09

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ「ごぼう」レシピ』

2020.01.08

ぶりの唐揚げ 薬味ソース

2019.12.18

切って重ねるだけ!簡単クリスマスに『サンドチョコケーキ』

2019.12.15

クリスマスの食卓に『クリスピーポテト』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2017.06.10

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

2018.11.20

粉が吹くカサカサお肌に別れを『口周りのスキンケア方法』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~