得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2016.03.15

『中性脂肪』は悪者なの?!ムダな贅肉とおさらばするダイエットの基礎知識

LINEで送る
Pocket

お腹や二の腕の贅肉が気になる脂肪の正体って何なのでしょう?
脂肪、と聞くと嫌な存在に聞こえますが、わたしたちは生きるためには必要なものでもあります。「中性脂肪」について正しい知識を身につけて、普段の食事から改善していけるとよいですね。

正しいダイエットに必要なのは「脂肪を減らすこと」

私たちの体は、主に「水分」、そして筋肉や骨、「脂肪」によって構成されています。「肥満」とは、この中の「脂肪」の割合が多すぎる状態のこと。
水分や筋肉量を減らすと、見かけ上の体重は減りますが、正しいダイエットのためには「体の余分な脂肪を減らすこと」が大切です。
お腹や二の腕につく贅肉と呼ばれる脂肪。
では脂肪を減らすにはどうしたら良いのでしょうか。

いったい「中性脂肪」って何?

私たちの体は、「脂肪」と「糖」を主なエネルギー源としています。
例えば、ご飯やパンに含まれる糖質は、胃や腸の働きによってブドウ糖に分解されます。分解されたブドウ糖は、血に溶けて全身を巡りエネルギーとして使われます。

しかし、運動や基礎代謝で消費されるエネルギー量より、食事などで摂取したカロリー量のほうが多いと、余った分が「中性脂肪」に変換されて蓄積されてしまうのです。

中性脂肪は必要。でも増えすぎは要注意

通常この「中性脂肪」は、エネルギー不足の場合に備えて貯蓄されているほか、体温を維持する働きや、外部からの衝撃から内臓を守る大切な役割を担っています。

一方で、この「中性脂肪」が過剰に皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられることで肥満を招きます。
中性脂肪の増加は、カラダの見た目の美しさを損なうだけでなく、生活習慣病などの病気の原因につながるので注意が必要なのです。

正しいダイエットは「脂肪」に照準を合わせよう

年齢が若くても、外見上やせていても、脂肪は減らしていきたいもの。普段の食事や運動を通して、余分な脂肪を落とし、中性脂肪を増やさない努力をしていきましょう。

《食事で中性脂肪を減らすための4つのポイント》

1、脂肪や糖分が多く含まれる食品を避ける

<脂身の多い食品>
・肉魚類:トンカツ、ベーコン、うなぎ、マグロのとろ
・乳脂肪分が含まれるもの:バター、チーズ、生クリームケーキ

<糖分が多く含まれるもの>
チョコレート、饅頭、プリン、甘味料が含まれたジュース、糖分が豊富な果物

2、なるべく中性脂肪を下げる食品を摂る

イワシ、アジ、ブリ、サバ、カツオなど青魚に含まれるDHA、EPAには、中性脂肪を下げる働きがあります。
DHA、EPAを含む魚の脂は酸化しやすいため、刺し身など、生の状態で摂取するのが良いと言われています。

3、糖分脂肪分の分解を妨げる飲酒を控える

アルコールそのものが中性脂肪になるわけではありません。
しかし、肝臓がアルコールを分解するのを優先するために、結果的に中性脂肪の分解が妨げられてしまうので注意が必要です。
お酒の席では、脂っこいおつまみや主食など糖分の摂り過ぎに注意しましょう。

4、食物繊維を十分に摂る

食物繊維は、糖質や脂質の吸収を抑える働きを持っているので、積極的に摂取しましょう。海藻、きのこ、野菜などには食物繊維が多く含まれています。
20070621_(1)

基礎知識を身につけて普段の生活からすこしずつ意識して取り入れてみてくださいね。
春の健康診断には良い結果が待っているかもしれませんよ。

文/Dr.Note
参考記事:ムダな贅肉とおさらばするダイエットの基礎知識〜中性脂肪〜
Dr.Noteでは、読者のみなさまの状況にあわせて、体に関する悩みを解決したり、理想とする心身づくりのための習慣づくりをサポートしています。私たちが実現したい社会は、ヘルスケアに関する正しい情報を誰もが簡単に得られること。氾濫する情報の中で、信頼出来る情報だけを医療関係者が精査してお届けできるよう、Dr.Note独自の基準を設けています。医学的な情報をわかりやすくレシピにするとともに、医師、管理栄養士、薬剤師などの各部門の専門家が一つ一つのレシピを監修することで、どこよりも信頼できる情報をお届けします。
Dr.Noteホームページ

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.07.09

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』