知るコト知るコト
新しいコト 2016.03.30

社会を生き抜く力はこうつくる『子どもと教育のコト』

子どもは未来へのたからもの。
家庭の中だけでなく、幼稚園、学校、地域など社会全体で育て上げていく事が大切ですよね。
教えて育てる、と書いて「教育」と読みます。学校だけが教育の場ではなく社会そのものが教育になりうる場。子どもたちの未来のために、教育について少し考えてみたいと思います。

教育環境の格差が日本にもあるんです

多くの子ども・若者が、家庭の所得や住む地域に関わりなく、学校に通える。教育機会が平等に行き届いていると言われるこの日本でも、目に見えにくい「機会格差」が存在しています。
子どもや若者の意欲や能力が、生まれ育った環境によって左右されてしまうなんてなんだか不公平です。86111bbf22ad69af74c463b68cf5b438_s

社会を「生き抜く力」って何だろう?

これからの未来、困難が待ち受けていても、子どもたちが社会で生き抜いていける力とはなんでしょうか。子どもたちが思い描いた未来を自分で創り広げていける力を作るために必要なことは何でしょうか。

1.自律する気持ちを育もう

どんな環境にいても、「未来は自分自身で創り出せる」という期待感を持ち続けられることが大切です。自ら目標を定めて目の前の「やるべきこと」から、逃げずに向き合うこと。向き合って取り組むことで、自信にもつながっていきます。

2.共に生きるんだという意識をもたせる

周りを思いやり、「地域」や「社会」などコミュニティのため共に助け合うよう働きかけます。そのためには大人も一緒になって背中を見せることが大切です。他の誰かによる環境の改善を期待するのではなく、本人が参画することで共生の意味を知るようになります。

3.臨機応変に考える

これからの時代がどのように変化しても、自ら考え、新しい課題を見つけること。柔軟な頭をもつことです。自分が舵取りをする気持ちでその解決に向け進んでいくことが新しい価値を産み出していけるのです。

0ac07f98b01a06e0401c0a2a1f387d58_s

社会が子どもを守り、社会が子どもをつくる

核家族化や少子高齢化が進み、今の子どもたちは大人と接する機会が昔より少なくなりました。

昔は「近所のおじさんに怒られる」という事は当たり前の光景でしたが、現在は子どもが少なく手塩にかけて育てられるので叱られる経験も少ないそうです。
子どもも、若者も、大人も、一緒になって輪の中に入れる社会やコミュニティがあったら、少しは変わってくるのではないでしょうか。
年齢関係なく接する事で、子どもは昔の知恵を知る事ができ、生きる術を身につけ、常識を得る。それだけでなく大人自身もどこかで忘れてきた心を子どもから気づかされる事もあるのです。
学校や家庭、地域だけでなく、新しいコミュニティの場所。社会全体が子どもの未来をつくります。

育て、教え、育む「教育」。子どもたちの未来のために、わたしたち大人も社会づくりから参画していきたいですね。

下記にご紹介するNPO法人カタリバは、子どもたちが「未来は自分でつくれる」と信じられる社会を目指し、活動する教育NPOです。
子どもたちのために何かしたいという方は、まずはこうしたNPOの取り組みについて知ることも大きなアクションのひとつですね。

簡単に活動を支援できる方(無料)
もっと支援してみる

認定NPO法人カタリバ
NPO_katariba_logo2
認定NPO法人カタリバは、「生き抜く力を、子ども・若者へ」を理念に活動している教育NPOです。これまで全国約22万人の生徒にカタリ場を届け、コラボ・スクールでは約400人の被災地の子どもたちの日常の学びをサポートしています。
カタリバ facebook
認定NPO法人カタリバ

 

文/gooddo
12421280_1069478369779222_1601848380_n
gooddoは、“社会貢献活動を日常にする”というコンセプトのもと、いつもの日常が無理なく社会貢献できる仕組みを作り、社会貢献を身近にしアクション出来るソーシャルグッドプラットフォームです。

 

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.22

ミキサーで混ぜて焼くだけ!『ブルーベリーヨーグルトケーキ』

2021.06.21

さわやかな辛みが癖になる『実山椒オイル』

2021.06.21

おうち時間を美味しくゆったり♪『旬の真蛸でもちもち鍋炊きおこわ』

2021.06.20

身体に優しく沁みる『自家製レモンのはちみつ漬け』

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.17

自然な甘みと旨みがたっぷり!『玉ねぎの豆乳ポタージュスープ』

2021.06.17

暑い日でもさっぱり食べられる『トマトのちりめん青じそ和え』

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

編集部おすすめ記事

2021.06.22

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2021.06.20

季節の手しごと『大葉ジェノベーゼ』

2021.06.20

夏を感じる!とっても美味しい『さっぱりチヂミ』

2021.06.19

ガーリック香る!『ホワイトポテトサラダ』

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.18

熱々のパンとキンキンに冷えたトマトのおいしい温度差『ブルスケッタ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.16

季節のやさしいおやつ『甘酒ずんだもち』

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』