知るコト知るコト
新しいコト 2016.03.22

いま話題の健康法『腸をもむだけで痩せられる腸もみダイエット』

いま話題になっているダイエットの1つ、「腸もみ」ダイエットです。ただ腸をもむだけで本当に痩せることができるのでしょうか?
腸もみダイエットの方法と本来の効果、そして効果的に行うためのアドバイスなどご紹介します。ハウツーを知って、すっきり生活目指したいですね。

『腸をもむだけで痩せられる腸もみダイエット』とは?

女性の1番多い悩みと言えば、便秘。薬を飲んでも生活習慣を変えても食事改善をしてもなかなか便秘は治ってくれない!と悩む方も多いですよね。

腸もみダイエットはそんな便秘を解消してくれるダイエット方法であり、道具も場所も必要ないので、女性たちの間で注目されています。いつもスッキリ爽快、そしてダイエットに効果があると言われている腸もみダイエットに迫ります。

腸もみダイエットのやり方-『腸をもむだけで痩せられる腸もみダイエット』

身体が温まっていて血行が良い時にやると効果的です。入浴後や寝る前に行いましょう。

椅子に座って行う場合

おへそを中心にして指3本分の半径として考え円を描いた際に、円周の上にある6点を意識します。何となくでも良いので、バランスを見て6点を意識してください。そしておへそを中心として時計回りに揉んでください。固くなっている場所があれば、その場所を重点的に揉みましょう。

寝て行う

仰向けになって寝て、膝を軽く立てます。リラックスした状態で椅子に座って行うのと同じく、おへそを中心にした6点を意識し時計まわりに揉んでいきます。腰の下にクッションや枕などを入れてお腹に少し角度を付けてください。

腸もみダイエットの効果-『腸をもむだけで痩せられる腸もみダイエット』

腸もみダイエットで得られると言われている効果はたくさんあります。高血圧や高血糖などの生活習慣病の改善や、冷え性、腰痛、肩こりにも効果が報告されています。
1番はもちろん便秘であり、腸に溜まっている便を出すことでダイエットに繋がると考えられています。そして腸を刺激することで代謝が上がり、全身の代謝の向上になるのでよりダイエットしやすい身体になると考えられています。
52aeb865da262db0c58ecbd50226f9db_s

腸もみダイエットのメカニズム-『腸をもむだけで痩せられる腸もみダイエット』

腸の裏は老廃物を運搬するためのリンパ管がたくさん集まっている場所です。その他、腸の内側の壁部分には体内の免疫細胞の半分以上があることで知られており、腸は体調を工面する場所として重要な器官です。その腸を刺激してキレイにすることで身体の調子も上がり、血行が良くなるのでむくみ改善に効果的だと言えます。

さらに免疫力が高まることで血液がキレイになり、刺激によって便秘が改善されると肌の質がアップしたり肩こりなどが軽くなったりすると考えられています。たくさんの機能が備わっている腸だからこそ、キレイに保つことが大切なのです。

腸もみダイエットの注意点-『腸をもむだけで痩せられる腸もみダイエット』

腸もみダイエットを行う時は空腹時を避けましょう。そして食後すぐや下痢を起こしている時、生理痛がひどい時、生理の時、妊娠中は行わないようにしてください。
そして正しくマッサージすることです。あまり強くマッサージをするとアザになってしまうこともあるので、少し痛いくらいの感覚で押すようにしてください。

記事/yurulira
サービス業でがんばる女性を応援するポータルサイト
12656152_1027985150594439_683287078_o

その他のおすすめ記事

原因は腸かも『腸のかたちから考える便秘改善のコツ』

原因は腸かも『腸のかたちから考える便秘改善のコツ』

美白にダイエット効果も!夏こそ食べたい『栄養たっぷりトマトの魅力ゴト』

美白にダイエット効果も!夏こそ食べたい『栄養たっぷりトマトの魅力ゴト』

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.10.29

秋の味覚といえば…!サクサク!『さつまいものかき揚げ』

2020.10.25

あまじょっぱいてりやきに黄身がとろ~り『お月見ばーぐ』

2020.10.23

保存食のある暮らし~りんごの皮と芯も無駄なく活用!!エコでおしゃれな保存食『林檎のジェリー』

2020.10.21

お弁当にもおやつにも!ひんやり甘酸っぱい『サツマイモの檸檬煮』

2020.10.20

簡単!美味しい!『素麺で作るフォー』

2020.10.19

置いとくことでより美味しくなる常備菜『ナスとホタテの南蛮漬け』

2020.10.19

ごぼうが持つパワーとは?!『知って得するごぼうの成分と保存方法』

2020.10.19

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』

2020.10.17

覚えておきたいおやつレシピ『バナナキャラメルマフィン』

2020.10.17

うつ病も食事で改善できる 『栄養士おすすめの食材&レシピと食事のポイント』

編集部おすすめ記事

2020.10.30

とろける蕪にほっこり『蕪とサーモンの豆乳味噌汁』

2020.10.30

ニンニク角煮のアレンジレシピ『自家製チャーシューと秋野菜の混ぜご飯』

2020.10.30

いまさら聞けない「ヨガやると結局どうなるの?」

2020.10.29

秋の味覚といえば…!サクサク!『さつまいものかき揚げ』

2020.10.29

二夜の月と片見月とは?秋の実りに感謝する行事「お月見」のこと

2020.10.28

冷凍野菜を活用!簡単『かぼちゃのプリン』

2020.10.27

糀のコト『甘酒スムージーから始まる1日』

2020.10.26

パリッ!とトロける『かぼちゃのクレームブリュレ』

2020.10.24

手軽で簡単!美味しく健康になれちゃう『煎り玄米』とアレンジレシピ

2020.10.23

ゆでっぱなしで美味しさバツグン『ゆで栗』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.27

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう