得するコト得するコト
まめ知識 2016.03.31

内面も外見もトータル美人を目指して『あなたの健康を数字でチェック』

きれいになる=痩せている ことではありません。
きれい、という言葉には容姿だけでなく、内面的美しさ、立ち振る舞い、所作、言葉遣いなどたくさんの意味が含まれます。そういう広い意味での綺麗を目指したいですよね。
たくさんある周りの情報に惑わされず、自分の体型は数値で確認しておきましょう。体型はきれいをつくるひとつの要素。

あなたの体型は健康?不健康?

現在の自分は「太っている」と思って、無理なダイエットをして逆に体を壊してしまうという人が少なからずいます。理想の体型を追求しすぎて不健康になってしまっては、本末転倒ですね。
ここでは医学上、どの程度から「太っている」と言えるのかということを紹介していきたいと思います。
「肥満」とは、体脂肪が過度に蓄積された状態のことを言います。見た目には太っていなくても、数字で見ると危うい場合も…。ここでは、肥満を自分でカンタンに調べる方法をご紹介します。

【1】体重と身長でわかる肥満!BMIで判断

BMIとは、Body Mass Indexの略で、世界共通の肥満の目安です。自分の身長と体重から算出することが出来ます。

BMI値=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

自分の体重を自分の身長で二回割ると求められます。統計学的に最も病気になりにくいとされるのがBMI値22。あくまでも目安ですが、BMI値が25以上だと肥満の恐れがあると言われています。

指標 判定
18.5未満 低体重(痩せすぎ)
18.5~25 普通体重
25~30 肥満(1度)
30~35 肥満(2度)
35~40 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)
6a2a987d3d66a7c092ac010590329e45_s
★BMIの注意事項
身長と体重のみで肥満判定を行うBMIでは、筋肉があるボディビルダーやアスリートが肥満扱いになってしまうということにもなってしまうので、あくまでも目安程度に留めておきましょう。

【2】体脂肪率は何%が目安だろう?

体重計で手軽に測定できる体脂肪率も、肥満かどうかを判断する目安になります。体脂肪率とは体重に占める脂肪の割合のことです。同じ体重でも、体脂肪が低ければ肥満とはみなされません。
性別や年代によって標準値が異なります。気になる標準値ですが、次の通りとされています。

成人男性 15~19%
成人女性 25%程度

体脂肪率の値は体内の水分量などによって変動しやすいので、食後は必ず2時間程度あけてから測定するようにします。また、毎日時間を決めて測定するなど、定期的に自分の体脂肪率をチェックしてみましょう。
55ad26d138f6e10bc3e64b0443957c99_s

【3】ウエストサイズでタイプ診断

腹囲のサイズで肥満タイプを診断することも可能です。これは、家にメジャーがあればすぐに測定することが出来ます。
直立した状態で息を吐いたときのおへそ周りのサイズを測ります。

男性 85cm以上
女性 90cm以上

これに当てはまる場合は内蔵型脂肪の疑いありと判断できます。この診断でいわゆる、メタボの兆候があると判断された場合には、病院でCTスキャンをとりましょう。
へその周辺の断面像を撮影し、内臓脂肪面積を測るものです。男女ともに、内臓脂肪面積100cm2以上であれば内臓脂肪型肥満と診断されます。

これらの数字等はあくまでも目安ですが、家で手軽にできるものが多いので、ぜひ試してみてください。
ただ、体型や体重はあくまでもきれいをつくるためのひとつの要素です。内面的にも外見的にもきれいを目指していきたいですね。

文/Dr.Note
参考記事:健康的で良いカラダを手に入れよう!自分でできる太り具合チェック
Dr.Noteでは、読者のみなさまの状況にあわせて、体に関する悩みを解決したり、理想とする心身づくりのための習慣づくりをサポートしています。私たちが実現したい社会は、ヘルスケアに関する正しい情報を誰もが簡単に得られること。氾濫する情報の中で、信頼出来る情報だけを医療関係者が精査してお届けできるよう、Dr.Note独自の基準を設けています。医学的な情報をわかりやすくレシピにするとともに、医師、管理栄養士、薬剤師などの各部門の専門家が一つ一つのレシピを監修することで、どこよりも信頼できる情報をお届けします。
Dr.Noteホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2022.01.19

簡単おやつ『アーモンドとさつまいものビスコッティ』

2022.01.18

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2022.01.17

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2022.01.16

ホッ。とする大人スィーツ。『簡単生甘酒ココア』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2022.01.12

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

2022.01.11

保存食のある暮らし~旬のレモンをたっぷり使って爽やかな『レモンカードとタルト オ シトロン』

2022.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2021.12.30

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2021.12.21

繰り返し作りたいシンプルなご馳走『骨付き鶏肉とじゃがいものオーブン焼き』

編集部おすすめ記事

2022.01.25

袋で簡単!『味噌ヨーグルト床』

2022.01.25

甘辛で美味しい!『長ネギとトッポギの炒め煮』

2022.01.23

アレンジ自在♪ゆずを丸ごと味わう『ゆずはちみつ』

2022.01.21

どんどん手がのびる!『フライド大根』

2022.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2022.01.15

オメガ3たっぷりのくるみを堪能♪『くるみのクリームパスタ』

2022.01.14

柚子胡椒がアクセント!『旨辛生姜焼き』

2022.01.14

こっくり温野菜をいただく『蓮根のマヨマスタードサラダ』

2022.01.13

甘めの味付けで箸がすすむ『鮭と舞茸の混ぜごはん』

2022.01.12

成形しないから簡単『フォッカチャ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

おいしさ倍増!『じゃがいもの種類』に合わせた調理法を知ろう

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2021.08.18

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2020.02.24

「この季節ならでは」の味!乾燥していない、生海苔を自宅で食べてみませんか。

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類