知るコト知るコト
家のコト 2016.04.03

『4月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~フワフワの花びらとまぁるいフォルムが可愛い“ラナンキュラス”~

贈る人も、贈られる人も幸せな気持ちになるお花だから・・・自分にだってプレゼント。
毎日の暮らしの中でホッとひと息つきたい瞬間、きっと手助けをしてくれますよ。

そんな“おうちに連れて帰りたい”オススメのお花たちをご紹介。
月ごとの「旬花」をお楽しみください。

今月のお花は『ラナンキュラス』―『4月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』

幾重にも重なるフワフワとした花びらと、コロンとまぁるいフォルムは見ているだけで優しい気持ちになれそう。
花言葉は、その外見にも相応しく「魅力的」「美しい人格」「名声」
一方で、名前の由来はとってもユニーク。なんとラテン語でカエルを意味する“rana”が語源なんです。カエルが棲むような湿地に育つ花であることと、葉の形がカエルに似ていることからこの名前がついたそう。

わざわざ花器を購入しなくても、空き瓶や食器にさりげなく活けても素敵。

(2)

長く楽しむための活けるポイント―『4月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』

葉は傷みやすいので、あらかじめ取り除いておきます。
ラナンキュラスを長く楽しむ秘訣は、花びんの水を少なめにして、こまめに茎を切り戻すこと。そうして茎が短くなってきたら、水に浮かべて花姿を楽しむのも涼やかでおすすめです。
茎が細く柔らかいので、潰れないようまっすぐ水平に切りましょう。

151130afm_2568 (1)

茎が細いお花は、花首が曲がりやすいことも。
曲がってしまった場合は、新聞紙に茎が出るように巻き、水の中でハサミやナイフで斜めに切りましょう。水を良く吸い上げるようになります。
きれいな水をベースに深めに入れて、水が上がるのを待ちましょう。1時間後くらいに新聞からとって花首が曲がらなければOKです。

ラナンキュラスの花びらは何枚?―『4月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』

さて、何枚も包み込むように重なる花びら。実際、この花びらが何枚重なっているのかご存知ですか?
種類にもよりますが、なんと100~200枚ほど、多いものだと250枚にもなるそうですよ。

可憐で女性らしく、たおやかな気持ちにさせてくれるラナンキュラス。
色の種類も豊富なので、その時の気分や、お部屋やキッチンなど空間ごとの雰囲気に合わせて選ぶのも楽しいかも。
ぜひ気軽に暮らしの中に取り入れて、“お花のある日常”を楽しんでくださいね。

文/parkERs
“日常に公園の心地よさを”
花屋で培った感性と専門性で公園のようなやすらぎと心地よさをデザイン。
parkERsロゴアウトライン

その他のおすすめ記事

『5月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~美しい人の代名詞“芍薬(シャクヤク)”~

『5月におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~美しい人の代名詞“芍薬(シャクヤク)”~

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

『夏にお家に連れて帰りたいお花レシピ』~こぶりなものから品格あるものまで多様な顔をもつ”蘭(ラン)”~

『夏にお家に連れて帰りたいお花レシピ』~こぶりなものから品格あるものまで多様な顔をもつ”蘭(ラン)”~

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.04.18

春野菜の即席サラダ2種『新玉のツナごまサラダ』と『春キャベツのマヨポン』

2021.04.17

それぞれの旨みをそのままに『うどと鶏の炊き合わせ』

2021.04.14

季節の手しごとしませんか?春を味わう・ふきのまぜご飯

2021.04.14

小田原かまぼこ発祥の店鱗吉(うろこき)応援コラボキャンペーンを開催します!

2021.04.13

ぎゅぎゅっと色々詰め込んだ楽しいバケット『スタッフドバケット』

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

2021.04.09

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ④ ~多めに作ってお弁当にもおかずにも『ピーマンの肉詰め』~

2021.04.09

こわいお煎餅がある?!お煎餅の他にもある『こわい』食べ物のコト

2021.04.08

ほっこりおいしい!!『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』

編集部おすすめ記事

2021.04.18

生でも加熱してもおいしい!根から葉先まで、旬のカブを丸ごといただこう

2021.04.18

『いつもの暮らしにグリーンをプラス』~幸せと健康を運んでくれるガジュマル~

2021.04.17

スプーンでバクッと!ふんわりお豆とほろほろお肉の『ゆで塩豆と鶏のラー油煮』

2021.04.16

ピクニックのお弁当におすすめ!『塩麴のプチトマトマリネ』

2021.04.15

丸ごと!春の旬を味わう『新玉ねぎのポトフ』

2021.04.14

子供と食べたいやさしいおやつ『甘酒蒸しパン』

2021.04.13

シンプルが美味しい!!春を味わう『春野菜のナムル』

2021.04.10

今から減塩生活を始めよう。食品ラベルから塩分量を計算する方法

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.04.15

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

2020.04.16

あと混ぜで旨味がしみ渡る ほっこり優しい『たけのこごはん』