得するコト得するコト
まめ知識 2016.04.05

ダイエットからストレスフリーまで『発芽玄米がもつチカラ』

QOL(=生活の質)を上げるためには健康であることが大前提ですよね。体が元気・健康であることが、何事を始めるにも大切になります。
健康でいたいと気をつけてはいるけど、なかなか継続できなかったり、または何をしたら良いのかわからずにそのまま・・・なんて方もいらっしゃるのでは。
今回は改めて注目したい発芽玄米の魅力をお伝えします。
a5ad659265b900a2bd90afa3f19af0d9_s

発芽玄米とはどんなお米?

ダイエットが期待できると言われている発芽玄米は、お米の原型である玄米をわずかに発芽させたお米です。少しだけ発芽させることで、眠っていた酵素が生まれて活性化します。また発芽するためには多くの栄養素が必要なのですが、その栄養素を玄米の中に増加させることができます。
そのため玄米よりも栄養価が高くなります。白米と同じく手軽に調理できるので現在では多くの家庭で食べられています。

発芽玄米がもつダイエット効果

発芽玄米にはさまざまなダイエット効果を期待できます。それぞれの効果を詳しくみていきましょう。

基礎代謝をアップさせる

カロリーを消費させるためには運動が必要ですが、特に運動をしなくても呼吸や内臓の動きなどで自然にカロリーを消費することを基礎代謝と言います。基礎代謝は高ければ高いほど、普段の生活でのカロリー消費量は増えていきます。

基礎代謝がアップするということは痩せやすい身体になるということです。発芽玄米を普段から食べている方は、白米しか食べていない方に比べて基礎代謝が高いことがわかっています。
発芽玄米は糖の吸収を抑制し、血糖値の上昇を抑える働きもあります。そのため脂肪が燃焼されやすくなりダイエットに繋がります。

中性脂肪を軽減

ダイエットというと体重を気にしてしまいがちですが、実は体脂肪率に注目することも大切です。体脂肪とは皮下脂肪と内臓脂肪の両方を示していますが、内臓脂肪が増加すると血液がドロドロとして血糖値が上がり、脂肪を効率的に燃焼できなくなります。
発芽玄米は血中の中性脂肪を抑える働きがあるため、内臓脂肪を減らすことができます。すると体型は細くなり体重もおのずと減っていきます。

便秘を解消

発芽玄米の成分でもっとも代表的なのが食物繊維です。発芽玄米には白米の約4倍もの食物繊維が含まれていると言われています。食物繊維は便秘を解消してくれるため、ダイエットには欠かせない成分です。食物繊維は消化されず大腸まで届くので、腸の働きを活性化させ、便の量を増やします。

また水分を吸収して便を柔らかくするので、排出しやすくなります。すると便秘は解消され、老廃物を排出できるので、痩せやすい身体を作ることができます。

GABA(ギャバ)によるストレスを軽減

ダイエットには多かれ少なかれストレスが付き物です。食べたいものを我慢して、無理な運動を強いられれば誰だってストレスを感じます。しかし発芽玄米を使ったダイエットは食事制限や無理な運動を必要としないため、ストレスを感じることはありません。
さらにストレスを軽減するギャバという成分が発芽玄米には含まれているので、精神を安定させることができます。

発芽玄米をつかったダイエット法

発芽玄米をダイエットに取り入れる方法はとてもシンプルで簡単です。1日1食から2食、白米を発芽玄米に置き換えて食べるだけです。発芽玄米だけを食べても効果的ですし、白米をどうしても食べたいという方は、白米と混ぜて炊いて食べるのも効果があると言われています。

味に慣れてしまえばすべての食事を置き換えてもいいでしょう。しかし無理は禁物です。自分に合った方法で発芽玄米を上手に取り入れていきましょう。
8637b310b3cd98acc668d7d6a05034ee_s

白米から発芽玄米に置き換えるだけなら、気軽にそして継続して生活の中に取り入れられそうですね。栄養面もそうですが、もちもち・ぷちぷちとした食感も噛めば噛むほど味が出ておいしくて、おすすめですよ。

 

記事/yururila
サービス業でがんばる女性を応援するポータルサイト
12656152_1027985150594439_683287078_o

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

編集部おすすめ記事

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』