得するコト得するコト
美容 2017.03.01

いい運気を暮らしの中に『女子力底上げ術』

日々の忙しさに追われて精神的に余裕がない時、おしゃれにも疲れたし、部屋も散らかっているし、何だか最近体重も増えた…そんな経験ありませんか??
それって自分を大切に出来ていないサインかも。

本当に自分を大切に出来ているのならば、きっと暴飲暴食せずに体に喜ぶものを食べようとするだろうし、自分の心地良いファッションに身を包んで、自分の心地のいい場所にいようとするはずです。
つまり、自分の内面は見えるところに出るものなのです。
いい運気を暮らしの中に『女子力底上げ術』虹がかかっている空

気分を変えたいときは肌の感覚から-『女子力底上げ術』

自分を変えたいと思った時、外見と内面の両方からアプローチすることが出来ます。
例えば自炊をしてみて体にいいものをたっぷり取り入れてあげる。というのもいいですし、本から知識を得るのもいいですね。
そして一瞬で変化が起こるのが、外見からのアプローチです。効果は短期的かもしれませんが、結果が出るのも早いのです。
落ち込んでいる時こそ明るい服を着て〝色の心理効果〟を試してみてもいいですし、肌にスルスルと馴染む着心地のいいシルクや、柔らかな素材のブラウスを着てみるなど、触覚からアプローチをしてみても良いでしょう。トゲトゲしていた気持ちが必ず優しい気持ちに変われます。
そして気分の良くなるファッションに身を包んで、お気に入りのカフェで気分転換でもしてみませんか?

最近ときめいていますか?-『女子力底上げ術』

そしてモチベーションを上げるのに最も効果的なのが〝ときめく〟こと。
女性は男性とは違い、恋愛をすると仕事に対するモチベーションもググッと上がりますよね。
自分を磨き込むからダイエットも頑張れるし、いかに自分をよく見せようかと、ファッションやメイクにも興味が出ます。
そして恋愛ホルモン=綺麗ホルモンがでることで、お肌も綺麗になり、女性らしいメリハリのある体を作ってくれます。
もちろんときめく相手がいなければ、芸能人や二次元の相手でもOK。大切なのはときめく心なのですから。

運気を取り込むためには-『女子力底上げ術』

そして対人だけではなく、お気に入りの環境に身を置くことも大切です。
量子力学の考えでは人間も、物質も、この世にあるものは全て分子で出来ていて、お互いに影響し合っています。
気に入らないもの、壊れているもの、不快なものは、不共鳴のもとになりますので、いらないものは処分し、自分のお気に入りのものだけを買う、着る、使う、置く。ことを意識するだけでも不思議と心も軽く、運気の流れも良くなるものです。
いい運気を暮らしの中に『女子力底上げ術』四葉のクローバー
人間も物質も、両思いが一番心地の良い関係、心地の良いエネルギーを生むということですね。
内面も外見も美しい人は、自分を良く理解し、自分を慈しんであげている人です。
自分を大切に出来ている人は周りの人も大切に思える人です。

悩んでいる時こそ、身だしなみをきちんと整え、お部屋を綺麗に保ち、体が喜ぶものを食べましょう。

内面は外見に影響しますが、その逆もまた然りです。魅力のない人なんて本当は一人もいません。
忙しいことを理由にせず、自分を大切に思い、愛してあげる習慣を身につけてあげてみて下さいね。
この日常がよりハッピーなものであるために。

記事/トータルビューティープランナー 岸本佳奈
名称未設定3
1級パーソナルカラリスト/JAPCA認定講師/色彩診断士/TCカラーセラピスト/インナービューティーダイエットアドバイザー
Poisson rouge HP
Kana’s Instagram
Kana’s Facebook

その他のおすすめ記事

だから違って当たり前『男脳と女脳を理解してコミュニケーションを高めよう』

だから違って当たり前『男脳と女脳を理解してコミュニケーションを高めよう』

色を味方につけよう!カラーで『自分をプロデュース』する方法

色を味方につけよう!カラーで『自分をプロデュース』する方法

無意識のうちに受けとっている色のメッセージ『色が人に与える影響力』

無意識のうちに受けとっている色のメッセージ『色が人に与える影響力』

コメント

  1. Jaclyn より:

    Glad you liked it. Let me know how you find MIT couwresare. I have only kind of dabbled with it, but I think it’s amazing that they are leading the way with something like this. Reply

コメント欄


人気の記事

2021.09.27

HMでコーンウインナーの『御馳走ちぎりパン』

2021.09.27

女性の味方!『スパイス香るいちじくと麹甘酒のスムージー』

2021.09.26

鶏むね肉でも満足!ボリュームおかずに『みそだれチキン』

2021.09.22

とろけるナスがおいしい常備菜『ナスのはちみつマリネ』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2021.09.18

パリッとした皮とサクサクパン粉が絶品!『鶏肉のバジルソースパン粉き』

2021.09.15

すりおろしりんごで絶品『りんごバター』

2021.09.13

さっぱり!『大葉と茄子の餃子』

2021.09.12

なすを丸ごと炊飯器へ!『なすの炊き込みご飯』

2021.09.06

丸ごと煮込んだニンニクがとろける!ジューシー、柔らか『我が家のニンニク角煮』

編集部おすすめ記事

2021.09.26

栄養たっぷり!『おかわかめとミニトマトのナムル』

2021.09.25

あると便利!いろいろ使える発酵胡麻ダレで『切り干し大根の胡麻ダレ和え』

2021.09.24

旨味がギュッと詰まった黒いペースト『マッシュルームのペースト』

2021.09.22

自家製万能調味料『パンチみそだれ』

2021.09.21

実も花も食べられる!ズッキーニをおいしく食べるための下処理方法

2021.09.17

沢山食べられる♪オーブンにお任せ『オクラのロースト』

2021.09.17

はじめてのナチュラルフード『自分をつくる』

2021.09.16

むね肉がしっとり柔らか!『むね肉のネギ醤油和え』

2021.09.15

香ばしい&とろける食感『なすの蒲焼』

2021.09.14

「かぼちゃ」を丸ごと1個買ってみよう!硬いかぼちゃを切りやすくする方法

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2021.08.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.09.19

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」