作るコト作るコト
料理 2020.02.28

シンプルながら絶品!和食屋が教える『鯛の塩煮』

旬の鯛を食べるには、シンプルにいただくのが一番。本来の鯛の旨味を味わうことが出来る逸品ですので、是非食べていただきたいお料理の一つです。塩焼きもいいけど塩煮にして、旨味を含んだ出汁もまた絶品。残った出汁は出汁茶漬けにして余すとこなく丸ごといただきましょう。

『鯛の塩煮』材料

真鯛(切身)

2切れ

長ネギ

1/2本

200cc

100cc

昆布

5cm角

小さじ2

『鯛の塩煮』作り方

1. 鯛の切身に血が付いている場合は、流水でとる(または竹串で引っ掻き取り除く)
2. フライパンに1とネギを入れ、その中に水と酒を入れ、塩小さじ1は煮汁に、残りの塩は鯛の上にかける
シンプルながら絶品 和食屋が教える『鯛の塩煮』鯛を煮ているところ
3. 蓋をして強火にし煮汁が沸騰するまで約10分煮る
4. 途中煮汁の味を見て、薄いようであれば塩を足す
5. 煮終わったら昆布を取り出し、細切りにする
6. 鯛の上に昆布と長ネギを盛り付け煮汁をかける。

『鯛の塩煮』を美味しく作るポイント

・鯛そのものに味はついていないので、煮汁に浸して食べるとおいしいです
・煮汁が残ったら、その煮汁を使って出汁茶漬けもできます。
シンプルながら絶品 和食屋が教える『鯛の塩煮』ごはんに出汁を注いでいるところ

シンプルながら絶品 和食屋が教える『鯛の塩煮』鯛出汁茶漬け

レシピ/出張料理人 ひな
00000017_prof
「ひなや」出張料理人。
大阪生まれ兵庫京都育ちの関西人。
「食は愛」の家訓のもと育つ。
鎌倉を中心に関東圏で京都の家庭料理「おばんざい」をケータリング。

ブログ「ひなやのごはん」
ひなやfacebook

その他のおすすめ記事

美味しくて箸が止まらない 京のおばんざい『わかめのきんぴら』

美味しくて箸が止まらない 京のおばんざい『わかめのきんぴら』

たっぷりつけても大丈夫!卵不使用ヘルシー『豆腐のタルタルソース』

たっぷりつけても大丈夫!卵不使用ヘルシー『豆腐のタルタルソース』

和食屋のまかないめし『蛤うどん』

和食屋のまかないめし『蛤うどん』

春の名残を味わう。煮つけより簡単『鯛の桜塩煮』と『しらす雑炊』

春の名残を味わう。煮つけより簡単『鯛の桜塩煮』と『しらす雑炊』

保存食のある暮らし~お花見弁当にいかが?『真鯛の桜締め』

保存食のある暮らし~お花見弁当にいかが?『真鯛の桜締め』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.04.01

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2020.04.01

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

2020.03.30

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』25. 栄養バランスのよいお弁当を春のお供に。

2020.03.29

春の旬野菜『春キャベツで女性ホルモンをアップ』

2020.03.26

旬のあさりで貧血予防『あさりとあさつきの甘酒酢味噌和え』

2020.03.23

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2020.03.20

うまみ丸ごといただきます『だしがらのふりかけ』

2020.03.19

オーブンの力で失敗知らず、子供が大好き「オーブン焼きバットハンバーグ」

2020.03.18

旬のよもぎをたっぷり使った春の和菓子「草餅」のこと

2020.03.18

お花に隠れたメッセージ『花言葉と裏花言葉』

編集部おすすめ記事

2020.03.30

一雨ごとに春めいて来る?菜種梅雨のこと

2020.03.29

今が勝負どき すぐにでもはじめたい『春の紫外線対策』

2020.03.27

だしとお醤油だけで作る、中華調味料不使用の『和風麻婆豆腐』

2020.03.26

調味料としてもおすすめ!実は栄養たっぷり『知って得するコーンビーフの成分と保存方法』

2020.03.25

作り置き常備菜シリーズ『菜の花の和風ペペロン』からつくる『菜の花ジェノベーゼ』

2020.03.23

おしゃれなつけ合わせ『にんじんのオイルグラッセ』

2020.03.20

保存食のある暮らし~旬のいちごを楽しむ最高の組合せ!!『いちごバター』

2020.03.19

手紙がまとう、ほのかな香り『文香で伝える、やすらぎのひと時』

2020.03.19

オーブンの力で失敗知らず、子供が大好き「オーブン焼きバットハンバーグ」

2020.03.17

作り置き常備菜シリーズ『ジューシー鶏ハム』とアレンジレシピ

月間人気記事

2019.12.22

家で作る本格中華「海老と帆立のチリソース」